体質改善しつつある?

 

ダイエットを9月13日から開始し、御朱印帳に記録をつけ始めて

一か月の節目に、便秘がちな日々をも変えられたらと、コーラック2T

を飲んだ。

 

1Tにすれば良かったと反省するほど、腸の刺激は的確でほぼ解消

昨日、今日とするすると快便

 

柔らかくつるりんという理想的な排便習慣が戻ってきそうです。

 

ダイエット時から食事は一日2回となり、野菜サラダの量はいままでの3倍

食事内容も細かく書くようにしている。

 

今日は寒くなっていくだろうと思って家族のリクエスト・シチューにしたが

外は真夏よりも暑い・・・

 

鮭の塩焼きと、野菜サラダ、もずく、ご飯はそれぞれ三分の一

食事も酢の物や発酵食品など、免疫・免疫・と今はまりにはまっているので

これで便秘体質のままじゃ、なんか違うな・・・と仕上げに飲んだコーラック

 

2日経過しただけなので、まだまだ経過観察なんですが

それでもこの二日間の排便状態は想像以上の感激です。

 

夕食後のウオーキングができない日もあるので、今日はこれから少し用事を

しながら歩数を確保してきます。

 

がむしゃらに働いていた時は、食も細く・・・

スタッフからデーターが欲しいと協力を求められた歩数計を初めて

つけてみれば、信じられないほどの数値に、

歩きすぎです、と注意されたが、

仕方ないじゃないか、生きていくためだもの、と

歩数を数える方が悪いんだ、必要だから歩いているんだ、と

 

あれから、ん十年

それが今では健康に生きていくために歩数、歩数と・・・記録に忙しい

体質改善がある程度落ち着いたら、自分の体を信じて、これまで経験したことが

ないことにチャレンジしたい、と不思議な感覚も湧いてきている。

 

どくとるマンボウこと、北杜夫氏のお母様は、

確か80代で世界一周の旅に出かけられたと記憶している。

 

今思えば大変なバイタリティーだと思う。

世界一周旅行はムリですが、行きたい国がまだまだあるので

そのためにも脚力をつけて楽しみにするのもありかなと思うこの頃です。

 

私の母は、60代で起業したツワモノで仕事をたたんだ後は

子供たちのところを訪ねてホームスティをし、最後が私の住む東京で

大往生を果たした。

 

海外で暮らした日々も楽しかったようで、

すっかり手放して生きている様子は潔くかっこいいなと思いました。

 

子供の家に体一つでお世話になる

女は三界に家無し、っていうじゃない

父親が運営していた家、夫の家、次は子供たちが運営する家

どっちもありがたいねえ、とニコニコと素直な笑顔で世話を受けていた

 

コロナ太りという想定外のできごとで始まった体質改善の様子記録ですが、

気持ちのままに生きていた日々から、

体を連れて歩く優しさが自分に生じたことが、

災い転じて福となった、今回一番のことかもしれないです。

 

夕食後の7000歩の帰り際、コンビニによって珈琲購入

もう遅い時間なので、アメリカンにしました。

 

ミニストップ アメリカンコーヒー

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedly
  • LINEで送る
カテゴリー
タグ