お隣さんからマスク入れいただく

 

 

昨日のロールケーキのお礼にと、手作りのマスク入れを

子供と二人分いただいた。

 

趣味の範疇を超えた高級な品に感謝

 

子供の日に次男坊の誕生日に母の日が続く。

 

私のメンタル崩壊の週

 

ピンポンと夕方に鳴ったインターホン

もしかして、母の日のお花? と心が一瞬晴れたが、お隣さんのプレゼント

しばらく眺めて、だんだん心がほっこりしてきて、ようやくPCに向かえます。

 

私の母は母の日の三日前になるときまって電話をかけてきた。

元気か? と普段滅多に電話してこない人だったが、

 

兄弟がいても母の日にお花やプレゼントを贈るのは私だけ

田舎では、母の日は、誰から何が贈られてきたか必ず話題になり

それが子供が成功しているかのさりげない自慢話や近況を知る時間になり

そんなことに男兄弟が気を遣うわけがない。

海外在住の姉もそんな田舎の暮らしに気を遣う繊細さが嫌いで海外暮らしな

わけだから、

 

送れる状況か、

危なっかしい私の暮らしを確認するように、母の日の三日前電話があった。

 

一度だけ仕事で送れない年があったが

事情を知っているので、母の日のだいぶ前だが大げさに服をプレゼントし、

包装を母の日に開けるように伝えたら、わかってくれているんだと嬉しそう

だった。

 

今日は写真の前にお花とマスクカバーを置いて手を合わせた。

天国では要らない忖度事情の母の日、

誰にも会わない私でも、やはりこの年齢からは辛い。

 

記念日はいらないかなあ

傷の絆創膏をわざわざ外すようで、痛いGWがようやく終わってくれる。

日曜日の夕方のサプライズは自分がいかに痛んでいたか、優しさに飢えていたか

なんだか原点に戻りました。

 

子供の日も

忙しい仕事の合間を縫って何か楽しいことを!

そんな必死だった子育て期を思い出し、もっとああすれば良かったかな、と

悔いばかりが蘇る

やっぱり記念日は辛い。

お隣さんへ感謝です。

 

***

 

 

 

息子の初給料でもらった財布、これは嬉しい。

私も初給料は両親、一緒に暮らしていた兄弟、学生時代お世話になった

ご夫婦へと、給料の半分を使ってプレゼントを買い、贈った。

 

父はその時のシャツとジャケットを私と食事するたびに着てくれた。

お世話になったご夫婦は、プレゼントの袋を抱いて泣いてハグして下さった。

 

息子にそういう話をしたことはなかったが、

初給料でのプレゼントをしたいから何がいいか、教えて、とメールで伝えてきた。

初給料は何かと出費もあるだろうから、と断ると返信がなかったので、

選びに選んで、金額が大きくならないように・・・メールすると、

安すぎると・・・

 

きみ、ムリするんじゃない、見栄張るんじゃないよ、と言いそうな言葉を

呑み込んで、メールで、これ、と送ったら

通勤途中の景色を添えてプレゼントは明日配達されるそうです、と

子供と二人分のお揃いの財布が届いた。

 

 

それで十分かな・・・

30年使ってきた財布にさようならをして、

プレゼントの財布を今は大事に使っている 

 

 

 

記念の品も悪くないか・・・

 

よし、楽しく生きるぞ、と心のスイッチを切りかえてみる。

 

 

 

働き盛りの子供たちと

毎日出勤することがなくなった今の自分の心情が同じなわけがないし

 

 

 

6月終わりに暑い暑い生活へと移動する前に

コロナ禍でさんざん使ったベランダプチ菜園もどきを片づけなくては

心が折れている、という言い訳を誰にするの?

通用しないぞ、と明日から頑張りなさいよ、と自分を叱咤激励。

 

 

 

 

マスク着用の真夏は辛いだろうし、

せめて心は楽しく快活に、と思います。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedly
  • LINEで送る
カテゴリー
タグ