師走から正月休み明けまで、ゆっくりのんびり過ごし

紅白歌合戦も初めてちゃんと観て、年越しそばを食べ

おせちを食べ、体重計も壊れてしまった。

 

誰も訪ねてこないし、どこへも行かず、出かけるのは陰性証明書

を取るために、出かけるPCR検査場まで

 

そんな低刺激の日々から

濃い日常が待っている暑い生活へ脳のスイッチを切り替えようと

イメージトレーニングする間もなく、あっという間に来週から

南国へ生活がシフトする。

 

若い頃なら全部が楽しいが、

今はあのリスクから遠ざかるにはどうしようか、という生き生きとは

ほど遠いプランを立てている。

 

空き家に滞在した今年初めの冬

思ったより冷えて、あれもこれも必要になった。

なにより外食オンリーで過ごした二か月のツケは東京に戻り自宅のキッチン

で思いきり美味しいものづくり三昧で、あっという間に悲惨な体重増加へ

 

せっかく田舎暮らしで野生の背中へ戻った財産を、

キッチンごときに目がくらんで・・・

 

 

始めたダイエットも寒さで膠着状態となり、このままでは、「あなたは誰?」

状態で、あの人の目にもこの人の目にも晒される。

 

 

濃い日もあって、薄い日が続いて・・・

二拠点生活は難しい。

すべていい、という自分好みのライフスタイルを作り上げている人は凄いと思う

 

どちらもホームシックを起こしてしまうからやっかいだ。

 

これはきっと加齢による悩みなのだと思う。

体力を気にせず、無我夢中で生き切って、気づいたら昇天していた、

医療従事者でなくとも、ピンピンコロリを誰でも望んでいると思います。

 

いかにせん

気い遣い過ぎる傾向が強くて、倒れたらあかん、迷惑かけたらあかん、と

コロナ禍で、小さくなった度胸を、少しでもあげていきたい。

 

寅どしだもの

あやかって

千里を走ってみるか

想像するだけで、もう疲れてきた。

楽しいことを想像しよう、

よし、想像しよう

コロナ禍よ、去れ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedly
  • LINEで送る
タグ