ダイエットが楽しい

 

 

記録を御朱印帳に書き始めて

体重管理や歩数を記入し始めて一週間がたった。

 

楽しい。

 

そして恐ろしい。

 

こんなに食べていたんだ、ということに気づき

ほぼ引きこもりだった日常に今さら絶句。

 

一週間で落ちた体重は1・2㎏ほどだが

天井知らず?で、毎日、どんどん増えていた体重計の

メモリーが、あれを最後に増えることがないのが嬉しい。

 

ウオーキングもちょうど秋風が応援してくれて気持ちいい

子供も嫌がらずに一緒に歩いてくれている。

 

買い物で咳き込んだらどうしよう、とナーバスになって

持ち歩いていたのど飴もやめて、水にした。

 

子供の野菜や果汁のジュースもやめた。

子供のパスタや麺類もしばらくはお休みにしている。

 

みそ汁や酢の物や魚や

外食は肉、と決めて、ご飯も半分から三分の一ほどになった。

 

体がちょうどいい、を覚えてきたら

それでキープできるよう加齢を上手に乗り越えていきたい。

 

若い働き盛りの時は

「食べて、お願いだから食べて」

と言われていた食の細かった自分が

「お願いだから、もう食べないで」

と、言われる日がくるなんて・・・

 

今回のコロナ太りの悲劇は

災い転じて福となす、というありがたい展開になった。

 

ハンディキャップのある子供は

学校では体育があります、

卒業したらみな太ります。

気を付けてあげてください、と言われていたが

 

本当に年々太っていった。

自分が太ったことがなかったので

その辛さを想像できるはずもなく

またキビキビと働き者の子なので

気にもせず今日まで過ごしてきた

 

だが自分が10㎏超えを体感し

そこからさらに15㎏まで数週間で至った暁には

恐怖を覚え、真剣に対策するに至ったなんとも

薄情な親である。

 

謝り倒して

家族全員で健康家族を目指して一週間

 

とても心が軽くなり

コロナ禍が終わったような気分の良さだ。

 

外に出れば相変わらずうつうつとする日々だが

目標があるのが楽しい

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedly
  • LINEで送る
カテゴリー
タグ