新しい生活スタイル

感染予防をしながらの生活はいちいち手間がかかります。

 

暑い気温の中、建築現場で働いている方々を見ていると本当に胸が痛みます。

 

どの職業もピンチ、

どの年代もピンチ、

越せるかな、夏、

耐えられるか、次の波。

 

頑張れ、というさだまさしさんの歌声を子供の横で聞いていて

涙がぽろぽろとこぼれてしまいました。

 

***

 

昨夜、寝る前に、

洗礼後の自分の人生の経過を思い出し、

なんと悔いの多いことよ、

あの時のあそこへ戻りたい、という後悔が一気に湧き上がってきた。

 

洗礼を受けていなかったら、たぶん乗り越えきれなかっただろうとぞっとした。

 

***

 

どんなに自分が生まれ変わったとしても私は人間

体も限界が必ずくる、それに伴い弱さも生じる。

 

そんな自分が、とりなして祈る人?

 

いいのかな、思い込んでいるけれど、軸は大丈夫?

 

***

 

十字架上で死を成就し、黄泉にまで下り、踵で蓋をし、

9となり天の父の右の座に着かれた方、

その方は8+1というこの方があって初めて私たちの

中で奇跡を知らしめる、三位一体の一位格、

聖霊なる神が、みことばにあって内にもおり働くことを示して下さった。

***

初穂となったのだ。

神は聖、真っ白、どこにも影のない聖い白

私には黒がある。

誰彼から見たら、ただ真っ黒にしか見えない部分もある。

 

嫌だ、この人,とけして高潔ではない。

 

***

 

陰に皇極があり、

陽に皇極がある。

 

織りなす模様はチクチクと痛い。

 

神様の聖が織り込まれるのだから、痛い。

 

陰の罪ある人の中におかれた聖霊。

 

天から下ってこられた罪のない方、陽の中へ人の体という

限りの中へ皇極は8として十字架へかかり

全人類の罪を贖うという、陰陽で〇、天地を繋いだ。

 

8の繋ぎは狭い門、

だが通れば〇

地に居ながら天にいる、この不思議。

 

過去をも踏みなおす主、

聖書の奥義は痛み、渇きに即応えよう、とスタンバイしておられます。

 

信仰は自由意志。

 

無理に心の扉を開けない。

 

ドアノブは外側ではなく、自身の内側にあるというこれもまた不思議な摂理。

 

嫁取り物語。

 

愛しい人ほど無理強いはしない、

大切な花嫁。

 

あなたのお嫁さんになりたいです、

と応答する時がドアノブが開くとき、

 

***

 

嫁にいきたいと思う時はそれぞれだと思う。

 

愛しくてたまらないと完結した時、

そんな甘いものじゃない・・・

 

助けて下さい、と命乞いをした時かもしれない。

 

奇跡に高揚した時かもしれない。

 

人にはそれぞれ個人のその時があるのだと思うと

神の造られた人への尊厳を心からありがたいと思います。

 

 

 

 

カテゴリー
タグ