免疫力を上げる

  

あっという間に10月です。

11月は遠出をする予定なので、

急いで体力をつけようともがいています

 

バランスよく食べて活動して寝て・・・

この無意識でこなしていただろう生活リズムが

自粛・スティ・ホームで乱れてしまいました。

 

多くの方が、世界中の人が

いきものとして

ギクシャクした生活の変化に

 

疲れや変調を覚えているのではないでしょうか。

 

***

 

現代はものすごく情報にあふれていて有難い面があります。

動画でドクターをはじめ専門職の立場から

免疫力をアップする、というテーマで語っておられます。

 

TVをコロナ禍の今を知る前に購入しました。

TVのない生活をずうと送ってきたのに

何故、TVを買ったりソファを買ったり・・・

 

今でも不思議でなりません。

TVの報道を観て、医療知識をまったく畑違いで生きている方々が

学ばなければならない、という、あっという間の現象に

 

秋の今頃になって

これって厳しい時代じゃないですか、と真剣に思います。

 

***

 

神様が造ってくださった私たちの体・細胞は

誕生があって死があります。

 

摂理は美しく完全です。

 

ところが死がない、生き続けるものがあります。

緩和ケア病棟では、その細胞に栄養を与えないために

 

よほどでなければ点滴をしない。

神様が与えて下さった「死」を持つ本来の細胞へも

当然栄養は及んで行きません。

 

それで援助できる可能な限りの緩和をサポートします。

 

***

 

免疫力という言葉は医療用語ではないので、

細胞が生きていくために自分も努力する、という少し小難しい

ことばをイメージしてみました。

 

祈りは届きます。

座すれば力を得ます。

 

医療と畑違いで頑張っておられる方々へ

私は自分の得た聖書の世界を伝えたくて書いています。

 

医療知識を発信して下さっておられる方々の熱意を

急いで習得してほしい、と心から思います。

 

冬を迎えて

自身の体力で乗り切るために必要なこと

体は資本だと自分も痛感している次第

 

チームで一人を加療する

チームで子供が教育を受けていく

チームで犯罪者が一人逮捕される

 

チームがこちらへ助けの手が届けられない事態の時

自身の体力が自身を守ります。

 

免疫力という医療専門用語はありませんが、

概念はおおよそ誰もが持っている

 

その個人の概念に

医療の基礎知識を併せていく必要があると感じています。

 

カテゴリー
タグ