Y君、おめでとう

今日はY君の誕生日

おめでとう。

124年ぶりに節分でもあるようだ。

 

キラキラと輝く瞳は

暗い世相の中、希望だ。

 

私のマシンガントークを黙って7時間も8時間も聞いた

人は初めてじゃないかな、と反省もした。

 

あまりにも静かな佇まいに

あれもこれもと語り続けていた自分に

 

ふと、

「あなたがたは誰からも教えを受ける必要はない。御霊が

すでに知っているからだ」 というみことばが飛んできた。

 

ごめんね、長時間

と言おうとしたが、「ありがとうございます」

と先を越された。 

 

仕事を一線から退くと決めた時

次世代の履物を揃えてあげる役割をしようと思った。

 

宮を出入りしながら

世の中で頑張る生産世代の宮の前に急いで脱いだであろう履物を

揃え、

すぐに飛び出していけるよう履きやすいよう揃える役目

 

少年から青年になり役割が重くなるにつれ

いつか履物も乱れてくる日もある

 

Y君

おめでとう

 

ピュアという言葉を久しぶりに思い出した

あなたはどんな人生を送っていくのだろう

 

神様に愛されている少年

「私たちに二度と無割礼の者が入ってくることはない」

私たちの中には光である神の霊が満ちているからだ。

 

恐れるな

おうおうしくあれ。

 

これから自分の人生の地図書きが始まる

大切に描いていって下さい

 

カテゴリー
タグ