故郷では尊ばれない

 

イエスご自身が、

「預言者は自分の故郷では尊ばれない。」 

と証言しておられたからである。

     (ヨハネ4章44節)

 

それでもイエス様は故郷へ足を運ばれている。

 

***

 

あれは大工の倅じゃないか

ナザレからなんの良いものが出ようか

聖書で語られている言葉は、今もなおリアリティがある。

 

故郷では多くのしるしをなさらなかったが、

確かに行かれたと記されている。

天に帰られた主は、

 

サウロ、サウロ、と異邦人へ福音を伝えよ、とも語られた。

 

うなじの強い同胞の所へも出向き

そして、異邦人への道をも開かれた。

 

御父との約束以外のことは天へ昇られて御父の右の座

主権の座に着かれてサウロを召して成就された。

 

神様の仕事には取りこぼしがない。

完璧である。

 

被造物全てを救う神様の道は整えた。

あとは自由意志である、と聖書は語る。

 

めいめいのいのちである。

花嫁を強引に嫁にしたところで花婿は幸せではない。

 

喜んで

私で良いのですか

とバージンロードを歩いてきてくれる花嫁を迎えたい

ものではないだろうか。

 

赤いみちのり

バージンロード

血の道を残して、しるしとして

わたしに帰れ、と主は語る

 

郷里に向かう足取りはコロナ禍で重い

PCR検査陰性の証明書を手にし

濃厚接触者をほぼゼロにして

万全の感染予防をして・・・

それでも重い

 

そんななか

みことばは腹に甘い

 

信仰生活は

天から今を見る生活である。

天国から真下を見る連続の感覚である

 

昨日があり今日があり明日がありの一本線だけではない

天から垂直に降りて、下の黄泉まで制している神の視点を

同時に持つ感覚である

 

それは十字になり

四人で担げば申すになり

 

そこにあるのはやはり腹に甘い、という感覚である

同じ場所、同じ時間でも

天国にいたような感覚を

四人でいた年末年始に強く感じさせていただいた。

ひととき本当に天国にいたのかと思うほど幸せだった。

 

誰が主の網にかかった同胞だろうか

人の思いをはるかに超えて

神様がなさることはただ人の目には奇跡

 

大変な時だからこそ

「時」

を逃すまい。

 

油をたずさえた賢い乙女であれ、と聖書は語る

油は神の霊という意味

カテゴリー
タグ