暑さにマスクは辛い

昨年も暑さとマスクで、不整脈に悩まされたことを思い出した。

昨日からダウンしている。

 

室内の環境は整えられても外出先ではそうも行かず

出不精になるのが怖い。

 

炎天下で働いている方のマスク姿は見ているのが辛い

子どもたちの運動会の練習の声もかわいそうでならない。

 

 

***

 

 

そんな心じめじめ体グダグダの中、

年上の先輩方から電話があり、

相手の体調や状況を心配してお話を伺うと

どなたも凄いつわもので励まされた。

 

かつての同僚の先輩は

フラフープを軽く千回はまわし

ニュースを見る時は踵落としをしながらみているという。

 

背筋がぴしっと伸びた宝塚の男役のような美人さんだ。

 

もう一人は実家を管理し

ボランティアではないよ、と

頭が下がるようなことを退職後ずうと続けていると聞く

 

この方は外国の女優さんのような美人

 

どちらもハンディのある身内のサポートもしている。

 

倒れられないからね・・・

 

 

***

 

 

体が辛い時や不安な時はいつでも電話下さい、と

励まし合っているが、

友人たちのほうが健康管理は上手だと思う。

 

自然の中へ出かけていく頻度が多い

ガーデニングや畑を楽しみ、家の中もおしゃれできれい

友人も幅広く社交的だ。

 

「柱の多い家は倒れにくい」

 

あなたが言ったのよ、と先輩方は笑い

 

しゃべり倒しても内容を上手に忘れてくれる女友だちを大切に、

 

歴史共有力が圧倒的な情が通い合う親族の縁を切らないように、

 

今を奮い立たせてくれる次世代の友を持つように

 

色々なことを熱弁していたというが

自分自身がいちばんやれていないことを反省

 

***

 

 

へこみそうなマスクあとの体調不良の寂しい時間に

郷里の牧師さんから祈りのメールが届いた。

苦しさが消えるようにと祈って下さった。

 

うっ・・・と心が熱くなる。

 

続いて、明日からワクチン接種で今帰ったばかりと

9時過ぎに友人の電話の声

 

シュミレーションに会場づくりに、明日も早いというので

早々に電話を終えたが、互いにもう若く走れる年齢ではない。

 

無理しないで下さい

と言っても無理しない方法があるならしないですよね

と、労に感謝して電話を切った。

 

なあんだあ・・・

私にだって、柱いっぱいあるじゃないか・・・

 

また、うっと泣きそうになった。

 

寂しいって思う時は時間軸が違うだけで

みんな実際はひとつの体で乗り越えているんだから

誰だって基本は孤独だ。

個人の体の痛みや状況の苦しさは代わってやれない孤独な闘い。

だから愛する人たちに何もできない無力な自分に気付いた日が

私が救われた日だった。

 

 

彼らを助けて下さい

私の愛する人を助けて下さい

私には大切な柱ばかりです。

 

愛する人たちにもそれぞれの柱があります。

その方にとって、どの柱も倒れるとキツイから

お守りください、と

 

無力な自分に気付いて、

全人類の救いのプロセスを私は信じたのだと思い出した。

 

体が辛い日、イエス様を見た救急室が必ず脳裏に蘇る

 

初めの愛に戻るこの時間、

辛い時間ですが、もっとも甘い時間でもあります。

カテゴリー
タグ