パンくずリスト
  • ホーム
  • 子育て・教育
カテゴリー:子育て・教育
ご飯に勉強に、子育て長テーブル

だいぶ古くてきれいじゃないですが、

子どもたちとご飯食べて

片付けた後は、それぞれの勉強机になった長テーブル

 

捨てるに捨てられないものが

これともう一つ大きなベッド

 

お母さん、ちょっといい?

クターと寝落ちしそうな昼寝の数分

気付いたらちっこいのがあそこにもここにも顔寄せて寝ている。

 

いい加減子離れしてください

 

と、現在は、厳しい突き放しの目に遭っていますが

私の知り合いの社長さんなんて、90歳に近いお母さんから

お小遣いを胸ポケットに押し込まれているんですよ。

 

兄ちゃん達には黙っといてよ、

とみんなが集まっての食事会で、2千円、向かいのテーブルから

もう初老の長兄が目で、腰下ろせ、ポケットの位置下げて

入れやすくしてあげろ、よとアイコンタクト。

 

***

 

私はこの話に涙があふれて恥ずかしいながら、他の話に変わっても

涙腺崩壊状態で、何かツボに入ったようで

 

しまいには

そこにいた大人がそれぞれの母ちゃん、あるあるを話す流れになってしまった。

 

何歳になっても親はその子の苦手に添い

その子の心折れることが何かを知っており

 

若い力がそれを楽しんでのぼっていく制覇する世界も一緒に夢見ている

 

私の母親も

一つ多く人に私を説明してくれる

上げ底感が半端なくて、

若い頃は死ぬほど恥ずかしくて

「お願いだから、本当にやめて」

と、相手の方に、一度ですよ、私がOOしたのは、

恐縮しながら返したら

 

そのおばちゃんにめちゃくちゃ説教された

そのように頑張りなさい、というお母さんの気持ちが

あんた、わからんか、と返された。

 

ん・・・事実を会話してたんとちゃいますか・・・

子どもが親の言っていることを直すな、と

 

あの時のおばちゃんや親の日常会話の意味が

今ならいやというほどわかります。

 

盛って話そうが

願望を足して子ども自慢をしようが

そんなのはお互い様の風潮だったんだと思う。

 

今なんて少し話しただけで、相手によっては、

目の前で検索されるので、

恐ろしくてのんびりおばちゃんできない時があります。

 

机の前やリビングに麻のひもをいくつも渡して

覚えるべきことを流れにそって貼っていく

かっこいいことを映画を真似てやったら

 

キリンやカバやぞうのカードも洗濯ばさみで吊るされていたこともあった

だんだんそれが解けない問題に変わっていき

部屋に続きを持ち込むようになっていった子供たち

 

やはりこの机は断捨離できない

東京の狭い我が家には大きすぎるのが痛々しいが

ベットから先に片付けるか、

と部屋の模様替えはまだまだ続いています。

 

カテゴリー
タグ
「ドラゴン桜」面白いです

 

今日も面白かったです。

 

DVは病的な面が強いので

お母さんと娘さんの住まいを確保して

本人の意思のサポートをする。

 

桜木先生、凄いです。

 

ラーメン店を救った時も

100万円チャラだけではなく

万札の現金を輪ゴムで渡す。

 

数万円のプラスの安心感が生徒の足場を

泥沼からしっかりと立てる大地に変えてくれる。

 

明日から東大専科という脳内集中に

改心したとはいえ、あのお父さんのいる家はすでにPTSD

集中力を削がず

家はルーティーンが保てる所でなければ

最高峰を目指せるはずがない。

 

うん、うん、と感動しながら観ました。

スティ・ホーム中の気持ち保たせる気持ちいい時間でした。

 

さあて、明日からキッチンリノベーション頑張るぞ、と

スイッチも入りました。

 

作品書きたければ

飽きるほど退屈な日常を送りなさい、

と師匠に勧められたことを思い出した。

 

***

 

聖書には

安定した信仰生活を送るために結婚をすすめている箇所がある。

 

神の御心を成そうとすると邪魔が多いという。

天幕の外は砂漠のようなもの

 

せめて家の中は天幕のようであれば、と思う。

 

さらには生涯を天幕の傍で生きたヤコブ(イスラエル)のように

天幕づくりの労働をしていたパウロのように

園で早くから働いていた人たちのように

 

夕方市場から雇われた人と同じ1デナリの給金であっても

やはり、りんごの香りが届く場所のほうが心地いい。

 

造り主を若いうちに知ることは幸いなことだと聖書にあるが、

私は夕方まで市場にいた人に近い。

 

それこそあの生徒さんたちのように、高校生で

桜木先生に出会っていたら、

と思って観ている人の一人です。

 

大人にも励みになるドラマです。

 

 

 

カテゴリー
タグ
親が子を思う気持ち

子離れを子育て終了と共に上手にスマートに終えるはずだったが

グダグダとなんとも無残なままコロナ禍となった。

 

2019年暮れに巣立った息子

誰が2020年を予測できたというのか

 

あれから会うことも叶わないどころか

あれを巣立ちというのだろう、と最近では諦めかけている

 

巣を飛び立った鳥が

次に戻るは、自分が守るようになる新しい巣

子育てって、本音を漏らせば親の末路って本当に寂しい。

 

***

 

御父なる方が

ご自身の御子に

十字架で死ぬことを託され

神ですから、死がありませんから復活されて天へ戻られ

 

イエス様の新しい巣づくりという続きがある、という。

 

***

 

巣立った鳥が伴侶を得て

自分の巣を作り守っていく

そしてまたそこから次世代が巣立っていく

 

私の親も寂しかったのだろうなあ、と

当時の自分の親の心を思ったりしています。

 

心労をかけたことも何度もあり

うちの子どもたちはおりこうさんじゃないか・・・

当時の自分を思い出していくにつれ

そんなことまで思うようになり

 

神様の摂理がしみてきます。

 

父と子と聖霊によるストーリーの

仕上げは花婿の嫁取り

 

愛が基本の聖書を知るほどに

子離れの痛みが和らいでいきます

 

はがれたあとの痛みは

神様のことばでないとよけいにしみて痛みが増すだけ

 

***

 

わたしは近くにいれば、神なのか。

ー主の御告げ。ー

遠くにいれば、神ではないのか。

 

人が隠れた所に身を隠したら、

わたしは彼を見ることができないのか。

ー主の御告げ。ー

 

天にも地にも、わたしは満ちているではないか。

ー主の御告げ。ー

 

      エレミア書23章23・24・

***

 

洗礼の時の彼へのプレゼントの御ことば

 

神が共にいて

羽をバタバタと未熟に動かし生き抜こうと必死な息子に

彼だけがわかる証しがつぎつぎとあることを祈る

 

親心も

神に似せられた造られた証拠だと思うから

十字架上の御子を思う神のすさまじい力を忘れない痛みとして

 

小さなことも誠実に生きようという活力になるから

ただただありがたい

 

頑張れ

次世代

 

カテゴリー
タグ
Y君、おめでとう

今日はY君の誕生日

おめでとう。

124年ぶりに節分でもあるようだ。

 

キラキラと輝く瞳は

暗い世相の中、希望だ。

 

私のマシンガントークを黙って7時間も8時間も聞いた

人は初めてじゃないかな、と反省もした。

 

あまりにも静かな佇まいに

あれもこれもと語り続けていた自分に

 

ふと、

「あなたがたは誰からも教えを受ける必要はない。御霊が

すでに知っているからだ」 というみことばが飛んできた。

 

ごめんね、長時間

と言おうとしたが、「ありがとうございます」

と先を越された。 

 

仕事を一線から退くと決めた時

次世代の履物を揃えてあげる役割をしようと思った。

 

宮を出入りしながら

世の中で頑張る生産世代の宮の前に急いで脱いだであろう履物を

揃え、

すぐに飛び出していけるよう履きやすいよう揃える役目

 

少年から青年になり役割が重くなるにつれ

いつか履物も乱れてくる日もある

 

Y君

おめでとう

 

ピュアという言葉を久しぶりに思い出した

あなたはどんな人生を送っていくのだろう

 

神様に愛されている少年

「私たちに二度と無割礼の者が入ってくることはない」

私たちの中には光である神の霊が満ちているからだ。

 

恐れるな

おうおうしくあれ。

 

これから自分の人生の地図書きが始まる

大切に描いていって下さい

 

カテゴリー
タグ