東京大衆歌謡楽団、昭和歌謡

どこかで聴いたことがある懐かしい歌

そうかあ、先輩がカラオケで歌っていた

 

突然の電話に驚くだろうか、と気兼ねしつつも思い切ってかけてみた

とても喜んで下さり、長電話になった。

 

***

 

厳しい毎日に何度も心折れていたところ

はまりにはまってしまいました。

 

先輩が歌って下さった人生の応援歌

若いご兄弟の楽団なんですよ、と話すと

当然、知っておられた。

 

必ず一緒にコンサートへ行きましょう、と約束して

互いに、今の時代に必要な情緒ですねえ・・・と

 

高嶋四兄弟

太郎・次郎・三郎・四郎がお名前に入っていて

なんとも嬉しい

 

鬼滅の刃のようにヒットしてほしい

琴線に触れてくる

 

明日から東京を離れる

戻ったら、先輩の元気に習って

フットワークを軽くしていくぞ、と思った

 

時代は大きく動いている

頑張れ、若人よ!

カテゴリー
タグ