カテゴリー:祈り
  • 153匹の大きな魚

    2020/07/16

    祈り

    神の網にかかった153匹こういう日が来ることをまったく想像できなかった。個人的には何度か死にそうな目に遭った。交通事故には二度病院で徐脈でCCUで、死ぬんだなあ ...

  • 人生の不思議

    2020/07/11

    祈り

    夕食の支度の最中、暑い空気を吸ったとたんに呼吸が苦しくなり肺が痛くなった。徐脈や酸素飽和度の低い数値に病院を嫌がる場合ではないな・・・と主治医探しを来週探す気持 ...

  • 自分のいのちを失った者

    2020/07/05

    祈り

    37わたしよりも息子や娘を愛する者は、わたしにふさわしい者ではありません。38自分の十字架を負ってわたしについて来ない者は、わたしにふさわしい者ではありません。 ...

  • 新しい生活スタイル

    2020/06/12

    祈り

    感染予防をしながらの生活はいちいち手間がかかります。暑い気温の中、建築現場で働いている方々を見ていると本当に胸が痛みます。どの職業もピンチ、どの年代もピンチ、越 ...

153匹の大きな魚

 

 

神の網にかかった153匹

 

こういう日が来ることをまったく想像できなかった。

個人的には何度か死にそうな目に遭った。

交通事故には二度

病院で徐脈でCCUで、死ぬんだなあ・・・と覚悟した日もあった。

 

個人の状況であって

乗り越えて今日まで生きてきたら

聖書も開く

夢を見る日もある。

何度も、「これは奇跡だ」 と涙した日もある。

 

でも今日のこの状況は

まったく毎日が、想像を超えている。

 

自分はいったい今まで何をしてきたんだろう・・・

 

聖書はことばで編纂されているが、同時に数字が多く出てくる。

ことばは数字であり

数字はことばになり

 

アバウトな表現でことばが語りだすようでも

全部、数字で

聖書は緻密に

初めであり、

終わりであり、

成就であり、

神のパーフェクトな完成をみる。

 

153匹

神の網にかかった大きな魚たち

 

私には誇るものは何もない。

何よりいじけている。

 

子どもたちと離れていること

自分が現場にいないこと

 

家で子供の頃、

神様へ頼み込んだ最初の願いが

今叶ってしまっていることに覚悟が足りないこと

 

「かみさま、おねがい。

わたしは書くおしごとがしたいのです。

だれにもじゃまされないところで

書くことがしたいです」

 

神様は聞いて、ジャストミートで叶え下さっているだけだ。

 

神様なのだから、

時はいちばん理にかなった時にして下さるのだ。

 

恐ろしい・・・

私は自分の愚かさが怖い

覚悟が足りない・・・

 

子どもたちとも会いたいのです。

友達ともお茶したいです。

夜の海辺も歩きたいのです・・・

そんなことが先ほどまで脳裏をかすめていた。

 

それもみなあなたはしてきたではないか。

 

あなたは大きな魚で網にかかったのだ。

自分からかかったのだ。

 

獲ってもらったはいいが、

そのあと、

食べれない魚は食べてもらえない。

 

網を投げるように命じたのは神様

かかったのは自分

 

それだけでも十分ではないか

腐ったものにならなければいいじゃないか。

何を焦っているのか・・・

 

さあ

全身全霊であなたの神を愛せよ

 

わたしが網にかかった時、

網の仲間・一緒にかかった人たちがいるはずだ

 

その人たちへ伝えるだけではなく

 

このような時代に

家に居ながら

誰にも会うことができず・・・

届け、と書ける環境におかれたではないか

 

神の山に備えあり

 

 

とりなして祈ります。

カテゴリー
タグ
人生の不思議

 

夕食の支度の最中、暑い空気を吸ったとたんに呼吸が苦しくなり

肺が痛くなった。

徐脈や酸素飽和度の低い数値に

病院を嫌がる場合ではないな・・・と

主治医探しを来週探す気持ちを決めて祈って目を閉じた。

「大丈夫、すぐ消えるから」

と励ましてくれる子と一緒に祈っていたら、少し寝落ちしていたようだ。

 

語っておくように

書いておくように

 

子どもが言ったのか、自分の脳が教えたのか

不思議なことばが出てきた。

人はいつか亡くなる。

伝えたか、残したか・・・

 

父が亡くなる前、

焦ったように、聞いてほしい、一緒に見てほしい

と言っていたことを、

私は今頃少しづつ知り始めた。

口伝・口承をこの子へ、と決めていたことが

死を直前に、大きく揺さぶられて、天を前に

あれだけ強気だった父親が動揺しもがいていたのを覚えている。

自分で決めてはいけないんだな、と寂しい目をしていた。

 

「家を絶やすな」

書き残したものを少しづつ読みながら

時間はまだまだある、と思っていた悠長な私に

今日は警告のような感覚が起きた。

 

「耳のあるものは聞きなさい」

 

神様のことばは語られている。

だが聞こうとするものだけ聞くがよい、と厳しい。

知っていながら語らなかったものへも厳しいことばが続く。

 

息子がお腹にいた27週の頃、職場で厳しいことがあり、

友人がドライブに行こうと誘ってくれた。

週数の満たないBabyの処置でクタクタだったにもかかわらず

二人とも、それしかないようなシュチエーションでドライブに行った。

 

「この子は神様へ捧げよう」

「この子は神様へかえそう」

二人同時に言い、

「どうすればいい」

と、すぐに私は友人に問うたと覚えている。

真っ暗な夜道、今のようにカーナビがあるわけでもない。

夕食も取っておらず、かなり遅い時間帯でほぼ山道・けものみちだった。

 

「わたしがとりあげる。クリスチャンだから」

と友人が大雨の中、激しく動くワイパーの音に負けない声で言った。

当時、私は聖書も知らなければ教会へ行ったこともない。

友人がクリスチャンだったということもその時知ったようなものだ。

 

名前も、あとでわかるから、と

「うん、わかった」

山道の途中でUターンをし、そのまま私は自宅へ届けられ、

週が満ちて、息子が生まれた。

分娩促進剤のポンプがきちんとセットされておらず

全開で落ちていたようで、寝入っていた私は

トイレに行き、立ち上がれなくなった。

呻く私のドアの向こうで掃除をしていた方が気づいて下さり

すぐに数名のスタッフの手で運ばれ

かろうじて分娩台の上で友人の手に落ちるように息子は生まれた。

誰かが取り上げていても仕方ない状況下の中

不思議だと今でも思う。

友人の手が受け止めたのだった。

 

出生届の時、

不思議なことに名前をまるで決まっていたかのようにすらすらと書き、

それが後ろから読んでも前から読んでも同じように読めてしまうと

いう不思議を他の友人が息子が長じて教えてくれた。

姓から名前までだと長い読みとなり、

よくつけたね、相当狙ってつけなければ無理だよと教えてもらい

先祖に陰陽師がいたのか、と冗談で笑っていたが、

最近、時間ができて、

祖父が陰陽つかいで、父の名前がそのようになっていることを知った。

祖父は私が生まれる前に亡くなっているので、

私は、自分の体調不良を前に、

やはり父のようにオタオタと慌てている。

「わたしが恋い慕ったのであなたがたの子孫の熱心がわたしを見出す」

と聖書にある。

 

とりあえず

不器用な生き方で迷惑をかけ続けた子らは全員洗礼の機会を得た。

聖書のことばが耳に入ってくる、

魂の殻が破れて、聖霊が説き明かしてくれる条件までを得たと思う。

その先は、それぞれの自由意思が応答していく。

 

「聞く耳のある者は聞きなさい」

 

ナルドの香油を割った心境だ。

人生は不思議だ。

あっという間に終わるようにも感じている。

高価なナルドをイエス様の埋葬の用意と知らずに貯めてきた女・マリア

 

あなたのナルドの香油はなんですか。

 

私のナルドの香油はなんとなくわかったような気が、

今日の苦しい寝落ちの時にわかった気がしている。

 

壺が割れてナルドの香油は十字架刑が始まる前

イエス様の頭へ注がれた。

最上級の油

油は神の霊を意味する。

水で洗ったあと、この世のものを洗った後、

油を塗る、聖霊と共に蘇り、神と共に生きる。

クリスチャンのライフスタイル。

 

油注がれた者をキリストという。

イエスは救い主

イエス・キリストというお名前が公的に聖書で成就した瞬間である。

 

この女のしたことは後の世でも伝えられる、とある。

聖書を読む今の時代も確かに伝えられている。

 

私は自分のぶんを走り抜けよう

もがく日も神の助けがあるのだから。

 

全力を尽くしてあなたの神を愛しなさい。

あとは神がなさる。

 

見極める、という言葉の出どころだという。

見る、明らかにする。

人の限界の先に、神の御手が見える。

各々が自分の領域を極める、

時代はひと時も手を緩めてくれない様相となった、と感じている。

カテゴリー
タグ
自分のいのちを失った者

37 わたしよりも息子や娘を愛する者は、わたしにふさわしい者ではありません。

 

38 自分の十字架を負ってわたしについて来ない者は、わたしにふさわしい者ではありません。

 

39 じぶんのいのちを自分のものとした者は、それを失い、わたしのために自分のいのちを失った者は、それを自分のものとします。

 

       (マタイ10章)

 

自分から指を手を離すことができない人間各自の愛着を

どうあがいて処理しようにも無理がある。

 

人の脳にはそれを記憶する場所があり、

それがあるゆえに

十字架上の神の成した業があり、復活というプロセスがある。

 

神を愛するゆえに

悟った、と子を手放すような者を神は喜ぶだろうか。

 

***

 

神の奥義は

「わたしがした。あなたにはできない。わたしがした。わたしに帰れ」

である。

 

人間にはできないことをした、

それが信仰のもといである。

 

人にできるなら神を知る機会はない。

 

神は存在の根源である。

 

***

 

十字架上の形は無力の極みである。

「死」である。

 

それも神の子の

「死」である。

 

それを信じて、ただ信じて

神の子の「死」に渡した先に起きたことを信じて

初穂のあとに繋がっていける道、

それが今の時代に生きる恩恵だと思う。

 

「死」

の先、

十字架の先を知るのは、当時、神のみ。

 

私たちひとり一つの身を持つ今も

目を閉じて実際、自身の「死」をその身に帯びなければ

見たことではないから、正直、わからない。

 

***

 

信じて目を閉じる。

 

猛者でも人にはできない。

 

先に実践し、見せて下さった方の神に対する絶対な一致、信仰。

 

それを超えることは、誰もひとはできない。

 

多くの方々の臨終の時、立ち会った時、

医療従事者冥利に尽きる瞬間がある。

 

誰もが極みで安堵の表情を見せるのが、とても腑に落ちる。

 

この地上で最愛の人に見せただろう表情とも違う

一番安心する人に見せる顔とも違う。

 

赤ん坊が泣きながら生まれるなら、

人は最後、誰かの顔に迎えられて逝くのだと思った。

 

神の御顔を見たのだろうな、と何度も畏れに畏れた。

 

***

 

神の御顔を見たらみな死ぬのだと書いてある。

 

生きている間、ことばに在って、霊に在って、生かされてきた。

 

目を閉じた時、

ことばは終わるのだ。

 

人の霊は天に上り、獣の霊は地に下る。

 

天は、神のおられる確かな所

幼い時からいつのまにか知っていること

 

***

 

祭司だった親を看取った夜、

「怖いねえ」

と息の合間に言うのを聞いて、

生き死にが怖いのではない、というのを悟った。

 

その時だ

子をゆだねるしかない先はそこにある、と悟った。

 

神を知る、ということは何よりの親孝行だと思った。

 

本当の心配事を親に課さないからだと、

今なら不思議なこの順序に、神の深淵に感謝するばかり。

 

子らが親孝行だということに今さらながら頭が下がる。

 

私は悔いなく、目を閉じてよいのだと頭が下がる。

 

子らのことを云々、祈り続けるずうと先にまで伸びてある御手、

神の恩寵

ただ恵みである。

 

愚かな母親に伸びた神の御手、恩寵である。

 

***

 

弱い人は幸いである。

 

死の極みに強い人など存在しない。

 

神は光にそっと私たちを移そうと今も見ている。

 

神はわたしたちの親

誰も滅んでほしくない

光へ、移そうと

繊細に、各自に合わせて、御手を伸ばしておられる。

 

神は愛。

 

永遠のいのちである。

 

そこへ抱き込められている感覚、それが私の信仰である。

 

 

 

 

 

カテゴリー
タグ
新しい生活スタイル

感染予防をしながらの生活はいちいち手間がかかります。

 

暑い気温の中、建築現場で働いている方々を見ていると本当に胸が痛みます。

 

どの職業もピンチ、

どの年代もピンチ、

越せるかな、夏、

耐えられるか、次の波。

 

頑張れ、というさだまさしさんの歌声を子供の横で聞いていて

涙がぽろぽろとこぼれてしまいました。

 

***

 

昨夜、寝る前に、

洗礼後の自分の人生の経過を思い出し、

なんと悔いの多いことよ、

あの時のあそこへ戻りたい、という後悔が一気に湧き上がってきた。

 

洗礼を受けていなかったら、たぶん乗り越えきれなかっただろうとぞっとした。

 

***

 

どんなに自分が生まれ変わったとしても私は人間

体も限界が必ずくる、それに伴い弱さも生じる。

 

そんな自分が、とりなして祈る人?

 

いいのかな、思い込んでいるけれど、軸は大丈夫?

 

***

 

十字架上で死を成就し、黄泉にまで下り、踵で蓋をし、

9となり天の父の右の座に着かれた方、

その方は8+1というこの方があって初めて私たちの

中で奇跡を知らしめる、三位一体の一位格、

聖霊なる神が、みことばにあって内にもおり働くことを示して下さった。

***

初穂となったのだ。

神は聖、真っ白、どこにも影のない聖い白

私には黒がある。

誰彼から見たら、ただ真っ黒にしか見えない部分もある。

 

嫌だ、この人,とけして高潔ではない。

 

***

 

陰に皇極があり、

陽に皇極がある。

 

織りなす模様はチクチクと痛い。

 

神様の聖が織り込まれるのだから、痛い。

 

陰の罪ある人の中におかれた聖霊。

 

天から下ってこられた罪のない方、陽の中へ人の体という

限りの中へ皇極は8として十字架へかかり

全人類の罪を贖うという、陰陽で〇、天地を繋いだ。

 

8の繋ぎは狭い門、

だが通れば〇

地に居ながら天にいる、この不思議。

 

過去をも踏みなおす主、

聖書の奥義は痛み、渇きに即応えよう、とスタンバイしておられます。

 

信仰は自由意志。

 

無理に心の扉を開けない。

 

ドアノブは外側ではなく、自身の内側にあるというこれもまた不思議な摂理。

 

嫁取り物語。

 

愛しい人ほど無理強いはしない、

大切な花嫁。

 

あなたのお嫁さんになりたいです、

と応答する時がドアノブが開くとき、

 

***

 

嫁にいきたいと思う時はそれぞれだと思う。

 

愛しくてたまらないと完結した時、

そんな甘いものじゃない・・・

 

助けて下さい、と命乞いをした時かもしれない。

 

奇跡に高揚した時かもしれない。

 

人にはそれぞれ個人のその時があるのだと思うと

神の造られた人への尊厳を心からありがたいと思います。

 

 

 

 

カテゴリー
タグ