カテゴリー:聖書
  • あなたの若い日に

    2020/07/08

    聖書

    創造主を覚えよ。わざわいの日が来ないうちに、また「何の喜びもない。」という年月が近づく前に。(伝道者の書12章1節)7ちりはもとあった地に帰り、霊はこれを下さっ ...

  • 柔和で、ろばに乗られる。

    2020/07/06

    聖書

    見よ。あなたの王があなたのところに来られる。この方は正しい方で、救いを賜り、柔和で、ろばに乗られる。それも雌ろばの子の子ろばに。(ゼカリヤ書9章9節)***7そ ...

  • 7つの血潮

    2020/07/02

    聖書

    十字架上で死んで三日目に蘇った方を三位一体の一位格の神として、救い主として、信じている人をクリスチャン・救われた者というと教えていただいた。そして、その方の名に ...

  • 聖書のラブレター

    2020/06/23

    聖書

    6主は、あなたを、夫に捨てられた、心に悲しみのある女と呼んだが、若い時の妻をどうして見捨てられようか。」とあなたの神は仰せられる。7わたしはほんのしばらくの間、 ...

あなたの若い日に

創造主を覚えよ。わざわいの日が来ないうちに、また「何の喜びもない。」という年月が近づく前に。

  (伝道者の書12章1節)

 

7 ちりはもとあった地に帰り、霊はこれを下さった神に帰る。

 

8 空の空。伝道者は言う。すべては空。

 

12 わが子よ。これ以外のことにも注意せよ。多くの本を作ることには、限りがない。多くのものに熱中すると、からだが疲れる。

 

13 結局のところ、もうすべてが聞かされていることだ。神を恐れよ。神の命令を守れ。これが人間にとってすべてである。

  

14神は、善であれ悪であれ、すべての隠れたことについて、すべてのわざをさばかれるからだ。

  

    (伝道者の書12章)

  

***

 

何の喜びもない、と呟く日は本当にある。

 

すぐにそんな自分に罪悪感がわき、

家を掃除し、アイロンをかけたり、原稿を読み直してみたりする。

 

だが、この伝道者の書は、

そんなつぎはぎでなんとか重苦しさを逃れようとする姑息さを

一気に吹き飛ばしてくれる爽快な章だと思う。

 

***

 

四方を囲まれたような閉塞感を覚えているのは私だけではないと思う。

 

天への視野を求めるかのように

神が環境を狭めてきているように感じてならない。

 

子どもたちに会いたい。

 

雲が薄黒くおおい、外へ出るな、出るな、と災害も疫病も

やっきになって、人の心を追い込んでいく。

  

***

  

多くのことを書いても疲れるだけ、とある。

 

自分の体験したことを書ききることも疲れてしまうのに、

知らないことがあまりにも多く、

知見者のことばに耳を傾け、目を凝らして読み、

神は繊細に、なんと多くの人を生み出されたことか、

と同じようなことがないことに、驚きます。

 

アメージンググレイスです。

 

自分以外のどなたかのシェアして下さる情報は、

神様からのギフト。

 

人の一生分は、どれもが神様の全力投球。

  

感染症予防対策の関係者を数名

国や都が一般公募すればいいな、

と年明けから思っていた。

 

優秀な人材はかぎりなく市井にもおり、

知恵の結集を呼び掛けても良いのではないか、と。

 

水の災害、そうこうしている間に台風も怖い。

 

各地で削がれていく力に

組織を超えて、一般のアイディアも頂きながら

各専門家が検討し、連携していく。

 

鶏口牛後

鳥のくちばしから見える視野もスピード感が必要な時は必須だと思う。

   

引き続きとりなして祈ります。

 

カテゴリー
タグ
柔和で、ろばに乗られる。

 

見よ。あなたの王があなたのところに来られる。

この方は正しい方で、救いを賜り、

柔和で、ろばに乗られる。

それも雌ろばの子の子ろばに。

   (ゼカリヤ書9章9節)

 

***

 

7 そして、ろばと、ろばの子とを連れて来て、自分たちの上着を

その上に掛けた。イエスはそれに乗られた。

 

***

 

9「ダビデの子にホサナ。

祝福あれ。主の御名によって来られる方に。

ホサナ。いと高き所に。」

   (マタイの福音書21章)

 

***

 

子ろばの背中の紋様、初めて見た時は

鳥肌が立ちました。

 

旧約聖書にある聖句

新約聖書で成就という長い年月を経て

背中の紋様は十字架

 

***

 

神を畏れ、祈ります。

 

 

 

 

カテゴリー
タグ
7つの血潮

十字架上で死んで三日目に蘇った方を三位一体の一位格の神として、

救い主として、信じている人を

クリスチャン・救われた者というと教えていただいた。

 

そして、その方の名に在って、水の中に沈み、魂にあって死に

その方の名に在って、生まれ変わることを選ぶことを洗礼と言い

そののち、

その人は方向を転換させられる経験を個々人がもつのだという。

 

***

 

強制ではなく、

意志・知性・感情という魂の殻がその個人の激しい渇きの瞬間と

神の手ののびてくる絶妙なその「時」に、その人だけの救いが成就する。

 

私は婚約時代のような感覚を受けた。

 

花嫁として

婚約者はこれでもか、というほどの備えを贈って下さる。

 

その備えを山上の垂訓でイエス様は語っておられる。

 

***

 

泣いている者は幸いである

やがて笑うようになる

貧しい者は幸いである

やがて富むようになる

 

***

 

何故、幸いなのでしょう。

 

before・afterが明確であるからだ。

 

介在者がいる。

 

わたしだ。

 

あなたはわたしの花嫁だ、恐れることはない、と

我が子よ、と呼びかけても下さっている。

 

わがしもべ、

はしため、

たくさんの呼びかけがある。

 

***

 

無理強いがないのは結婚だからだ。

 

契約だからである。

 

***

 

この世で思う存分、自分のままに生きているはしためをもらうのだ。

 

神の領域は聖

完全な光

闇があり、罪が残り、まんまのはしためを手許に引き寄せたら消えてしまう。

 

花嫁の存在は無くなってしまう。

 

恋い慕ってくださる方は、繊細かつパーフェクトな形で

嫁取り物語を完成させて下さった。

 

***

 

十字架上で人の子としてご自身で死を成就され、

黄泉にまで下り、

三日目に蘇って、

天の御父のもとへ帰り、右の座に座しておられる。

 

備えは十分贈った。

 

慢心なく応えようとする花嫁支度はできたか。

 

***

 

十字架の血潮は

花嫁になる条件である。

 

聖である方の手許で消えてなくならない存在として

恩寵を限りなく受け取ってきたと自覚する者の知る最低限の条件。

 

***

 

一度目

ゲッセマレで流された額の血潮

「思い」

人の思いを死に渡し、蘇りは三日後はもう「聖」

 

二度目

髭をローマ兵に抜かれ血が流れた

髭は

「誇り、プライド、恥」

恥などもうない。

生の魂のプライドなど死んだ。

蘇りは

「あなたはわたしにとっては高価で尊い」

と花婿から言われる唯一無二の存在としてのほんものの尊厳が生まれる

 

三度目

39回のムチ打ち

病気のカテゴリーは39

全ての病を死に渡し

永遠の朽ちない体へといざなわれた

 

***

 

四回目

手の杭

能力・タラント

生まれたままのこれしかできないが死に渡され

神の無限大

地境を超える能力が蘇りとなる

 

***

 

五回目の血潮

足の杭

では、これは高揚したひと時か?

人の歩みの限界は死に渡され

無限大の疲れ知らずの臆病な歩みは蘇りにはない。

 

***

 

6回目

いばらの冠

頭は血だらけになられた。

状況・境遇・環境

蘇りは、そこからの真の解放・ほんもののフリーダムである。

 

七つ目

心嚢がローマ兵の槍によって貫かれた。

損傷は、

体液・血液を流し続けていく。

神の子の血潮は永遠である。

今もなお信じる者のためその血は流れており

完全な救い、

新しいものへと移されるために流されていると書かれている。

 

***

 

7は完成

成就を意味し、

8は7+1

イエス様は成就であり初穂である。

 

蘇りである。

 

***

 

神を知ることは奇跡

神側からの恩寵

 

***

 

状況がだんだんと深刻になっていくなか

急ぎ足になった感は否めませんが、書かないと眠れそうにもないので

荒い内容ですが、急いで記事にしました。

 

カテゴリー
タグ
聖書のラブレター

 

6 主は、あなたを、

  夫に捨てられた、心に悲しみのある女と呼んだが、

  若い時の妻をどうして見捨てられようか。」

  とあなたの神は仰せられる。

 

 

7 わたしはほんのしばらくの間、

  あなたを見捨てたが、

  大きなあわれみをもって、あなたを集める。

8 怒りがあふれて、ほんのしばらく、

  わたしの顔をあなたから隠したが、

  永遠に変わらぬ愛をもって、

  あなたをあわれむ。」と

  あなたを贖う主は仰せられる。

  

           (イザヤ書54章)

 ***

 

 聖書は神様の嫁取り物語

 若い時の妻とは誰・・・

 

 主は34歳半ばで十字架に架かり、

 ご自身の血という代価であなたを贖う。

 旧約聖書のイザヤ書に記されたことば

 

 

 花婿はご自身の聖なる闇が一切混じれない世界へ

 花嫁を迎えるために、「ことば」という幕屋を張り

 死に、三日目に蘇り、天へと戻られ、御父の右の座に座し、

 花嫁を待っている。

 迎えに来るとまで書かれている。

  

 人は霊的にはすべてが女性だと教会で教わった。

 神のみが完全なる帰るべき男性として書かれている。

 私たちは、蛇に騙された女性

 それをほんのしばらくの間、一度は見捨てたと正直に書かれている。

 夫の憐れみのゆえ、

 贖われたという、恐ろしくも大胆な愛の物語。

 この世で私たちはシュミレーションのように

 いくつもの愛を味わっているのだと思う。

  

 

 

 人は段階的にみな半人前なのだと思うと、

 夫婦も恋人も愛おしくなるというもの。

 神様の代価は半人前を補って一人前にしてくださるのだという。

 

 

 

 愛が薄くなっていく時代、

 人間だけの互い様に半人前の不確かな愛だけでは他者は救えない。

 だからこの方のことを聖書は、救い主と呼ぶのだと知る。

 

 

 

カテゴリー
タグ