冬は南国ライフを想定

 

トラックで最期の断捨離をすることにした。

だいぶ片付いて、モノが定位置に落ち着く、モノにも家がある

という風水の教えになるほどと思う。

 

気持ちがいい。

 

子育てが終わり、生活スタイルが変化すると、心の整理に時間を

要したが、ある程度整うと、次のライフスタイルへのイメージも

明確になった。

 

冬場は昨年同様南国ライフになるのかと思う。

17℃以下はほとんどない。

コートも要らない所だが、それでも滞在が長くなると

北風をだんだん寒いと感じてしまうのだから、体は不思議。

東京ライフでは、いかに暖房器具に守られているかを痛感した

今年の2月の南国滞在中のこと、

 

床を温めるカーペットなどなく

ホッカイロを買い物のたびに買い足した。

箱売りなどあるはずもなく、バラで並ぶとそれを数枚、爆買い

 

不思議そうな目で見られ続けたが、

しょうがない、寒いのだから、と

私以外に購入する人を見たことがなく、

 

湯ぶねのトラブルがなければ、今年は動かない予定だったので、気は重い

でも会いたい人も多い

さっそく気配が漂ったのか、友人の一人から電話。

 

クーラーをつけていると聞き

それも嫌だな・・・となんとも軟弱体質の自分をさらさないよう会話は慎重

コロナ禍の冬場の流行を想定していたので、

あれ?

となった今でも心の切り替えは、ああそうですか、と簡単にはいかない。

 

自由に行き来できるメンタリティを持ち

南国で過ごす時間は、こちらで知り合った友人知人を招待し

観光案内と満天の星空のもと、時間を気にせず珈琲タイムを楽しみたい

 

東京に戻ったら

田舎の友人が上京した際に味わいたいという芝居に案内し

富士山までのドライブも連れて行きたい。

 

みんなコロナで心が固まったままがしばらく続くだろうが

心が軽快になり始めたら

そうしよう、と前向きにスイッチを入れておしゃべりすると、

だんだん、そうよね、そうしようね、と互いに元気が出てきた。

 

嵐の前の静けさ?

警戒しつつも、まずはお互い心をほぐすリハビリからだね、と電話を切った。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedly
  • LINEで送る
カテゴリー
タグ