カテゴリー:心と体
ホームPage 1 / 11
緩和ケア 家での看取り

 

写真は、身内の育てたサガリバナ、珍しい花です。

 

***

 

 

緩和ケア病棟、病院によって取り組み方が違ってきますが、

自宅で看取る、という選択をした知人に少しでもお役に立てばと書いた記事です。

 

(過去記事)

 

今日は久しぶりにコロナについてまとめたものを持って

1時間弱の説明へ行ってきた。

 

コロナ禍で人の集まる場所へ外出をしたのは、ほぼ一年半ぶりかもしれない。

かたくなった頭に詰め込めるだけのものを詰め込み

 

物忘れがひどくなった脳を揺さぶりながら

自分の老眼のために用いた大きなスケッチブックを持って

 

コロナというウイルスについて

 

自己と非自己という免疫のシステムについて

 

マスク着用やガウン着用や

清潔ゾーン、不潔ゾーンの概念など

 

今更ながらではあるが

復習すること、整理整頓することで

少なくとも身近な人を守れる知識をシェアすること

を目指して話してきた。

 

緩和ケアとは離れている内容だが

最近、多くのことを同時にこなす力がなくなっていて

こちらで書いた文章をある方へ渡したいと思い書いています。

 

自宅で大切な方と最後の時間を過ごす。

客観的に考えると、残酷な時間である。

 

共に過ごす時間は大切な人であればこそ永遠であれ

と思うものです。

人は誰しも最後はこの世を離れます。

ですが、愛する人との時間は永遠なれ、とやはり思うものです。

 

とても辛いですが

貴重な時間をどのように過ごすか

答えはありませんが、少しでもお役に立てればと思います。

 

痛みを取ること

ペインコントロールが何にもまして優先すると思います。

痛みは死から逃れようとする人の体のSOS、サイン、

 

それが患者様の意識の最優先であり続ける限り

死という恐怖と対峙し葛藤していることになります。

 

ゼロではないが和らげ、緩やかにするというのが

緩和ケアの意図になります。 

 

そして残り少ない貴重な時間の中で

クオリティーの高い時間をステロイド剤を用いて

導いていきます。

 

会いたい人に会う時間

ゆっくり家族水入らずの時間

ご本人の望まれる尊いひとときを

サポートする側が演出する、という努力も

とても大切な思い出になります。

 

がん細胞は貪欲です。

点滴も食事も健康な細胞へはいかず

がん細胞を太らせていきます。

 

過酷なようですが

緩和ケア病棟ではよほどでないかぎり点滴はしません。

 

患者様と過ごす時間の中で

スタッフが緩和ケアの手を差し伸べるのは

患者様と同様ご家族へのケアです。

 

痛みの棘にもがくご家族の心に寄り添い

ご家族が患者様に寄り添うのをあくまでも黒子として

手になり足になり知識を手助けし

最後まで伴走します。

 

誰かが必ず聞いてくれる

一人ではない

 

大切な人を看取るのにマニュアルはありませんが

看取りたい、という思いは

関わる方々の心を動かし

最上のことを提供しようとする輪になっていき、

ワンチームから、

唯一無二の時間が生まれていきます。

 

少しでもお役に立てればと思い

急ぎまとめてみました。

 

 

飛行機に乗る時、必ず持っていくもの

副鼻腔炎になったことのある人で、飛行機の中で耳が痛くなるって聞いたことがあります。

 

救急隊員の親切な方から教えていただきました。

 

飛行機に乗らないと島の外での用事ができないので、苦手でも何回乗ったことか。

 

離陸後や着陸前、幼子の、あ~、あ~、と泣く声

そうよね、痛いよね。

授乳や哺乳瓶で上体をきれいに起こしてあげて水分を嚥下させてあげるだけで楽になるけど・・・何度も教えてあげられない罪悪感から目を閉じて祈っている。

 

子供たちの骨格はやわらか

大人とはちがう。

 

また大人の中でも私のようなものには、この耳栓はけっこう有効です。

飛び立つ前から耳栓をし、水分はしっかり手の届くところにおいて、以前はのど飴を舐めて唾液が出るようにしていましたが、歯が悪くなっていくのも厳しいなあと最近は水にしている。

 

水分をあげている途中にガタンと機内が揺れて、誤嚥などのリスクから、あまり推奨しないのだろうなあ、ともう数十年飛行機の中で泣きじゃくる子供たちのかわいそうさに、ごめんねえ・・・と都度胸が痛む。

 

自分の子供たちの場合は哺乳瓶で耳の過度な陰圧をやわらげたり、飴はある程度、揺れに驚いても呑み込んだりしない年齢から渡したり、小さなストロー付きのりんごジュースは一番喜んで、耳が痛くなりそうだったらごくっと自分で飲んで、ふだん甘いジュースがまわってこない分、特別感を味わえたり、

私はこの耳栓。

 

最近は耳栓をうわまわる対策を探しているところです。

耳が痛い、が一番遠出の意欲をそいでいる気がして、本気で思案中です。

 

まったく平気、という人がうらやましいです。

友人、知人のほとんどが、平気といいます。

海に潜る時のように、一度、圧をぬくんだよ、と教えられますが、それすらも痛いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedly
  • LINEで送る
カテゴリー
タグ
ヒートショック、要注意です

昼間、外の気温は26度近く、夜は10度に下がり深夜は10度を切るようです。

今日のような日は要注意です。

 

マスク着用が続きすぎて、深呼吸も忘れ浅く呼吸をしている自分に気づきます。

義務付けられているわけでもないのに、外せない。

この3年半で知り合った方々の顔をたぶん自分はわかっていないのだと思う。

相手様もマスクを外したこちらの顔をいきなり見せたらぎょっとするのではないか、とますます外せない。

 

体の摂理的な、つくられたままに暮らした方が健康にいいに決まっている。

伸び伸びと、背中を伸ばして、笑いあって、時々、何よ、と腕叩いたり、

おおらかな生活にまた戻れるだろうか。

 

写真の白い砂浜を部活時代、昔・昔は裸足で走ったように覚えている。

暑いし、砂場は足とられやすいし、今のようにペットボトルもない。

どうしてたんだろう。

 

あの時代もヒートショックって注目されていたんだろうか。

寒風摩擦とか、寒い朝、丈夫そうな年配のお父さんたちがやっていたのをテレビで見たような記憶もあり、心頭滅却すれば火もまた涼し、と喝! を入れられていた覚えもある。

 

時代の移り変わりと共に、気を付けることも変容してきたのが、ここにきて気象の大きな変化に、さらに体の気構えも変わってくるのかもしれない。

 

***

 

丈夫な方々もいらっしゃいます。

うらやましいほどの気の達人がおられます。

 

背筋、首筋、バレーやってたんですか?

と問いかけたくなるほど、ぴんと伸びて、本当にうらやましい。

 

日常の中にコツコツとストレッチを入れていくマメさが自分にはなく、憧れる方々が一日にして成らず・・・というのは、もう十分承知。

 

そして今は裏稼業が主、

表で人と交わり続けた方が健康に美容にいい。

放り出したい・・・ヒートショックの厳しい夜。

明日はストーブを炊きます。オリジナルの鍋にします。

いつものあれか・・・

ちゃんぷるーではありません。

オリジナルの鍋風、

料理、ぶっこみ系が多いようです。

手法はどうであれ、体が芯から温まります。

 

***

 

 

室内に籠る温かさ、これもまた大好きです。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedly
  • LINEで送る
カテゴリー
タグ
ホームPage 1 / 11