カテゴリー:心と体
  • 雨の日はJAZZを聴く

    2021/10/13

    心と体

    雨です。寒いです。コタツを昨夜出してもらいました。雨と言えばJAZZそれに温かい珈琲十分まったりとして用事で外へ出るとなんと向かいの奥様、半そでTシャツ姿で階段 ...

  • ブタクサによる花粉症?

    2021/10/07

    心と体

    子供の目のまわりが赤く腫れ、目も痒い、痒いとここ最近ひどかった。シーツや布団カバーや枕カバーをほぼ毎日替えたり服も一日二回は交換していたが、もしかしてブタクサ? ...

  • 緩和ケア 家での看取り

    2021/09/08

    心と体

    今日は久しぶりにコロナについてまとめたものを持って1時間弱の説明へ行ってきた。コロナ禍で外出をしたのはほぼ一年半ぶりかもしれない。かたくなった頭に詰め込めるだけ ...

  • 萎縮した心も体も

    2020/10/11

    心と体

    冬に備えて萎縮した心と体をゆるーくしたいと方向転換を試みる日々自分にとって何がストレスなのか健康を阻害するものは何か・・・そういうことを改めて考えてみたことなど ...

ホームPage 1 / 11
雨の日はJAZZを聴く

 

雨です。寒いです。

コタツを昨夜出してもらいました。

 

雨と言えばJAZZ

それに温かい珈琲

十分まったりとして用事で外へ出ると

なんと向かいの奥様、半そでTシャツ姿で階段のお掃除

 

私の防寒着姿にギョッとした様子

私も半そで姿に驚いて後ずさりしたが、誰が悪いわけでもない。

 

17℃ほどの短い冬のような季節とほぼ一年中真夏のような所

で生まれ育ち、今日のような気温は私の体感ではもう冬認定。

 

さて、どうする。

秋で体重を落とし基礎免疫力を上げるためにあれこれ想定しているが、

もうコタツを出したし、では様にならない。

 

夕食のあと、歩くぞ、と向かいの奥様の半そでパワーを覚えて

今日も7000歩、確保します。

 

そしてJAZZ

 

 

高校生の頃、部活から解放されて自由な時間が持てた束の間

進学先もたいていが決まり、散っていく寂しさもあって、JAZZ喫茶に

たむろしていたことがあった。

 

5人の時もあれば2人の時もあり、

きれいに焼きあがった厚切りトーストと珈琲で250円

暗い室内でランプの明かりやものすごい数のレコードや時計のコレクション

ピアノがあって、トランペットを時折マスターが誰もいない店内で練習して

いたこともあった。

 

正直、いもねえちゃんだった私たち

よく入れてくれたなあ、と今では不思議に思うほど店内の客は大人ばかり

それもたぶんJAZZがわかる人たち?

 

マスターは日野皓正さんを呼んだり、ナベサダさんを呼べたりできる人

なんだと、とわかったふうに話していたけれど、

場違いなところでよくまあ、女子高生数人で250円でたむろしていたもんだ

と、行くことになったきっかけがどうしても思い出せないが、凄く貴重な思い出

です。

 

卒業する前

私服で一人で行ってみた。

かっこつけて行ったのか、これももう覚えていない。

初めてマスターが声をかけてきた。

進学先を聞いてきたのでこたえると、店を出る時、メモを渡してくれた。

進学先の近くにあるJAZZを生演奏で聴けるお店の名前と地図が書かれていた。

 

進学先で学業が落ち着いた7月頃、そのお店に行った。

外人さんばかりで演奏者も日本人が一人もいない。

そもそもぽおーとしたいもねえちゃんが足を踏み入れるような場所ではなく

今度こそほんものの場違いだと自分でもさすがに気が付いた。

 

学生?

とトランペットを吹いていた黒人の青年に声をかけられ

どういう勉強をしているのか、と問われ、

なんちゃって英語でほぼジェースチャーでこたえたら、

「日本語教えて、僕、英語教えるから」

と自己紹介をしてきた。

 

早口の英語にきょとん状態の私に、待っていてよ、と奥から

店のオーナーだろう日本人男性を連れてきて通訳を頼んでニコニコと

話が成立したように満面の笑顔

 

○○さん? 

Mさんからよろしくって電話もらってるよ、とオーナーは

いらっしゃい、珈琲ね、と煎れてくれた。

うちはトーストはないぞ、と、少し恥ずかしかった。

 

兵役が終わったら医学部へ進学するんだという、語学勉強のシェア

を申し込んできたJさんと、時間が合えば、オーナーの好意でお店の

隅で勉強をするようになった。

 

トランペットの音やピアノの音が響く店内で書いたり、聞こえない発音を

繰り返したり、

 

Jさんはみるみる日本語が上達していった。

私もニュアンスを伝えるジェスチャー力が上がった。

 

オーナーが主催したJAZZコンサートを手伝ったこともあり、

ポスターを貼りに出かけたり、ちょっと有頂天な日々が続いた。

楽しかったが、やがて地獄と呼ばれる実習、実習が続くと当然行けなくなり

そうこうしている間にJさんは帰国してしまった。

 

正月休み、帰省した際にマスターMさんへ珈琲カップのお土産を持って

お店をたずねた。

 

一人用の大人席に案内されて

まるでJAZZがわかるようなポーズだけは上手になっていたので、

かっこつけて座った。

マスターもすっかり誤解してハードルを上げて話し込んできたが、

 

なんだ、まだガキか・・・とものの数分で見抜いて、

まだあそこだな、と笑いながら昔の席へと仕切り直し

 

向かい合って座ると、

Jさん、帰国する前に遊びに来てくれたよ、と

きみのこと、ハーフ(黒人と日本人の間に生まれた子)

だと思っていたようだよ、と

英語が話せないのは可哀そうだと思ってきみに英語を教えたと

話していた、というのだ。

 

動機はそれ? 人の心の中は話してみないとわからないんだな、と驚いた。

住所、預かってるけどどうする? 

というので、もらって帰ったが、英語で手紙を書く能力がなかったことと

学生生活の地獄ぶりに、忙殺されてそのままになってしまった。

 

雨が降る日に聴くといいよ

 

マスターもJさんもオーナーも同じようなことを教えてくれたので、

今でも雨が降るとJAZZを聴きたくなる。

 

心だけは年を取らないのかもしれない。

そんなことをまったりしながら思った。

 

 

今日の珈琲タイムは、

コインランドリーで洗濯物が乾燥し終わるのを待っている間、

車中で、これをいただきました。

 

7カフェ ホットコーヒーR
(セブンカフェ:https://www.sej.co.jp/products/a/item/140073/より)

 

  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedly
  • LINEで送る
カテゴリー
タグ
ブタクサによる花粉症?

 

子供の目のまわりが赤く腫れ、目も痒い、痒いとここ最近ひどかった。

 

シーツや布団カバーや枕カバーをほぼ毎日替えたり

服も一日二回は交換していたが、もしかしてブタクサ?

 

人気のない所、山道や川沿いを探しては土を踏むのが良いよ、と

足裏を鍛えたり足指をバラバラに動かしたくて、

ここ最近はまりにはまっていた散歩、なによりダイエットのため

 

草がぼうぼうと生えていて

調べたら、やはり今年は例年以上だとあった。

 

感染予防対策で帰宅後シャワー、服も全部洗濯していたので

それが花粉を少しは持ち込まずにいたのかもしれない

ほっとしたり、ぞっとしたり・・・

 

 

花粉症のない地域で育ったので、私はまだ花粉症デビューしていない。

子供の症状を花粉症だと気づくのも遅れてしまい

改めて散歩コースを見直そうと思いました。

 

それにしても人の出が少ないと草が伸び放題

それだけ多くの人がスティホームを頑張ってきたんだな、と

思います。

 

映画も観たい

芝居も観たい

高嶋ちさ子さんのコンサートへも連れていってあげたい

 

草がぼうぼうの中を土踏んで、足鍛えて! と励んでいたここは東京

田舎暮らしだった時の野生の勘が冴えわたって気持ちがいいな、

と少し調子に乗ったところでショボン

 

バランス・・・ですね。

 

原因がわかったので

くしゃみや目の痒さがきても、コロナ? という不安に

持っていかれない、というのは有難い。

 

人気のない緑の森の中でマスクを外し深呼吸をする

ただそれだけを求めて歩き続けていたが、

まだまだ住環境に適応するための勉強、続きます。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedly
  • LINEで送る
カテゴリー
タグ
  • 心と体
緩和ケア 家での看取り

 

今日は久しぶりにコロナについてまとめたものを持って

1時間弱の説明へ行ってきた。

 

コロナ禍で外出をしたのはほぼ一年半ぶりかもしれない。

かたくなった頭に詰め込めるだけのものを詰め込み

 

物忘れがひどくなった脳を揺さぶりながら

自分の老眼のために用いた大きなスケッチブックを持って

 

コロナというウイルスについて

 

自己と非自己という免疫のシステムについて

 

マスク着用やガウン着用や

清潔ゾーン、不潔ゾーンの概念など

 

今更ながらではあるが

復習すること、整理整頓することで

少なくとも身近な人を守れる知識をシェアすること

を目指して話してきた。

 

緩和ケアとは離れている内容だが

最近、多くのことを同時にこなす力がなくなっていて

こちらで書いた文章をある方へ渡したいと思い書いています。

 

自宅で大切な方と最後の時間を過ごす。

客観的に考えると、残酷な時間である。

 

共に過ごす時間は大切な人であればこそ永遠であれ

と思うものです。

人は誰しも最後はこの世を離れます。

ですが、愛する人との時間は永遠なれ、とやはり思うものです。

 

とても辛いですが

貴重な時間をどのように過ごすか

答えはありませんが、少しでもお役に立てればと思います。

 

痛みを取ること

ペインコントロールが何にもまして優先すると思います。

痛みは死から逃れようとする人の体のSOS、サイン、

 

それが患者様の意識の最優先であり続ける限り

死という恐怖と対峙し葛藤していることになります。

 

ゼロではないが和らげ、緩やかにするというのが

緩和ケアの意図になります。 

 

そして残り少ない貴重な時間の中で

クオリティーの高い時間をステロイド剤を用いて

導いていきます。

 

会いたい人に会う時間

ゆっくり家族水入らずの時間

ご本人の望まれる尊いひとときを

サポートする側が演出する、という努力も

とても大切な思い出になります。

 

がん細胞は貪欲です。

点滴も食事も健康な細胞へはいかず

がん細胞を太らせていきます。

 

過酷なようですが

緩和ケア病棟ではよほどでないかぎり点滴はしません。

 

患者様と過ごす時間の中で

スタッフが緩和ケアの手を差し伸べるのは

患者様と同様ご家族へのケアです。

 

痛みの棘にもがくご家族の心に寄り添い

ご家族が患者様に寄り添うのをあくまでも黒子として

手になり足になり知識を手助けし

最後まで伴走します。

 

誰かが必ず聞いてくれる

一人ではない

 

大切な人を看取るのにマニュアルはありませんが

看取りたい、という思いは

関わる方々の心を動かし

最上のことを提供しようとする輪になっていき、

ワンチームから、

唯一無二の時間が生まれていきます。

 

少しでもお役に立てればと思い

急ぎまとめてみました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedly
  • LINEで送る
カテゴリー
タグ
萎縮した心も体も

冬に備えて

萎縮した心と体を

ゆるーくしたいと方向転換を試みる日々

 

自分にとって何がストレスなのか

健康を阻害するものは何か・・・

 

そういうことを

改めて考えてみたことなど一度もありませんでした。

 

本能的に、

逃げたい時には逃げ、

戦う力がある時には立ち向かい

 

死んだふりができる状況ならただただ無になろう

 

***

 

 今年しなかったことを書きだしてみようと思います

 

1 映画館へ行っていない

2 外食をしていない

3 旅行・遠出をしていない

4 食品以外の買い物をしていない

 

まだまだ書けそうですが、これだけでも消費をしていないことが

わかります。経済をまわすことへの貢献度が低い

テイクアウトも頑張って利用しましたが、続かず・・・

 

 

普通の暮らしを取り戻す、リハビリはけっこう大変かもしれません。

無条件に本能的に好きだったことから手繰り寄せてみようと思います。

 

 

腹式呼吸をノルマ化して

横隔膜の筋トレをしています。

 

歩かなきゃ・・・

と足の筋肉低下は焦りますが

呼吸に関係する筋肉、落ちてる・・・

とは、なかなか意識しないので、

会話や歌うことや

自然の美味しい空気を吸う機会が減っていることを念頭におき、

 

鼻で吸って、おちょぼ口で吐ききって・・・

と、長期入院の患者さん向けのリハビリのようなことをしています。

 

人と交流しない

十分リハビリが必要かもしれません。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedly
  • LINEで送る
カテゴリー
タグ
ホームPage 1 / 11