パンくずリスト
  • ホーム
  • 日記・コラム・つぶやき
カテゴリー:日記・コラム・つぶやき

 

今日の珈琲タイムは和食屋さん

 

「お久しぶりです。お元気でしたか」

と声をかけられて、覚えて下さってありがとうございます

と言うと少し涙ぐんでおられた。

 

2019年の12月、英語圏に住む姉が帰国したので案内したのが

最後だったようで、お店の人の方が覚えていた。

年明けからコロナ禍で、そうだ、あの頃まではこうして伸び伸びと

外食していたんだ、と思い出した。

 

お店も大変だっただろうな、と改めて思いました。

店内のお客さんもマスクで黙食で気配がないほどマナーが良く

おかげさまで安心して美味しい日本食を楽しんできました。

そしてここの食後の珈琲がなんとも美味しいのです。

私の口によく合うので、コロナ前は、月に4・5回は通っていました。

 

お姉さま、お元気ですか?

と一度しか来店したことのない姉の国の様子も聞いて下さり

早く行き来できるといいですね、と温かい。

 

思えば、コロナ禍前は、外食にもよく出かけていた。

美味しいスイーツも食べていたのに体重は若い頃と変わらなかった。

それが免疫力をあげるぞ、と作りに作った私の料理のみの顛末とスティホームで

15㎏増・・・って、ある? 

 

ナチュラルな暮らしがなんてありがたかったのか、今更ながら感謝

コロナが落ち着いたら

海外旅行へも行こうね、と家族で話し合っている。

家族と海外旅行へ行ったことが一度もないことに気づいたのも

正直立ち止まったからで、それも不幸中の幸いかもしれない。

 

真面目で一生懸命な店員さんの優しさに経済まわさなきゃ、ね

と市井の人ながら本気で思いました。

「踏むなよと 浜に敷かれし 花香り」

 

誰もが一生懸命生きている

気づかずに踏んでしまっている花もあるかもしれない。

花の香りに気づける感受性は大事にしていきたい、と思う。

 

一人きりでは生きていけないし

生きている意味も感じられないし、

家の中ばかりは寂しいです。

人は人の中にあって、生き生きと言葉を交わし、

 

やっぱり外の空気を普通に吸える社会が早く来たらいいな、と思います

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedly
  • LINEで送る
タグ
恩人に物が送れない

 

本来なら車で郷里まで一泊予定で移動し

新米を購入し、そこから忘れてはいけない恩人へ送る

 

だがコロナ禍でそれができない。

今日は近くの道の駅でいいものがあればと車で出かけたが

恐ろしいほどの渋滞に諦めて

自宅近くで食事をして帰ろうということになった。

 

緊急事態宣言下で閉鎖されている公園へ食事の後立ち寄ると

条件付きで開いていたので

そこで食事のあとの珈琲タイムをした。

 

本当にありがたい気分転換の時間

 

そのあと

少しだけ時間が閉門まであったので散歩をして

ダイエット中の意識を維持して帰宅した。

 

私には恩人が何人もいる。

 

その中でも命にかかわる恩人の中の恩人が三人いる。

 

二人は体の主治医で

どんなに遠くても受診に行くほど信頼している。

もう一人は

私の物語の主人公になってくれた方だ。

 

どんな時でも

三人ともブレない人としての徳がすごいことと

仕事に対する姿勢、

人生が誠実なところを

リスペクトしていて、

私は死ぬまで彼らを覚えていたいと思っている。

 

もちろん他にもまだまだいらっしゃるが、

年齢と共にあらゆる情熱が落ちていき

今できることのギリギリがここかな、という寂しさ

 

若い頃は

あらゆる人との交流があり、

どなたも大切で、時間があればどこまでも付き合いたい

という、私は人好きでもあった。

 

でもだんだんとあらゆることに対する能力が落ちていくのは否めない

 

主治医のお一人は

私の命を救い、私の家族を結果救った方

 

彼が点滴に足す処方は私の苦しみを必ず取ってくれる。

天性のドクターだと思う。

私の看取りをお願いしているが、年齢が近いこともあり、

勘弁して、

と言われているが、しつこいこちらの申し出に

わかったよ、でも競争だよ、ぴんぴんコロリだよ、と約束してくれた。

 

私のもう一人の主治医は歯科医師

私は彼以外のところで治療を受けることができない。

彼が加齢で医師を辞める時には全部総入れ歯でいい、と思うほど

 

バカなことを言わずに

メンテナンス頑張れよ、というところだと思うが

怖がりで弱虫の私が唯一

治療中、寝落ちしてしまいそうになる名医

 

主人公になってくれた恩人は

母を我が家に引き取って

看取ることになった時

 

世話を始めて数週間経ったころ、

急に

母はもうすぐこの世からいなくなるんだ、と怖くなり

心がどうしようもなく乱れて

思い悩んだ時、彼女に電話をかけていた。

 

とても忙しい人なのに

国道のわきに車を停めて電話を取ったことなど微塵も感じさせず

わずか5分で私の呼吸を落ち着かせていた。

看取りのプロ中のプロだと思っていたが

ただものではなかった。

 

たくさんの恩人がいる。

 

子供に関する人をあげれば

数えきれないほどいる。

 

外出もままならないで結局Uターンしたあとで見た

都会の片隅のいつもの公園で花が一輪目にうつった。

汚れた葉っぱに囲まれて、凛として咲いていた。

 

皆がそれぞれの場所で頑張っている。

頑張れ、頑張ろう・・・

秋晴れの日なのに寂しいです。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedly
  • LINEで送る
タグ

 

お盆は帰省できないので、リビングに両親の写真を飾り

ままごとみたいな気持ちお盆ですが、

何もしないよりはましかなと、迎えることにしました。

 

リビングのカーテンも戸締りの時間までオープンのまま

天国は一つだから、東京広いけれど

カーテン開けっ放しの家なかなかないから

見つけやすいよね、

迷わないよね、と声かけながら食事も供えていこうと思います。

 

おじいちゃんへ供えたビールは

長男が供えたあと飲んでくれる役割だったが

今年も会えず・・・

コロナ禍でもう二度目の盆休みが・・・

 

社会の最前線で戦う子供たちを応援してね、

と天国の先祖へもお願いしようと思います。

 

暑い暑い夏の夜ではありますが、

トリ鍋にしました。

そして水素風呂です。

 

クーラーで冷え切った体を芯から温めなおして

新陳代謝のための睡眠時間のクーラーつけっぱなし

との中間、体メンテナンス。

 

少し油断した昨年

マスク着用下で不整脈に襲われた真夏の恐怖体験を

教訓に予防に努めています。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedly
  • LINEで送る
タグ

 

2020年、「珈琲タイム」を読んで下さった皆様、

誠にありがとうございました。

コロナ禍で大変な一年でしたが、

新しい年が皆様にとりまして、良い年となりますよう

心からお祈り申し上げます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedly
  • LINEで送る
タグ