パンくずリスト
  • ホーム
  • 子育て・教育
カテゴリー:子育て・教育
天国ってきっとこんな感じなのだろう

 

 

 

 

旅の途中、お世話になったお宅で

いつも料理を頑張っているお母さんにつかの間の休憩を、

そしてちびっこたちや、

お父さんやお兄ちゃんやお姉ちゃんたちにも喜んでもらおうと、

その家の中堅、料理のプロを目指す高校生女子をアシスタントとして指名し、

大家族の夕飯づくりに挑ませてと申し出た。

 

 

 

OKが出たので、さっそく善は急げ、と話が決まるとすぐに、

お兄ちゃんと幼稚園生の弟とを伴い、

私と子供の5人で買い出しへ向かった。

 

料理はまずは素材選びからだよね、と

 

おばちゃんは、手抜き料理・時短料理しかできないので

プロを目指す人が見習う相手じゃないと思う

 

お母さんを休ませたい

ピンチヒッター(古い)で、私がつくります、という時の参考に

なるのなら、とあれこれ言い訳しながら、結局自分が作りなれている

いくらなんでも・・・という、鍋にした。

スープは売っているのから選ばせて、好きなものなら文句は出まい・・・

そして牛丼とサラダをつくることにした。

 

大人はずるい

 

 

お肉は奮発した。

素材がよければ腕なんぞほぼほぼ影響しない。

女子高生にまだまだ見抜けるわけがない。

 

時短のうんちくを説明しながら鍋の材料を切ってもらう。

スープに入れるだけだが、時短のコツもそれらしく教えていく。

買ってきて入れてるだけやん、と高校生はけして言わない。

牛丼、玉ねぎ、にんにく、肉と炒めるだけ・・・

 

「はい、はい」

と授業中のような清々しい返事にこころ洗われながら

アシスタントはお兄ちゃんにしてもらい、

ちびっ子たちは子供に手裏剣折りを教えてもらい夢中にさせて

心配するお母さんは立ち入り禁止にして、

楽しい時間はあっという間に過ぎ、

 

子供にうけるワケない鍋も牛丼も自己満足で提供して

用意してくれた場所でくつろいでいると、コンコンとノックがする。

お兄ちゃんが、「妹がお礼にくるみパンを焼いたので」と持ってきた。

 

嘘でしょう?

めちゃ美味しい。

初めて焼いたというくるみパン。

クオリティの高さに、いや、本当に申し訳ないことをしてしまった。

世の中のあざとさも勉強しておかないとね、とアハハとお礼を伝えた。

プロを目指す人、相手に本当に申し訳ない、謝っていたと伝えてね、と。

 

そしてその夜

女子だけを集めてちょっとした塾と称して結婚や恋愛などの話をした。

細胞は型を覚える、と

何故、大事な将来面倒みてくれる確実な男性・夫というものにだけ

性生活をゆだねるのかを、マシンガントークで話すこと、2時間

 

一期一会になりそうなこのご時世

けっこう全力投球で話した。

 

こういう変なおばちゃんの話を真に受けて聞いてくれてありがとう

と、半分反省しながらその日は熟睡した。

 

朝、起きたら、えらくうけていたとお父さんから教えていただいた。

 

料理の時短のコツも面白かったと喜んでいたというので、

東京に戻った今もホームシックが止まらない。

また同じようにおもてなしを受けたい、図々しさがやっぱり止まらない。

 

天国にいる時間ってたぶんあの時間のようなのだと思う。

幸せって、あの時間のことをいうのだと思う。

 

会いたい。

あそこに居たい。

 

 

 

グダグダになりそうな自分を、頑張れ、あそこへ行くんだ、

と励ますために書いてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedly
  • LINEで送る
カテゴリー
タグ
アメイジンググレイス

 

 

奇跡の連続

寅は一夜にして千里を走り千里を戻る勢いや飛躍があり

2022年というエンジェルナンバーには、それを確実にするという意味があり

 

思い込みも時には大事かもしれない。

 

年明けからコロナ禍で萎縮した低刺激な自分をノーマインドにして動いてみた。

 

南国滞在中は奇跡の毎日だった。

東京へ戻ると、今度は毎晩、不思議な夢をみた。

 

移動や滞在などでの出費や次への予算を計算していたら

子供が私の財布を静かに引き出しから出している。

 

なにをするんだろう、と見ていたら

自分の本日もらった工賃(給料)の千円を私の財布へ入れた。

電卓を打ってノートに記録をして、それから持ってきただろう千円

一か月の工賃の1300円、そのうちの千円をこそっと入れている。

 

ダメよ

というと、一緒だからという。

 

あなたの大切な働いて得た給料をまぜてはだめだよ。

 

 

私たちは一緒だからと、互いを指さしながら、部屋へ戻っていった。

 

急に涙があふれて

子供を抱きしめにいった。

 

ごめんね。

心配かけているんだね。

大丈夫、大丈夫。

 

新しく部屋を探そうと不動産会社と電話をしている様子を連日見ていて

力になろうと思ったらしい。

 

それを聞いて

迷いに迷っていた心に啓示のような決断が降りて来た。

 

20年前に逃げた道があった。

 

そして聖書のヨナ書を開いて読んだ。

そこに答えが全部あった。

 

人生は一度きり

何のために生まれて何のために生きるのか

 

子供の工賃を入れる姿に胸が締め付けられなければ

私はまだまだ自分勝手であり続けたかもしれない。

 

ハンディキャップってなんだろうか

この子の仕事もそれなのだろう。

私は社会とのつなぎ、サポートをやれってことなのかもしれない。

 

 

二人で一緒か・・・

 

2022年2月22日22時22分

2は証しの数字だという。

神様はご自身より優れた方はおられないので、ご自身を指して誓われた

ところから、2をそう意味づけるらしい。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedly
  • LINEで送る
カテゴリー
タグ
命がけだが、会いたい

 

 

悩みに悩んで第6波で大変な南国へいよいよ週明け移動する。

 

幸い郷里は本島ほどではなく、本島への移動も考えていたが様子見

 

いざという時、子供は友人へ頼み、私は応援としていつでも現場へ

入れるよう、体を慣らしたり、シュミレーションしたりと、前回の帰省は

深刻な思いで挑んだが、

 

今回は、重症化の症例が少ないというので、

感染に巻き込まれないよう、ひたすら田舎生活で、土・動物・植物・海・山

と、人と会うのは想定していない。

隠居生活に近い移動先での生活をイメージしているので、ちょっと早すぎるよ、とバカにされている。

 

とにかく私は神経質

そして大げさ

過保護でもある。

 

よくからかわれるが、性分はたぶん死ぬまで治らない。

 

上の子たちは、過保護の行き過ぎ親から上手に逃げて(巣立って)いき、

今では既読なしのスルーがあたりまえ。

過保護親の情熱は、下の子たちへ全集中

 

もういいかげん自分の好きなことをやればいいよ

と、こちらも逃げられるかもしれないが、

死ぬまで子離れできない、しないと自覚しているし、子供たちも諦めてほしい。

 

私の母は、子どもが巣立った後、

寄ってくる若い人をどんどん家へあげて、

すっかり仲良くなり楽しく過ごしていた。

 

母の母・祖母は、死ぬまで、長男を思い

ああ、わたしはたくさん子供を産んだ気がするけど、あれは夢だったかなあ

と、認知症の症状の隙間に本音をぶつけていた。

 

わたしたちはあなたの娘ですが、

母と叔母が、毎日、顔見てるじゃない、と言っても、一人息子恋しさに、

老後を寂しい、寂しい、と亡くなるまで言っていた。

 

たぶん私は祖母のパターン

母を見習いたいけれど、

もうすでにばあちゃんと同じセリフを言うようになった。

 

どこかでスイッチを入れなおしたくて

今回も過保護に挑みに行くが

 

友人たちからいいアドバイスもあったので、なるほど、この手があったのか、と

そういう案にものってみることにした。

 

東京で走り続ける子供たちが電車に乗ってわざわざ親のもとへ行くと思うか?

休みが続いたら私だったらリゾート地に行きたい。

 

想像してごらん

 

友達がそっち行きたいっていうから、お母さん時間合わせられる?

案内できる?

で、ニーズが生まれ、だんだん近づいてくるんじゃない。

過保護もおもてなしへ転じると、いいかんじじゃない?

 

実際、私たちの年代って、おもてなしで、みんな忙しくしているよ。

 

うんともすんとも言わない子供たちが寄ってくる。

そうか・・・

そういうことか・・・

 

コロナ禍が邪魔をする、うーん、厳しいねえと言うと、

 

えっ?

だからいいんじゃない。一棟貸しだよ。

あんたんち、無駄に広いでしょう?

その時だけ隅っこに寄って暮らせばいいじゃん、一棟貸してごらん。

あっという間に子供たちからの株上がるから

 

そういう話に乗せられて本気で何の保証もないのに掃除する気満々で

命がけで移動を試みる覚悟でいる。

 

こっちではさ、

いつでも役立てるよう、念のため、仕事の免許証も持ってきた方がいいよ。

 

・・・

・・・

 

誰もが心の中でウイン・ウインで生きていきたいという思いがある。

子供たちだって、友人たちだって、私だって・・・

 

今日はお肉にした。

 

2019年にインフルAに罹って肉が食べれるようになった。

体力をつけて、さあて動き出すぞ、寅年だもの、と

 

雪景色に月夜が映える。

 

 

珈琲タイムしながらシュミレーションしている。

神経質で臆病なのだから予行演習はいつものこと、仕方ない。

私流、私流と自分を励ましてみる。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedly
  • LINEで送る
カテゴリー
タグ
東京は案外緑が多い?

 

 

 

一つのことしか取り組めない私

 

最近は、散歩、散歩、と歩いて歩いて歩数を記録することに夢中

 

夕食のあと、家の周りを三周すると6000歩になるので、

昼間の空き時間はできるだけ車で出かけて景色を楽しむ散歩へ

 

せっかく免疫力があがるように、健康管理ノートの記載を始めたので

「笑うこと」

「楽しく歩くこと」

「馬肥ゆる秋の旬でも美味しく痩せること」 

 

そして感染予防を引き続き緩めないこと

 

と、目標を掲げてもうすぐ一か月

雪でも降ると今のように歩けない

ショッピングモールなどは、コロナが再流行すれば歩けない

 

今が一番体力づくりに向いている季節であり

チャンスだと思うと、人気の少ない場所を探しては毎日散歩

 

備えの二か月、と10月、11月を貴重に思い丁寧に記録する。

記録?日記?

気持ちを書き込まないのでやはり記録手帳か・・・

 

 

 

もう40年近く習慣が続いている記録手帳、

その手帳がある時、一人の医師を助けたことがある。

 

24歳の時、仕事を記録していただけの手帳が当直の医師を救った。

あれ以来、その日あった事実だけを記録する、をやっぱり続けている。

 

心の動きまでを足して記すと、

事実だけが欲しくて遡って読む時の邪魔になりそうな気がして、

断捨離でほとんどモノのない我が家の本棚に

もう何代もの記録だけ手帳が置かれている。

 

子供も真似てまとめノートをもう何年も続けている。

こちらはディスリ・ノートとスタッフさんたちから呼ばれている。

 

登場人物は、

フルネームで、

日常にあったことを自分の視点から細かく書いている

感情盛りだくさんである。

ハンディキャップがあるので誤字もあるが、だいたい意味が読み取れる

 

スタッフは怖くて読めない、と皆さん笑いながら話す

 

母親のことは最後の砦なので、めったにディスらないが

それでも意見が食い違ったな、という日に読んでみると、怖いし

思い切り刺さる。

 

その方法でこの子はなんともユニークな存在で多くの人に

愛されている。ぶつからない人間関係の達人なのだ。

 

言い分をしっかりその日のうちに吐ききって、

状況も詳細に記して同じ状況に陥らないようその日で学習する

 

偉いなあ

と、自分の言い分のままにならない人生

自分で選び取ったわけでもないのに、ごめんね。

 

 

ハンディキャップのある世界で限られた日常の中で

多くを吞み込んで生きている。

 

多くの人の助けがないと暮らしていけないから誰も怒らせないし

誰も敵にまわせられない。

ぶつかるわけにはいかないが、受け取るだけでは自分もまいる。

 

 

そういうことを思い始めると

ディスリノートがなんとも気高く読めてしまう親バカである。

 

この子のために

生涯健康で動ける体でいたい、と

コロナ禍で改めて気づかされた次第

 

散歩、散歩は、目的が明確になった今ではとても楽しい

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedly
  • LINEで送る
カテゴリー
タグ