パンくずリスト
  • ホーム
  • 文化・芸術
カテゴリー:文化・芸術
石原まさしさん 続き

 

昭和歌謡を若い方が伸びやかに歌っています。

とても素敵な歌声です。

上京したて、

昔も今も地方から夢を追い求めて花の都・東京へ若者が上京してきました。

 

勢いがありました。

今もあります。

外国の方々も増えました。

勢いがあります。

 

時代が新しいうねりをもって激しく動いているように感じます。

頑張れ、兄ぃ兄ぃ!

 

***

 

東京ある、ある、ですが、

静かな柔らかな物腰し、そのスマートな仕事ぶりに底力を感じた瞬間、そんな東京人に向かい合っていると感じて臆した瞬間、

何度も故郷に帰りたい、と泣きそうになりました。

 

ところが東京出身者は一握り

親の代などを遡れば上京組がほとんど。

 

みな始めがありました。

頑張れ!

シュッ(おばちゃん語で鍛えられてあか抜けて根を上げた時があったとしても結果投げ出さなかった人。自分に勝った人?)とした人になれ、若人よ。

応援しています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedly
  • LINEで送る
カテゴリー
タグ
石原まさしさん 同郷の若手歌手

 

尊敬する先輩の誕生日なので、電話をかけた。

お忙しい方なので、マシンガントークにならないよう注意しながら、

 

***

 

あなたの若い方応援記事、読みました。

ぜひ、この方も応援して、まだ上京したてだと思うのよ、コンサートがあったら是非行ってね、と。

了解です!

石原まさしさん、まだまだ南国なまりがおばちゃんと同じくらい残っているけれど、若いからすぐにあか抜けていくと思います。

高校三年生、地元の祭りで、兄ぃ兄ぃになる前なのに、頑張っています。

歌も上手でイケメンで、島のおばあたちに推されているピユアさも残しつつ、若いファンがたくさん生まれてくるよう、多くの方々に愛される歌手に育っていくよう応援しています。まずは歌、子供と二人、聴きにいきたいと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedly
  • LINEで送る
カテゴリー
タグ
真田広之さん 何故か泣いてしまう動画

この動画を観るといつも何故だか泣いてしまいます。

同世代です。

俳優界のレジェンドです。

 

 

パイオニアです。

ラストサムライです。

将軍です。

前へ、前へ、前へと、泣いてしまうのですね。

観ていると。

言葉も文化も違う圏の人たちへ、届け、届け、と・・・

泣いてしまうのです。

 

初心にかえるのです。

おまえは一生懸命生きたのかい、と問う自分の心に、琴線に触れるのです。

一生懸命、それをやってきたのかい・・・泣いてしまうのです。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedly
  • LINEで送る
カテゴリー
タグ
木造長屋三階建ての泊宿

 

 御礼までに、

「緩和ケア病棟」 拙本はバレンタインディのちょうど最中だったからか、配達先不明で残念ながら二度も戻ってきてしまいました。

 教えて下さった皆様、誠にありがとうございました。

 拙本にとっては力及ばずで残念な結果ですが、これからもますます横浜流星さんを応援してまいりたいと思います。ファンの皆様に心から改めて感謝申し上げ、ご報告となれば幸いです。ありがとうございました。

  

 *** 

 

(過去記事より)

 

大昔の話で写真は焼けてしまってないのだけれど

と、伯母から、月夜の下で聞いた話

 

私が珈琲を淹れてカステラ一切れを添えて、庭に置かれた椅子で

伯母をもてなした時のこと

 

この家は昔ね、三階建てだったんだよ

一階が馬小屋

二階が母屋

三階は客人が泊まる部屋

 

竹で編まれた縁側の先に、芭蕉に包まれた餅や燻製された蛸や烏賊が吊るして

あって、客人がいつでも食べれるようにしてあったらしい。

 

馬小屋では客人の馬が休んでいて、

客人をとても大切にするという風習があったらしい。

 

お金をとるお宿ではないので

子供がいなかったからできた話だ、と祖父母のことをそう叔母は話していた。

 

旅の人は神様の使いのような

村以外の知恵が行きかうわけだから、

今のようなTVやネットや電話ができるような時代ではないのだから

聞いていて、とてもロマンティックな気分になったのを覚えている。

 

門の入り口に今でもあるジャスミンの花や桃の木は

当時もあって、お茶になり、おやつだったりしたらしい。

 

泊まることで、

食も一緒にすることで距離も近くなる。

一期一会ばかりだっただろう時代

海を渡ってきた人が束の間の荷を解いて、心を休めて

また荒波を渡って、それぞれが目的地へ帰っていく。

 

「もう帰るの?」

 

今でも帰るとなると、ものすごく互いに切なくなる島を離れる時の誰もが口にする言葉

当時は今生の別れ、気を許しあった分、船出を見送るのは相当辛かったのかもしれない。

 

 

今では飛行機でいつでも飛んで会いに行ける。

それでも海外のような遠さを感じるから、

「もう帰るの?」 は今でも常套句

 

大昔の匂いがするような会話をしてくれる先輩はもうみな本当に旅立って誰も残っていない。

そう思っていたら従弟との久しぶりの会話で蘇った。

その懐かしさを再現しようと頑張っている様子だ。

私は文章で、彼は居場所で

よほどマレビトが残していった文化の残り香が心地よいのだと思う。

少しづつ文字起こし、始めています。

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedly
  • LINEで送る
カテゴリー
タグ