カテゴリー:出版
  • 春一番

    2024/02/15

    出版

    今日春一番が吹いたようですね。♪はるが来たら恋したりきどってみたりしてみませんか♪キャンディーズの春一番を口ずさみたくなりますね。子供がすぐにYouTubeで調 ...

  • 主人公は横浜流星さん 続き

    2024/02/09

    出版

    「緩和ケア病棟」という病院ドラマの主人公に、俳優の横浜流星さんがいい、という記事を書いたら、一日で大勢の方から反応をいただきました。横浜流星さんが俳優として多く ...

  • 主人公は横浜流星さん

    2024/02/08

    出版

    「緩和ケア病棟」が医療従事者へ少しづつ配本できるようになり、聞こえてくるのは「映像化」を望む声コロナ禍、地震、水害・・・自身の身を保ちながら他者を助けていく力の ...

  • それぞれの神

    2023/11/15

    出版

    御獄(ウタキ)のことをヤマともいい、ヤマを抱き守る女を神司(カンツカサ)ともいう。口伝(くちうつし)で新米神女を誕生させる儀式を、ある地域では獄抱(ヤマダキ)と ...

ホームPage 1 / 11
春一番

今日春一番が吹いたようですね。

 

♪はるが来たら恋したりきどってみたりしてみませんか♪

 

キャンディーズの春一番を口ずさみたくなりますね。

子供がすぐにYouTubeで調べて歌っています。

明日の昼食後の歌披露でチャレンジしてみるそうです。

 

 

今日はTシャツ姿の人も見かけました。

私のダウンコートの横で信号待ちです。

もう恥ずかしい気持ちもとうに薄れてしまい、今ではあまりの堂々ぶりに

自分でも天晴なおばちゃんメンタリティに嬉しくなってしまいます。

 

今のメンタリティと若い時の体力・情熱が同時に持てていたら全く別人生を歩んでいたんだろうな、と思います。

 

18歳の時、父親に強制された進学先が嫌で寮を逃げ出し、姉の住んでいたアパートに駆け込んだ。親から追い帰せ、と命令があったようですぐに追い出された。

 

寮は遠く戻る気もなく、当時の幼いメンタルを想像するに、たぶん生まれて初めて親に逆らった路頭に迷ってもいい、くらいの覚悟の末の行動だったのだと思う。

アパートの下に段ボールを集めて寝場所をつくっていたら姉と住んでいた従妹が姉が外出したのを見はからってトイレや洗面所を使わせてくれ、おにぎりを急いで作ってくれ食べさせてくれた。だがそのあと、叱られたのだと思う。

本当に路上で寝る羽目になった。

 

翌日、段ボールの前に十数人の友人が来て、さんざん説教され、しまいには強制的に寮に連れ戻された。

一人の学生にどれだけの予算が組まれているのか、知ってやってるのか。

おまえのせいでこっちもギリギリきついのに士気が下がる、連れ戻すつもりはない。きちんと手続してからやめろ、厳しい説教は親友からだった。

田舎から出てきたばかりの世間知らず。張りつめていた一晩の段ボールの寝床の負債は大きく、すぐに折れて親友の言葉に頷いた。

抱いていた夢が漠然としたまま遠くへ消えていった。

 

***

 

若い時に自身の人生の方向性が定められる人は幸いだと思う。

人生って本当にあっという間だと感じている。

好きに伸び伸びと生きた方がいい。結果は悪くても良くても刈り取りは自分に返ってくるのだから。

 

***

 

若い方々への応援歌にならない本はいいかな、とどんどん視点も定まってきた。

毎回会う方々を変えて南国行きを予定しているが、次回のスケジュールを組んで

真剣勝負の自分の心に泣きそうになって、春一番を私も口ずさんでみた。

 

恩送りというそうな。

焦っている自分をなだめる。

たくさんの恩人に方向修正をかけられ、書く道を細々と手放さずにやってきた。

 

 

大丈夫、なんくるないさあ。

あなたの書いた台詞が僕を救ったんですよ、と声をかけられて、

よし、とまたPCに向かう。

さて、また頑張ります。

遠回りしたのは自分が弱かったから、誰のせいでもない。

自分の人生の地図があまりにも的外れだと気づいたら、そこからまた書き足していけばいい。

人生に無駄なことはひとつもない。

偶然もない。すべてが必然だったのだと人は旅立つ前に悟るのだという。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedly
  • LINEで送る
カテゴリー
タグ
主人公は横浜流星さん 続き

「緩和ケア病棟」という病院ドラマの主人公に、俳優の横浜流星さんがいい、という記事を書いたら、一日で大勢の方から反応をいただきました。

横浜流星さんが俳優として多くのファンに愛されリスペクトされている方なのだと改めて感じている次第です。

とても誠実な方で作品に取り組む姿勢の真面目さや、出演作品への評価がどれも高いのだと、ありがたくコメントを読ませて頂いております。

 

白衣姿は間違いなく似合うと思います。

映像化できるようこちらも頑張っていきたいと思います。

たくさんの若者が流星さんの白衣姿や凛とした職能を演じる姿にあこがれ、

男性看護師になりたい、という若者が増えて行けますように。

主人公は横浜流星さん

 

「緩和ケア病棟」が医療従事者へ少しづつ配本できるようになり、聞こえてくるのは「映像化」を望む声

 

コロナ禍、地震、水害・・・

自身の身を保ちながら他者を助けていく力のある若者が、消防庁だったり、自衛官だったり、医療従事者だったり、警察官だったり・・・で今いくらでも入り用である。足りない、次世代になると、たぶんもっと足りない。

 

医療従事者、特に男性看護師の誕生に一役買えればとこの本を執筆したが、もう十数年前の作品でほぼ放置してきた本に、ふと

俳優の横浜流星さんをドラマで見て、緩和ケア病棟の主人公がそのまま降りて来た感覚になり、あっというまに脳の中で映像ができあがり、THEENDが流れるまで細部に至るまで脳が完成までを見てしまった。

 

主人公と本が出あうことがあるんだ、ととても不思議でならない。

本が主人公を選んでしまった。

 

健康的な体でさらに余力がある。

その余力がいいようもない安定感を醸し出している、

演じる前に、素の状態で人を助ける窮地の場面で求められる一番大切な能力をすでに持っている。凄い俳優さんだ。

男性看護師のブームの火付け役になってほしい。

空手世界一のキャリアが役者さんの引き出しにもう入っているのって凄くないですか。

映像化、映画化、叶えたい。

医療従事者業界を元気にしたい。

 

 

主人公の姿がはっきりと見えてきたので、具体的に考えていこうと思います。

  • 出版
それぞれの神

御獄(ウタキ)のことをヤマともいい、ヤマを抱き守る女を神司(カンツカサ)ともいう。口伝(くちうつし)で新米神女を誕生させる儀式を、ある地域では獄抱(ヤマダキ)とよんでいる。

 物語は、明治28年、主人公絹江と夫の耕三が絹江の故郷へ帰省するところからはじまる。

 ひと月に一度、沖合に停泊する汽船が唯一の交通手段、点在する離島のひとつ、小島が絹江の故郷であった。ところが台風でそのひと月の交通手段、戻るはずの汽船が来ず、島でもうひと月を過ごすことになった若い夫婦へ次々と試練が襲いかかる。

 干ばつがひどく農作物は育たず、食べるものがない。雨がほしい。雨を乞う人々。それを神へととりなす祈りをする島の最高神女が亡くなってしまう。御獄が空くことを神は忌み嫌うという。すぐにも血統祭司の引継ぎへの準備が始まるなか、絹江の名前も候補者の中にあった。

 絹江は神に選ばれた女だという。

 同胞の過酷な実情を知った絹江に、妻の身重を知った医者である耕三に、逃れるのか、捉えられるのか、それとも歩み出でるのか。

 それぞれの神が、二人に、島の人々に、生きること、生き抜くことを問いかけていく歴史小説。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedly
  • LINEで送る
カテゴリー
タグ
ホームPage 1 / 11