カテゴリー:出版
  • オリブ山病院を訪ねて

    2024/04/18

    出版

    特定医療法人葦の会 オリブ山病院は沖縄県那覇市首里にあります。理事長先生、統括看護部長、当時から勤務されておられるドクター、室長、チャプレン、懐かしい方々と ...

  • 春一番

    2024/02/15

    出版

    今日春一番が吹いたようですね。♪はるが来たら恋したりきどってみたりしてみませんか♪キャンディーズの春一番を口ずさみたくなりますね。子供がすぐにYouTubeで調 ...

  • それぞれの神

    2023/11/15

    出版

    御獄(ウタキ)のことをヤマともいい、ヤマを抱き守る女を神司(カンツカサ)ともいう。口伝(くちうつし)で新米神女を誕生させる儀式を、ある地域では獄抱(ヤマダキ)と ...

  • 出版

 

特定医療法人葦の会 オリブ山病院は沖縄県那覇市首里にあります。

理事長先生、統括看護部長、当時から勤務されておられるドクター、室長、チャプレン、懐かしい方々とお会いすることができました。

 

拙著「緩和ケア病棟」は、フィクション、小説ではありますが、病院・病棟の舞台として書かせていただいた経緯もあり、病院名をあとがきに記載してもよいでしょうか、という許可を頂くため今回訪問致しました。

 

タイトルがマニュアル的な書物と間違われやすいというのもあり、説明をさせていただきました。

 

病院創設者・田頭政佐前理事長先生の功績を紹介したいと長年思っていたことを伝え、本のあとがきに書くこともありがたいことに心よく了解して頂きました。

 

緩和ケア病棟を案内していただきましたが、当時からおられた先生、案内して下さっている統括看護部長、外勤前に会いに来て下さった室長、チャプレン、誰も加齢されておらず、当時のままでした。

 

正直、鳥肌がずうと立ったままで、ここは異次元世界か、タイムスリップしているの私? と一人だけバッチリ加齢が目立ちすぎた私は、東京へ戻った今も少し妙なままです。

 

やはり特別な場所でした。

温かい歓迎に心から感謝申し上げます。

現理事長先生からサイン入りのご著書を数冊頂きました。

謙虚で優しいお人柄の先生を前に、調子に乗りやすい私は、マシンガントークで若干用意した笑わそうとたくらんだネタも隙間をみては確実にしゃべり倒してきました。

あとは出入り禁止にならないことを祈るばかりです。

 

天に帰る時が来たら、ここへ運んできて、と遺言状を用意しておかなきゃと帰り道、本気で手帳に書き込んでいました。

天国の入り口、それとも真下、神様に愛されているオリブ山病院を改めて体感し、不思議な感覚が今も続いています。

父の命を忠実に果たしたイエス様の誠実さが重なって鳥肌がやまなかった田頭真一現理事長先生のご著書を紹介させていただきます。

下記の2冊以外にも多数のご著書を出版されておられます。

「わたしを見たものは父をみた」

何故だかそのみことばが頭から離れなくなりました。

小さなことにも誠実だったから大きなことをあなたに任せよう、神様のみことばは今も生きておられ、私たちに力を下さいます。

父子2代、どれだけ多くの方々が救われ、そして救われ続けていることでしょう。

私も癒された者の一人です。

恩返し、恩送り、書くことで少しづつでもそう思っています。

 

 

 

 

死という人生の贈り物 田頭真一

(amazon)

 

 

全人医療とスピリチュアルケア 田頭真一

(amazon)

 

春一番

今日春一番が吹いたようですね。

 

♪はるが来たら恋したりきどってみたりしてみませんか♪

 

キャンディーズの春一番を口ずさみたくなりますね。

子供がすぐにYouTubeで調べて歌っています。

明日の昼食後の歌披露でチャレンジしてみるそうです。

 

 

今日はTシャツ姿の人も見かけました。

私のダウンコートの横で信号待ちです。

もう恥ずかしい気持ちもとうに薄れてしまい、今ではあまりの堂々ぶりに

自分でも天晴なおばちゃんメンタリティに嬉しくなってしまいます。

 

今のメンタリティと若い時の体力・情熱が同時に持てていたら全く別人生を歩んでいたんだろうな、と思います。

 

18歳の時、父親に強制された進学先が嫌で寮を逃げ出し、姉の住んでいたアパートに駆け込んだ。親から追い帰せ、と命令があったようですぐに追い出された。

 

寮は遠く戻る気もなく、当時の幼いメンタルを想像するに、たぶん生まれて初めて親に逆らった路頭に迷ってもいい、くらいの覚悟の末の行動だったのだと思う。

アパートの下に段ボールを集めて寝場所をつくっていたら姉と住んでいた従妹が姉が外出したのを見はからってトイレや洗面所を使わせてくれ、おにぎりを急いで作ってくれ食べさせてくれた。だがそのあと、叱られたのだと思う。

本当に路上で寝る羽目になった。

 

翌日、段ボールの前に十数人の友人が来て、さんざん説教され、しまいには強制的に寮に連れ戻された。

一人の学生にどれだけの予算が組まれているのか、知ってやってるのか。

おまえのせいでこっちもギリギリきついのに士気が下がる、連れ戻すつもりはない。きちんと手続してからやめろ、厳しい説教は親友からだった。

田舎から出てきたばかりの世間知らず。張りつめていた一晩の段ボールの寝床の負債は大きく、すぐに折れて親友の言葉に頷いた。

抱いていた夢が漠然としたまま遠くへ消えていった。

 

***

 

若い時に自身の人生の方向性が定められる人は幸いだと思う。

人生って本当にあっという間だと感じている。

好きに伸び伸びと生きた方がいい。結果は悪くても良くても刈り取りは自分に返ってくるのだから。

 

***

 

若い方々への応援歌にならない本はいいかな、とどんどん視点も定まってきた。

毎回会う方々を変えて南国行きを予定しているが、次回のスケジュールを組んで

真剣勝負の自分の心に泣きそうになって、春一番を私も口ずさんでみた。

 

恩送りというそうな。

焦っている自分をなだめる。

たくさんの恩人に方向修正をかけられ、書く道を細々と手放さずにやってきた。

 

 

大丈夫、なんくるないさあ。

あなたの書いた台詞が僕を救ったんですよ、と声をかけられて、

よし、とまたPCに向かう。

さて、また頑張ります。

遠回りしたのは自分が弱かったから、誰のせいでもない。

自分の人生の地図があまりにも的外れだと気づいたら、そこからまた書き足していけばいい。

人生に無駄なことはひとつもない。

偶然もない。すべてが必然だったのだと人は旅立つ前に悟るのだという。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedly
  • LINEで送る
カテゴリー
タグ
  • 出版
それぞれの神

御獄(ウタキ)のことをヤマともいい、ヤマを抱き守る女を神司(カンツカサ)ともいう。口伝(くちうつし)で新米神女を誕生させる儀式を、ある地域では獄抱(ヤマダキ)とよんでいる。

 物語は、明治28年、主人公絹江と夫の耕三が絹江の故郷へ帰省するところからはじまる。

 ひと月に一度、沖合に停泊する汽船が唯一の交通手段、点在する離島のひとつ、小島が絹江の故郷であった。ところが台風でそのひと月の交通手段、戻るはずの汽船が来ず、島でもうひと月を過ごすことになった若い夫婦へ次々と試練が襲いかかる。

 干ばつがひどく農作物は育たず、食べるものがない。雨がほしい。雨を乞う人々。それを神へととりなす祈りをする島の最高神女が亡くなってしまう。御獄が空くことを神は忌み嫌うという。すぐにも血統祭司の引継ぎへの準備が始まるなか、絹江の名前も候補者の中にあった。

 絹江は神に選ばれた女だという。

 同胞の過酷な実情を知った絹江に、妻の身重を知った医者である耕三に、逃れるのか、捉えられるのか、それとも歩み出でるのか。

 それぞれの神が、二人に、島の人々に、生きること、生き抜くことを問いかけていく歴史小説。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedly
  • LINEで送る
カテゴリー
タグ