横浜流星さん続き3

知人や友人への安否確認のようなブログが、しばらく俳優の横浜流星さん記事続きで、妙に思われる方もおられましょうが、しばしお付き合いくださると感謝です。

 

Xへのコメントを本日も読んで頂きました。

真面目なきちんとしたコメントばかりで、返信をと思います。

 

ファンの方々の礼儀正しい深い作品評価などを聞くと、横浜流星さんという俳優さんの素晴らしさをほとんどまだわからない状態で、記事にしたことを恐縮するばかりです。

 

ファンの皆様の熱い思い、応援する力に少しでも誠実にお応えしようと思い、「緩和ケア病棟」 拙本をファンレターの宛先を調べ送ってみました。

 

残念なことに今朝、宛先不明でかえってきてしまいました。

もう一度他の人と確認し、先ほど配達証明付きで郵送いたしました。

 

ご縁がありますように、と郵便物に手を振って送り出したあと、

そうだ、今って、バレンタインディの直前くらいじゃない? と管理人

カレンダーを見て、

これ、ムリかも・・・と、

 

だって、スターって、トラック一台分、チョコ届くらしいよ。配達証明付きのチョコの箱みたいな封筒って、入り口ではじかれちゃうんじゃない?

なまもの。お菓子など、って注意書きにあるよ、と

Xの管理人は大まじめに言います。

トラック一台分って、いつの時代よ。

たしかトシちゃんとかマッチとか・・・知らないですよね。お若い方々は。

 

そんなお届け物が集中するタイミングでお菓子に間違われてしまう本を送ってしまったぞ、どうする、どうする・・・

 

***

 

白衣姿も演じられたことがあるのですね。

教えてくださり感謝です。

作品をひとつ一つ追って丁寧に鑑賞していきたいと思っています。

 

「緩和ケア病棟」 は、タイトルがマニュアル本と間違う方も多いようで、変更も考えたこともあります。

内容はほぼほぼ人間ドラマで、病気の専門的なお話はほとんどありません。

男性看護師という職業に一生を捧げたい、奥が深いな、極めたいな、少しでもそういう意欲につながるお手伝いがしたい、と書いています。

 

体力、知力、継続力、根底に人を愛せる力

 

「白衣」

は、どなたの色にも染まりますという意味があり、主人公は患者様で、白衣はくろこ。

裁判官の「法服」は、黒

どなたにも染まりません、法にのっとります、という、くろ。

どちらも素敵ですね。

 

***

 

人を助けられる男性、かっこいいですよね。

いつの時代にも求められますが、今もこの瞬間も足りていなくて、たくさん必要な時代です。

 

 

届け、本。

チョコに押されても耐えるんだ。頑張れ!

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedly
  • LINEで送る
カテゴリー
タグ