記事一覧

整えて祈る人

整えて祈る人

 

職業を選べたらインテリア関連の仕事がしたかったな、

とよく人に話します。

 

転勤や引っ越しで住まいが変わるたび

住まいの近くに緑はあるか

川や湖や海があるか

 

部屋の中は

賃貸なら戻せるような壁紙か板を使い

小屋の居心地をいつもイメージし

足を置く場所をまずは整える、という強迫観念に似たものを

若い頃は持っていた

 

***

  

引き寄せ合うように

インテリア好きな方々と沢山の出会いがあった。

その中でも師匠と思っている

出会った時、80代だったその方は

今ならサ高住のような所でお住まいだった

 

トイレもお風呂も備え付けの小さなキッチンも

どの部屋も同じようなモノ

 

きれいにして下さるのもプロのお仕事なので

部屋は清潔感にあふれていて

 

ご本人のポツンと座っておられる孤独感が

こちらにも迫ってくるような空間

 

ところが部屋で数分過ごしたら

ご本人の人柄だけではなく、何かがあったくて

不思議で、なんだろう・・・なんだろう、と・・・

 

珈琲を飲まれたあと、

ベット脇の小さなテーブルの上を

震える指できれいに拭き始めた。

取ったあとのティッシュの小箱をきちんと指で整えて

さらにもう一枚で写真を拭いて・・・

 

私ね

もうここしか掃除できないの

 

お部屋をきれいにするのがお好きなのですか

と、尋ねると

アルバムが棚にあるから、もし良かったらと

見ますか、と

 

想像を超えたかっこいい写真が目に飛び込んできた

広くてきれいな畳間

黒光りする床と絶景の庭

凛とした着物姿の美女

 

写真に引き込まれて時間が気になるか、と内心焦ったが

 

点と点

線が絵になり鳥瞰図になり

立ち上がって迫り、きれいに着地するような

生きてきた道のりを教えてくださるような

ただ一冊のアルバム

 

見るのに要した時間は数分

二度見たが、足しても数分

ベットのサイドテーブルへ伸びた手のしぐさから

小気味いい、

整理整頓や清潔さへの誠実さみたいな感覚が湧いたことの意味が

なんとなくわかった気がした。

 

老いているのに悲しくない

 

若者を誘い教える時間がわずか数分

与えうるものを与え切る美しさ

さっぱりして欲がない

 

***

 

聖書でレビ人は幕屋が移動する時も

祈りに関わる道具の管理、セッティングを任された、とある

 

神の前に祈りの際に使う道具や配置を

心を込めて生涯の仕事として、誠心誠意仕えていたとある。

 

神さんに仕える家の性分

 

その方が教えてくださったことが

聖書を知って、ますます腑に落ちた

 

インテリアコーディネーターになり損ねただけでなく、

部屋もなかなかカッコイイ暮らしまでいけず、

グタグタと過行く日々と格闘し、

洗練された域、憧れの域はほど遠く・・・

 

最後の最後は

出会ったその方を見習いたい、と今も思います。

 

 

 

カテゴリー
タグ

もしわたしが昼と夜とに

もしわたしが昼と夜とに

 

契約を結ばず、天と地との諸法則をわたしが定めなかったなら、

 

エレミヤ書33章

 

を読んで、

 

エレミヤへ、

 

もしあなたが、昼と結んだわたしの契約と、夜と

結んだわたしの契約とを破ることができ、 

昼と夜とが定まった時に来ないようにすることができるなら、

 

21 わたしのしもべダビデと結んだわたしの契約も破られ、

 彼には、その王座に着く子がいなくなり、わたしに仕える

 レビ人の祭司たちとのわたしの契約も破られよう。

 

***

 

 

神はご自身をさして誓っておられる。

ご自身以上の証人はおられない。

ご自身をさして誓われ、

それを破ることは誰もできない。

 

***

 

「あなたにはできない、わたしがした。あなたにはできない」

 

どん底で聞いた不思議なことば

 

吐く息もつきた極みでみた十字架上の神

 

***

 

たとえ私がどれほど悔いても

死んで詫びようと思っても

時間よ、戻れ! と

悔いのない前へ戻れたとしても

 

私の十字架は個人の反省にすぎない

私は人間

すでにダーク

 

 

白に

「死」

という黒が覆っていき成就をするから

はっきりと終わりを見ることができる

 

完全な、黒を区別できる「白」は

聖霊によってお生まれになったナザレのイエス様だけである

この方は女のすえ

私たち人間は男と女の受胎のすえに生まれたもの、男のすえ、

 

女の末と呼ばれる方が蛇の頭を砕いた

この方は踵に傷をうけ、蛇は頭を砕かれた

 

黄泉にまで下り

踵で頭を砕き蓋をし

天に上られた神

 

黄泉まで制されたこの方は虹である

その虹を契約とする、と

エレミア書で神は語っておられる

  

この世だけではなく

黄泉まで制して天へ帰って行かれた神

  

生まれてから天に帰るまでの道をつくってくださったのだ

 

もう怖がることはない、と聖書は呼びかけている

 

***

 

ルシファーも天使長で霊

霊を人が完全に倒すことは無理

倒せたつもりであっても

他者は識別できない

 

「白」

が、黒を終わらせたから見えるのです

 

 

神は霊

永遠のいのちです

 

闇は光に勝てません

 

「死」

は、どのようにして、十字架の神の上で成就したのか

 

子どもでもそれがわかる時があり、

時には世の猛者でもわからない時がある

 

個人の上に降りてくる

「時」

 

厳しい時代が世界中を揺さぶっている

神が

「時」

を全世界へ降らせているようにも見える

 

「わたしに帰れ」

と聖書は語る

 

ゴルゴタの丘で起きた十字架上のナザレのイエス様の死

 

三日目に蘇った事実

 

神は霊

聖書はすべてを完全に説明している。

凄いことである。

真理をすべて語り尽くして

知れ、と何も隠していないのに

神を知るのは、

苦しみの時、膝を折ったことのある

子どもであり、男であり、女であり、

今、泣いている者である。

呻いている者である。

 

泣いている者は幸いである

やがて笑うようになるなるからだ

 

山上の垂訓でイエス様が呼びかけたことばである。

 

 

 

 

カテゴリー
タグ

前へ、前へと進もう

前へ、前へと進もう

リビングと子供部屋に大きなボードがある

子どもが撮ってくれた写真とみことばを貼りインテリアにもなっている

ここで記事に貼っている写真もほとんど子供が撮ったもの

 

時代が厳しくなり

毎日、離れている子供たちのことを祈っているので

景色より、

家族写真をみことばと交互に貼ったほうが祈る時もよいかもね、と

家族写真を印刷していたら

 

子どもが一人ひとりのエピソードを写真を見ながら語り出した

なんだか沈んだ寂しさが伝わってきたので

飲み物を持って屋上へ

夜空を見ながら続きを聞いた。

 

兄弟写真は足を止まらせるのか・・・

 

Kちゃん、

寝る前に見ていたいものはなあに?

 

聞いてみると、

 

きれいな海と

きれいなお花とお母さんと一緒の写真

 

そうかあ・・・

 

よし、

前へ、前へ進もうか

 

兄弟はみな今を生きるのに忙しい

とても後ろを見ているゆとりのある者はおらず

ましてや今は、立ち止まると足をすくわれそうな時代

 

あなたもそうよね

若いんだもの

 

写真を撮ってもらい

童話を載せて本を出そうね、と話してきたけれど

 

 

嫁いだ上の子は絵を描くのが好きだったので

子育てが落ち着いたらお母さんが物語を書くから絵をお願いね

と約束していた。

 

そしてそのペンネームを文のところを下の子が

将来言葉を話せないかもしれない、と

この子の名前をもらおうと、

なんとも恐ろしく傲慢なことを思っていた頃があった。

 

***

 

ことばを話せるどころか

人の心の機微を

なんとも絶妙に読む不思議な子に成長した

 

本当にハンディがあるの?

と何度も思う。

 

社会的にはこの子は弱者かもしれないが

 

コロナ禍のなかで時間ができて

自分がつくづく何も知らないことに気付いた。

限られた人生の時間の中で何を見て、何で報酬を得て

何を優位に選んで、生きてきたのか

 

知らないことが多すぎる

 

子どもが語る兄弟のエピソード

夜風に吹かれながら

 

何かに気付いて、はっと心が静まった。

 

この子は静かにじぃと聞きながら生きてきたんだ、と鳥肌が立った

 

社会に求められ

能力に能力

どんどん向上するのに忙しい兄弟たちと過ごしてきた時も今も

 

静かに生活をしながらノルマに追われず

光景ひとつ一つをきれいな映像のように記憶している。

 

だから写真の構図が

書き足したくなるような

走り去れない何かを残してくれていたのか

 

***

 

神様は怖いなあ・・・

鳥肌がとまらない

 

おまえが足そうと思っているものはいらないよ

と言われてしまったような・・・

 

ボードに貼る写真

本人が好きなものを選べばいい

 

みことばは、

何を語ろうなどと思わず

この子が涙を流した箇所を書いて貼ればいいだけだ

 

誰の人生も長いようで束の間のように過ぎ去っていく

一生は短い

この子の時間は、今、青春を生きている

 

秋の親と初夏の子どもの組み合わせの時間軸

ズレた情緒の組み合わせだけれど

 

旅を楽しむ時に、

時間が止まったような空間を見た時に

 

必ず一致する瞬間が何度もある

来月、行こうね

 

あなたの青春に合わせて

必ず行こうね

神様の備えはすでにあるのだから

 

***

 

聖霊が満ちている

溢れている

 

***

 

喜んでいなさい

 

聖書は、そう語っている

いつも喜んでいなさい、と

 

天にも地にも神様の霊は満ちておられるのだから

恐れずに、前へ

前へと進んでいこうよ

 

星も月も見えない夜空を見上げていた子供が

「お母さん、いつもありがとう」

 

おねえちゃんたちの気持ち、と言った。

 

堪えていたものがあったのか、

涙が止まらなくなった。

カテゴリー
タグ