記事一覧

恐ろしく退化した

恐ろしく退化した

真面目にステイホームをし、子供を孤独にしてはいけない

とベランダガーデニングにいそしんだり、人のいない時間に夜空を楽しんだり

お茶の時間ね、とベランダでランタンを灯して、

美味しいアイスクリームを頬張ったり・・・

 

私たちは2月からゆうに9月までの

半年以上を巣ごもりしていたことになります。

 

そして

二人で仲良く10㎏近く太ってしまいました。

恐ろしい・・・

本当に気が付いた時には・・・という感覚です。

 

若い頃、

仕事で行った海外で、感染症に遭遇。

 

他のスタッフは帰国し、次が合流するはざまのこと、

一人で指揮をとることになり

電話というのか無線というのか

 

日本にいる専門家の指示を仰ぎながら隔離や予防投薬やカルテつくりを

いっきに400名を背負うことになり、

 

実際、帰国してすぐ亡くなった方も出た。

 

***

 

感染しなかった私は帰国してしばらく治験者として関わった。

 

その時の記憶が、戦闘態勢脳へのスイッチを入れてしまったようで、

ただただ感染予防に集中し

気が付けば半年が過ぎている。

 

目の前のことを黙々とこなしたら

夜は祈る。

 

不要不急の外出はしない。

 

必要最低限の暮らしがいかに便利な時代か

思い知らされた。

 

魚を釣ってくるでもない。

畑を耕して収穫を待つわけでもない。

 

ベランダ菜園はすぐに実がなり、らしくなり葉が生い茂って

なんとなく労した気分になった。

 

労した気分の脳に騙されて

ご褒美は日々充実

 

なかったはずのところにご褒美がルーティンとなり

一度与えた美味しい条件をよこせ、よこせ、と

 

これはルーティンではないぞ、と

はたっ、と気づいたのが昨日のこと。

 

美味しいものはもうあげません、と肥満細胞にきつく言っておいた。

ところが、昼食時にきちんと要求してくる。

 

太らない体質だと思い込んでいたのが、なにゆえなのか・・・

自分はさておき、子供のことを考えれば

 

ライザップのCMを思い出し、

二人でだらあ~とした、今の最悪を写真に撮った。

 

自力で、あの凄い人たちのようになれるだろうか。

なんとなくは無理、相当なプロジェクトなはずだ。

 

どうする、自分

 

よし、二人のカルテをつくろう。

 

おしゃれをする機会や人と会う機会がなくなり、

ベランダ・ランタンのお茶時間を愛しすぎた。

 

冬は暖かい所へ行けるはずだ、と脳内で想定し

 

誰かれと会わずとも、

遠めに、・・・さん親子、残念、と呟かれてしまわないよう

二人で頑張ろうと決めた。

 

二人で一番気にいっている引き締まった頃の写真をボードに貼ろうとして

やめた。

 

鏡を毎日嫌というほど見ることを日課にするほうが賢明だと気づいた。

客観性をまるで持てなかった日々・・・恐ろしい

 

負への連鎖を断ち切るぞ

大勢のためなら無我夢中で戦えるのに 

 

やはり生涯現役、職分を果たし続ける人の姿は美しい

 

生きることに死んでいたらダメだと痛感した次第です。

 

カテゴリー
タグ

幻を書きしるせ

1 私は、見張り所にしっかり立ち、

  とりでにしかと立って見張り、

  主が私に何を語り、

  私の訴えに何と答えるかを見よう。

  

2 主は私に答えて言われた。

  幻を書きしるせ。

  これを読む者が急使として走るために、

  板の上にはっきりと書きしるせ。

  

      (ハバクク書2章)

 

四連休、遠出もできないので、人気のない山道を子供と歩いてきた。

アスファルトではない、土の上を歩ける幸いに感謝しながら歩いた。

彼岸花が人気のない山道で咲いている。

誰かが植えたのだろう。

上京し、季節ごとの祭りとも縁が無くなり、

今年の大きな足止めに、ポカンと時間が過ぎていく。

医療の仕事は時に専門バカと互いに呟くほど、社会を知る機会が遠い

人が寝ている時間に起き、起きている時間に寝ていることもある。

今年に入って、コロナ禍で世界中が大変な事態になることなど

想像していたわけでもないが、TVと大きなソファを買った。

半年以上、TVを観倒した感がある。

いつの間にか秋。

不器用なので、多くのことを同時にするのは難しい。

冬に備えて、

 

幻を書きしるせ、

そうしてシェアをしなければと

彼岸花を山道で見て改めて思いました。

 

一生は案外、束の間。

親もその親もその上の親も、思ったであろう。

だが、大抵は老いて気づいたのであろうと思う。

若いうちは自分の目の前のことでいっぱい、

 

多くを残したい、伝えたいと思うが若い次世代には

それを悠長に付き合う時間が作れない。

 

子どもたちの今は彼らの遥か先の今ではない。

遥か先の彼らが急いて残さなければと思うことを残そう。

そう思うと、肝が据わった。

不思議だ。

私は初めの文章が浮かぶと同時に完了までを

指で受けてめて書いてきた。

自分はただ指を動かしているだけだと

自分が一番よく知っている。

 

DNAの記憶というのだろうか。

阿吽で話の合う人がいる。

 

鳥肌が立つほど相手の話に合点がいくことがある。

私の歩いてきた履歴書は自分で書きだすことができる。

短い履歴書だと思う。

歴史を見たこともないのに何故見てきたように書いてきたのだろう。

神が答える、という場合、

微妙なズレはない。

完全である。

応じる、こたえとは違い、

完璧な答え、

漢字は凄いと改めて思います。

合う、契約の箱、の上に書きしるせという竹の漢字

神から受けたことだけを書く

 

まことの答え、

ぴったりと合う答えは神から出たことばだけだと改めて思いました。

 

止まった時間を少しづつ動かしながら、

自分のやるべきことをやる、

 

動かして下さるのも主

止め置いて下さったのも主

 

私の助けは、どこから来るのだろうか。

私の助けは、どこから来るのだろうか。

 

 

 私の助けは、天地を造られた主から来る。

   (詩編121章2節)

 

 

一番つらかった時、

私は上の聖書のみことばを同僚からいただいた。

達筆な字のその友人から

今日は高価な果実・マンゴーが届いた。

 

私が辛い時、

不思議と友人の手が届く。

 

忙しいはずだろうから

メールで御礼を送り、

昔、いただいた箇所を開いてみた。

 

当時の感覚がすぐに戻る。

ありがたい。

 

何のお返しもできない。

気軽にお喋りができるというわけでもない。

 

それなのに

辛いなあ・・・

と思う日に、繋がることが嬉しい。

 

代々、5代も続くクリスチャン

 

ご先祖様が、聖書を隠していたエピソードを話してくれたが

自由に聖書を開ける今の時代とは違う緊張感に驚いた。

 

忍耐の上に練られた品性、

その先にある希望

 

品がある、というのはこういう人をいうのだろう、と当時思った。

 

遠慮が先に立つピリピリとした時代

 

一番気軽にすうと寄ってきてくれる。

構いもなく、普通に、すうと・・・

 

私は山に向かって目を上げる。

私の助けは、どこから来るのだろうか。

私の助けは、天地を造られた主から来る。

 

 

出会いは奇跡

神が織りなす綾

 

今日はあの時より辛いことがあり

私は天を見上げる気力も失っていました。

 

下を向く

そういう時に、

あなたはいつもしゃがんで声をかけて下さいますね。

優しさが何年も錆びないや・・・

凄いよ、本当に凄い人だ。

 

ありがとうございます。

 

とりなして祈ります。

 

 

 

カテゴリー
タグ

田と、由と、甲と、申と、

田と、由と、甲と、申と、

 

 

十字架を東西南北へと運ぶ四隅を担ぐレビ「田」

立ち止まらずをえない祈り、由々しきこと「由」

嫌、亀の甲羅のように突き刺した地の下、蓋をする、「甲」

黄泉をも制し天へと伸びるまっすぐな「申」

 

 

とりなして祈ります。

カテゴリー
タグ