記事一覧
  • 主人公は横浜流星さん

    2021/06/12

    出版

    どれだけ面食いなんですか。というおばちゃん会話が返ってきた。違うのですよけっこう奥の深い話なんです***もう10数年前に書いた医療現場のお話なので、あまりにもズ ...

  • 暑さにマスクは辛い

    2021/06/11

    心と体

    昨年も暑さとマスクで、不整脈に悩まされたことを思い出した。昨日からダウンしている。室内の環境は整えられても外出先ではそうも行かず出不精になるのが怖い。炎天下で働 ...

  • 小説の主人公

    2021/06/09

    出版

    今日は小説のモデルになった恩人の誕生日主人公は横浜流星さんがいいと思いませんか。貴方の役は長澤まさみさんがいいと思っています。先ほどおめでとうメールにそう書き添 ...

  • 宮を管理する

    2021/06/08

    未分類

    聖書をすべて学んだわけでもない。それでも職業として収入源として生涯すべて関連付けて時あるごとに脳へ叩き込み続けている医療知識以外に時あるごとに自分の基礎を固めて ...

主人公は横浜流星さん

主人公は横浜流星さん

 

どれだけ面食いなんですか。

というおばちゃん会話が返ってきた。

 

違うのですよ

けっこう奥の深い話なんです

 

 

***

 

 

もう10数年前に書いた医療現場のお話なので、

あまりにもズレていたらと思い、少し緩和ケア病棟のシェアをした。

 

あまり作品へ執着心がないので、

この作品は紙では出していない。

 

だが、コロナ禍で

立ち止まる時間ができて

医療難民という言葉をニュースで聞くと

ドラマ化してほしいという気持ちがおきた。

 

病気の話はできれば読みたくないし聞きたくない

観たくないという方も多いと思う。

 

私もプライベートで読んだり見たりするのは

サクセスストーリー系が多い。

 

 

***

 

 

この作品は

男性看護師をモデルにしている。

緩和ケア病棟は処置が多い所ではないが

肉体労働であることは他科と変わらない。

 

看取るということが前提としてあるので

現場の空気は

常に聖域のような神職のような厳かさが雰囲気としてある。

 

静にして動を厳しく求められる場所だ。

 

患者様の死の尊厳を前に

職員の立ち居振る舞いは

ベテランになればなるほど

「型」 のようなものが身についていく。

美しい的確な動きは悲しみの極みにいる人を苛立たせない。

雑さは病院の中では一番嫌われる。

 

救急室でもオペ室でも慢性期の病棟でも流れがきれいだと

クオリティが高いというのは、どこの世界でも同じだと思う。

 

雑に流れていく現場を整えて行こうとするのがプロフェッショナルなら

慌ただしい今の時代

ひたすらどなたももがいているのだと思う。

 

***

 

 

横浜流星さんという若い俳優さんが空手を披露しているのを見て

これだと思いました。

 

一日にしてならず、

のレベルの高い動きに感動しました。

ピンチの時代に頼もしい。

スタイルを確立していくプロセスが身についている。

 

「型」

は、緩和ケア病棟にはとても大切な要素である。

ひとそれぞれに旅立ちのスタイルがあり

多様さを受け入れ、そのニーズに応えるのも仕事だが

 

提供する「型」がそもそもなければ

自宅看取りのほうがいい。

私自身は親を自宅で看取った。

緩和ケア病棟の「型」を自宅でできるだけ再現しながら挑戦した。

 

 

***

 

 

今こそ必要だと思い

思いつくまま書いてみました。

 

コロナ禍の自宅療養やホテル療養も

病院入院と同じような「型」 をイメージするだけでも

だいぶ変わってくると思う。

 

室温・湿度・手元にある品・手元にある呼び出しツール

緊急の時、邪魔なものがないかなど

 

病院の入院ベッドを想像するだけで

自宅待機も少し変わってくると思います。

 

静と動を理解している若いのに凄い俳優さんだと

リスペクトしてイメージしてみたのですと、話したら

ごめんね、と電話のむこうで謝ってきた。

 

こちらこそ熱くなりました、と恐縮しながら電話を切った。

 

 

 

カテゴリー
タグ

暑さにマスクは辛い

暑さにマスクは辛い

昨年も暑さとマスクで、不整脈に悩まされたことを思い出した。

昨日からダウンしている。

 

室内の環境は整えられても外出先ではそうも行かず

出不精になるのが怖い。

 

炎天下で働いている方のマスク姿は見ているのが辛い

子どもたちの運動会の練習の声もかわいそうでならない。

 

 

***

 

 

そんな心じめじめ体グダグダの中、

年上の先輩方から電話があり、

相手の体調や状況を心配してお話を伺うと

どなたも凄いつわもので励まされた。

 

かつての同僚の先輩は

フラフープを軽く千回はまわし

ニュースを見る時は踵落としをしながらみているという。

 

背筋がぴしっと伸びた宝塚の男役のような美人さんだ。

 

もう一人は実家を管理し

ボランティアではないよ、と

頭が下がるようなことを退職後ずうと続けていると聞く

 

この方は外国の女優さんのような美人

 

どちらもハンディのある身内のサポートもしている。

 

倒れられないからね・・・

 

 

***

 

 

体が辛い時や不安な時はいつでも電話下さい、と

励まし合っているが、

友人たちのほうが健康管理は上手だと思う。

 

自然の中へ出かけていく頻度が多い

ガーデニングや畑を楽しみ、家の中もおしゃれできれい

友人も幅広く社交的だ。

 

「柱の多い家は倒れにくい」

 

あなたが言ったのよ、と先輩方は笑い

 

しゃべり倒しても内容を上手に忘れてくれる女友だちを大切に、

 

歴史共有力が圧倒的な情が通い合う親族の縁を切らないように、

 

今を奮い立たせてくれる次世代の友を持つように

 

色々なことを熱弁していたというが

自分自身がいちばんやれていないことを反省

 

***

 

 

へこみそうなマスクあとの体調不良の寂しい時間に

郷里の牧師さんから祈りのメールが届いた。

苦しさが消えるようにと祈って下さった。

 

うっ・・・と心が熱くなる。

 

続いて、明日からワクチン接種で今帰ったばかりと

9時過ぎに友人の電話の声

 

シュミレーションに会場づくりに、明日も早いというので

早々に電話を終えたが、互いにもう若く走れる年齢ではない。

 

無理しないで下さい

と言っても無理しない方法があるならしないですよね

と、労に感謝して電話を切った。

 

なあんだあ・・・

私にだって、柱いっぱいあるじゃないか・・・

 

また、うっと泣きそうになった。

 

寂しいって思う時は時間軸が違うだけで

みんな実際はひとつの体で乗り越えているんだから

誰だって基本は孤独だ。

個人の体の痛みや状況の苦しさは代わってやれない孤独な闘い。

だから愛する人たちに何もできない無力な自分に気付いた日が

私が救われた日だった。

 

 

彼らを助けて下さい

私の愛する人を助けて下さい

私には大切な柱ばかりです。

 

愛する人たちにもそれぞれの柱があります。

その方にとって、どの柱も倒れるとキツイから

お守りください、と

 

無力な自分に気付いて、

全人類の救いのプロセスを私は信じたのだと思い出した。

 

体が辛い日、イエス様を見た救急室が必ず脳裏に蘇る

 

初めの愛に戻るこの時間、

辛い時間ですが、もっとも甘い時間でもあります。

カテゴリー
タグ

小説の主人公

小説の主人公

今日は小説のモデルになった恩人の誕生日

 

主人公は横浜流星さんがいいと思いませんか。

貴方の役は長澤まさみさんがいいと思っています。

 

先ほどおめでとうメールにそう書き添えて送りました。

 

妄想が暴走していますが、

願うことから言葉にしていかないと

神様も叶えてあげることができないという

 

具体的に

わたしに何をしてほしいのか、と聖書では、

問うと書かれているというのです。

 

***

 

現在の切羽詰まった医療現場とは

大きくかけ離れているような緩和ケア病棟

 

一流ホテルのスタッフのような立ち居振る舞いに

初めはとても驚きました。

 

モデルになった二人は

かっこいい方たちでした。

 

すうと背筋が伸びた後ろ姿があまりにもかっこいいので、

それを言ったら

 

一日1時間ストレッチをしたら誰でもこうなります、と。

騙されないほうがいいですよ、

1時間ストレッチって、普通の人にはムリですよ、

と、傍で聞いていたスタッフの一人が笑いながら教えてくれた。

 

1時間ストレッチする気持ちを持っている、ところから

人としてまずは立っている所から違うんですよ、と

 

「意識高い系」

と、その立っている所をそう呼ぶらしい。

 

一日にしてならず・・・ですよ、と

 

***

 

映像化されてほしいと改めて思います。

 

看取りの現場

人のいのちを大切に天国へ送る役割を担う天使たち

 

天からのはしごは神様の側からかけられている、

そしてその真下に仕えるスタッフは天使のような存在、と

チャプレンに教えて頂きました。

 

理想郷はあるのです。

そこを目指して

みな働いているんだということを知ってもらいたい、と

 

旅立ちのお顔はどなたも美しくて尊厳に満ちているのです、と

 

一日も早いコロナの収束を祈りながら

理想郷とはほど遠い今の医療現場の悲鳴を思いながら

天からのはしごを思い

ひさしぶりに原作を読んでみた

10数年も経っているのに

主人公たちが風化していないことが誇り

 

命と向き合う気高い医療現場の基本精神は普遍だ

 

カテゴリー
タグ

宮を管理する

宮を管理する

聖書をすべて学んだわけでもない。

それでも職業として収入源として生涯すべて関連付けて

時あるごとに脳へ叩き込み続けている医療知識以外に

 

時あるごとに自分の基礎を固めていっているのは

洗礼後、聖書

それを説き明かして下さる方々の知恵と聖書の知識

 

コロナ禍の

スティ・ホームで

何に使う時間が増えていったかというと

聖書を知るための時間

そして人の体の神秘を改めて学ぶ時間も引き寄せている

 

宮を管理せよ

 

宮は、神様に関する聖なる場所

人の体はその聖なる神の息を吹き込まれて造られたゆえに

どなたの体も神様のお宮さんと聖書は語る。

 

霊が健やかになれば

意志・知性・感情の魂がそれを包んでいるので

聖霊が魂のままの前輪駆動を変えていき

包んでいる肉体が健やかになれば

とりまく状況が変わっていく。

 

洗礼を受けた後

このようなことばによって、

外側から揺さぶられるのではなく

内側から甘くて温かい細胞が変わっていく日々を経験し

 

気が付けば

体を粗末にしない

住む場所をお宮さんのようにきれいにしていたい

祈り合う人をリスペクトし場所を新しい人へそっと譲るような・・・

 

空間ごと

まるごと守られているような感覚があった。

 

神が在り

在るという方がわたしを造り

だからわたしも在り

 

承認欲求が親や伴侶や子供や友人や職場や社会へ向くことがなくなった。

自分まるごとお宮さんで

大事に管理しないとなあ、と思うようになった。

 

***

 

あれこれに気を遣い走り回っていた私の魂へ

神様は、まずは座れ、と語って

重荷をおろしてあげる、と語られ、そのとうりにして下さった。

 

***

 

だが、忘れてはならない。

育てなおしを終わったあと、

大人になったら大人として主の仕事を思い起こさせる。

タラントを増やせと語っていることを悟らせる

 

イエス様はすべてあとへ続く者たちへの模範であり

道である。

 

赤ちゃんから

成人男性へ

大人としての神様からの使命を果たされた

いわば人の生き方の究極の型

 

タラントを倍、増やせ、と

 

人間の生身の努力でもなく

生身の苦しみでもなく

 

わたしのくびきは軽いと語られ

ご自身が人では負えないくびきをおって下さったので

あなたの荷は負いきれるものだよ、と教えてくださる。

 

わたしを知りたいか

わたしを見たいか

わたしを感じたいか

 

応答した者へ

あなたの倍に増やそうとする心意気は

しかとわたしがみている

わたしがあなたと共にいる

恐れるな

たじろぐな

虫けらのヤコブ

 

倍に増やそうとする神の人に出会うと

覇者だなあ、とこちらも元気になる

 

人の徳なんてあてにならない。

個性的な覇者が

今のこの時代の光となって励ましてくれるように思う

 

励まし合って競争をもって走り抜け、と聖書は語る

カテゴリー
タグ