記事一覧
  • 過去を踏みなおす主

    2021/07/19

    未分類

    緩和ケア病棟で招かれた牧師さんが語っておられた忘れられないメッセージ「過去を踏みなおす主」娘がボランティアに来ていたので私も一緒に拝聴した貴重な一日内容を詳細に ...

  • 求めなさい

    2021/07/19

    未分類

    7そうすれば与えられます。捜しなさい。そうすれば見つかります。たたきなさい。そうすれば開かれます。8だれであれ、求める者は受け、捜す者は見つけ出し、たたく者には ...

  • 講演会を拝聴

    2021/07/14

    未分類

    友人に紹介されて知った先生の講演を拝聴する機会を得た。世の中には幾多の天才がいて、間違いなくその中のお一人だと思った。何も資料を見ることなく講演は映画を観るよう ...

過去を踏みなおす主

過去を踏みなおす主

 

緩和ケア病棟で招かれた牧師さんが語っておられた忘れられないメッセージ

「過去を踏みなおす主」

 

娘がボランティアに来ていたので私も一緒に拝聴した貴重な一日

内容を詳細に覚えているわけではないが、

帰宅後シェアして

 

二人同時に同じことが腑に落ちた

 

説き明かしの神の霊の存在に

しばらく二人とも鳥肌が止まらなかった。

 

***

 

人生の歩みは神様とその個人しか詳細はわからない

人が24時間、ずうと関わっているのは結局自分だけ

それも死ぬまで自分とずうと一緒

 

神様を知らないでいた頃のことを忘れたいですか

忌々しいですか

24時間、死ぬまで一緒の自分が嫌いですか。

 

あの時のあのことも

そんな日のそんなことも

 

今、あなたが主を知り、膝をついて祈り

そこから

今この瞬間から思い出せるかぎり網羅して言い述べてみて下さい

 

ああ、今、ここにいる

そして私は確かに神を知った

救われたありがたさに、あなたは今、祈っているのですよ。

 

あの時のあんなことをしていた自分が、です。

全てが奇跡に見えてきませんか。

主がわかると

あなたの過去は何一つ無駄ではなかったことがわかりましたか。

主は過去を踏みなおして下さる方

 

***

 

禅問答のような葛藤のこの一年半

全てを書き出しているわけではないブログの記事からさえ

今日の与えられるまでの道のりに

神の関与がない日はない、と深いため息が出た

 

将来はわからない

ただ救われて今日まで、願って、祈ったあと、

悪いことが起きたことがないことを自分が一番よく知っている。

 

ありがたくて辛い。

値なしで受け取ることを、恵み、というと聖書にあるから

その意味に、24時間、死ぬまでの自分に

しっかりしなさい、と喝を入れたくなった。

神の子の血潮の値段、もうこれからは無駄にすまい、と思う。

 

 

カテゴリー
タグ

求めなさい

求めなさい

 

7そうすれば与えられます。捜しなさい。そうすれば見つかります。

 たたきなさい。そうすれば開かれます。

 

 

8だれであれ、求める者は受け、捜す者は見つけ出し、

 たたく者には開かれます。 

     (マタイの福音書 7章)

 

コロナ禍で立ち止まって1年半

仕事はもうしない、と家にいて家族のサポートに徹して

TVを買って、ソファを買って、おかげさまで体重は10㎏増えて

なんだか、このままではあかん、と感じつつも

スティ・ホーム、スティ・ホームという掛け声に

そうよね、若い人なら仕方ないけれど、

生産期のピークを過ぎている者がウロウロしても迷惑よね・・・

スティ・ホーム、スティ・ホーム、と真面目に家に引きこもっていたら

 

すっかり

生命力が削がれて

怠惰なのか

世の中への貢献なのか・・・

家の中で十分事足りるようになって・・・

 

何か違う、何か違う・・・

呻きのような苦しさが離れず、

 

教えてください、神様、このまま時間ばかりが過ぎていきます

わたし、生きている間にやることまだありますよね

教えてください!

 

求め続けたら、与えられました。

 

***

 

 

講演会で元気いっぱいの講師の先生へ

「超かっこいい、緊張する、かっこよすぎる」

子どもが先生を絶賛 

 

遠く離れてのご挨拶でしたが

子どもが感じているだろうオーラが

キラキラした感じが半端なかったので、

テンションが子供と同じで高まった。

 

時節柄、普通の講演スタイルではなかったものの

人との距離は遠いままではあったが

「生きている」

と血が通った感覚が蘇って

生きている間、人と会うな・・・は生き地獄だと改めて思った。

 

こういう時代ですから残念ながら追っかけはできませんよ

と子供と笑いあったが、

自分たちの心の中に勢いという風が吹いたのを感じた次第。

 

閉塞感に風穴があいた後は

凄いです。

 

友人へ感謝の電話をすると、

彼女にも風穴があき、もう一人へ電話すると

その方の閉塞感の壁の穴も開き、

 

私は新しい国家資格に挑むことを決めた。

それを持ってまったく新しいことをしようと思う。

2年時間を下さいね、と家人と相談し、

しばらく東京を離れることに決めた。

 

子どもと2DKほどの部屋でいいから南国暮らしを始めると決めた

 

そこには次男坊がいる。

三才で私の手許から奪い取られてしまった大切な宝物

 

もう成人して

相性が合わないと、思う・・・

と追えば逃げるで会えないでいる。

 

私は不器用なので、ひとつづつ集中する癖があり

同時に多様なことをする能力が欠けている。

バランスの悪い人だと思う。

 

長女が嫁いだ時も

きちんとやれているだろうか、と

娘の心配ばかりしていた。

今でも電話があれば飛んで駆けつけてしまうだろう。

私には私のやり方がありますから・・・と

出入り禁止を食らうまで、10年ばかり子離れできずにいた。

 

2019年に長男が巣立ち

コロナ騒動の時代が重なり

頼まれもしないのに、マスク届けに行ったり、

お金を振り込んだりして・・・叱られた。

 

引っ越しされ、

少し距離を置かせてください

仕事が軌道に乗るまでは・・・と

電話が鳴れば、今この時もすぐに駆けつけていく気持ち満々の私

ちっとも反省していない。

学習能力もない。

 

ハンディのあるゆいつ私の傍にいつもいてくれる子は

知的ハンディがあるが、賢い

もうね、そういうのやめよう!

と、他の兄弟へ向かう無駄なエネルギーを

なんなら全部私に使ってもらってもかまわんよ、

忘れよう、薄情なやつらは忘れよう、と

魂胆をもって愛くるしい情で迫ってくる。

 

一つづつしかこなせない私

 

講演会のあと、

風穴のあいたあと、

 

次男坊の風にかき消されるような小さい声をきちんとキャッチした。

自分のお母さんを嫌いなやつ

本当にいると思うんか

置いて行ったの、あんたじゃないか

 

行くよ

すぐ行く

 

会えなくと

会ってくれなくとも

 

近くで暮らし

待ちますとも

全部、君への時間にします

 

もう僕らは十分受けたから

たぶんお兄ちゃんたちはそう伝えていたんだね

 

本当に人の話を聞かない困った母ちゃんだ。

 

「これが道だ。これをいけ」

神様の声が天から届いたよ

 

温かい伝道者の方の仲介で、

君の元へ行く時間が来たことを知った

もう迷いはない

 

感謝でいっぱいです。

カテゴリー
タグ

講演会を拝聴

講演会を拝聴

友人に紹介されて知った先生の講演を拝聴する機会を得た。

 

世の中には幾多の天才がいて、

間違いなくその中のお一人だと思った。

 

何も資料を見ることなく

講演は映画を観るように

起承転結 クライマックスがあって なるほど という

腑に落ちる物語全体のテーマがそこに集結されていて

紹介してくれた友人へ後日お礼をしようと思います。

 

天才って

天からの才能を素直に忠実に開花させている人のことだと思う。

 

ニュースで大活躍の大谷選手を観て

やっぱり天才って、

共通してピュア

 

凄いのに謙虚

 

神様は

地上でオタオタもがきながらも懸命に生きる人間に

根源なる救いを送られたが

 

天才なる人々の役割は

ハタって、天から降りおちる甘いしずくのようなものかもしれない。

 

気づけ、気づけ、と

天から送られる合図のようなものかもしれない。

 

苦しい時

悲しい時

もっとも膝を折るような辛い時

その視線の先で私たちを救おうとする神の息吹

 

そして

ねえ、凄いでしょう

美しいでしょう

完成度の高いものへ憧憬がおきる時

その視線の先に

最高峰の神の成せるもののひな型をみる。

 

生活を

時には

パターンから外してみる勇気を与えてくれた友に感謝

 

ここしばらく下ばっかり見ていたから

今日は気持ちがいいです。

 

 

カテゴリー
タグ

子離れ、何故しないといけんのだ

子離れ、何故しないといけんのだ

 

難しい。

祈ってみたけれど、やはり難しい。

祈らないといけないほど考えているということで、やっぱり難しい。

 

次男坊には

お母さんとは相性が合わんかもしれん、と言われたことがあった。

 

合う、合わんて、

そもそも人のお腹の中で

血もらって

息して

それで生きて生まれてきたんだから

適合しているじゃんか・・・

 

母も祖母も同じことを言っていた

最後の最後

母親は、八つ当たりされる最後の砦

駆け込み寺

負の倉庫

黒歴史のごみ屋敷

 

いいじゃないの

世間と格闘して

やれていない時、誰かのせいにして逃げたい時

それは逃げるだけの人生はダメだよ。

でも息つける、愚痴のはけ口はないとポッキリ折れてしまう

 

いいんだよ

お母さんは甘ったれの言い訳場所でいいんだよ。

 

***

 

割に合わないねえ

心労だねえ

だから年中祈って、

あの子もこの子もお守りください、って頭下げてばかりいるんだよね。

 

しょうがないよね。

お腹にいた時から

ヨチヨチ歩きから

後ろをついてくるはずの子どもが自立したからといって、

お母さんの体の隅々まで

母性本能でできてしまっているんだから

子どもを守るためのホルモンのおかげで

時に男性より逞しく見える時だってあるんだから

 

***

 

私の場合は

子離れという時期がコロナ禍の軸になって悩ましい限りですが

元の2019年のような生き方に戻れるかと考えると

できそうでもあり、

いや、変え時だという気持ちも起きて、やはり悩ましい。

 

体力が落ちて思考も冒険を避けようという傾向になり

守ろう、守ろう、という守りの思考が芽生えてきていると思う。

 

思い込みをやめようと思う

子離れ、

何故せんとあかんのや、と発想を変えた。

 

放蕩息子が戻ってきた聖書では有名な箇所がある。

盛大にお父さんが迎えてあげるシーンはとても深い

 

温かいご飯ときれいなシーツ干されたふかふかのお布団

あったかいお風呂に洗濯されたパジャマ

 

それだけで子供の非行はなおる、と夜間パトロールの

ボランティア活動の時、警察官に教えてもらった。

寝具の汚れは生活の乱れのバロメーターだというので、

子育て期間、どんなに忙しくても

あったかい気持ちいい我が家、と意識し続けてきたように思う。

 

***

 

子離れはしない。

コロナ禍、何が起こるかわからないこの時期

ゆるい気持ちいい、いつでも帰れる場所をキープしていて何が悪い。

 

家の中をきれいに掃除してカフェのように珈琲の香りもあって

いつでも寝れる洗い立てのシーツと気持ちいいベッド環境をつくって

 

美味しいスープと

元気の出るニンニクたっぷりのステーキがいつでも焼けるように

誰が飛び込んできても

お帰り、と

 

部活帰りのわが子を迎える気持ちで、

概念を捨てて

楽しい時には戻ってこなくたっていいんです。

子どもの幸せは親の幸せ。

この年のこの状況を柔らかく乗り越えていけたら、

そういう気持ちになってきました。

 

カテゴリー
タグ