チャンスの神様には前髪しかない

  • 未分類
チャンスの神様には前髪しかない

 

出世のチャンスが目の前に来た時、考え込んではならない。

チャンスの神さまには、前髪しかない。

そんな言葉を聞いたことがある。

 

「今日からおまえは鬼だ」

 

作家の瀬戸内寂聴氏が、

子を捨て夫を捨て飛び込んだ愛人とも別れ、

心身共にまいった日、実家へ戻ったら、

実父にそう吐き捨てられた、と自伝にあります。

 

「世間はおまえのような者を鬼と呼ぶ。おまえは鬼だ」

 

荷物をとかしてもくれず、落ち込んだまま出ていこうとする娘に、

「鬼なら鬼でいい。とことん鬼で生きれ」

情を叩き切った鬼が親をのこのこと訪ねてくるものではない、と

翌日お父様は他界された。

 

チャンスの前髪が私の目の前にも置かれたことがあった。

 

「寂聴庵」へ行け、と師匠から命令があった。

 

蒸発・もしくは出奔

それくらいの心意気で現実から離れよ、と

そうすれば、たぶんあなたもやがてはプロになれる、と

そして師匠はアメリカへ旅立っていった。

電話は入れといたから、あとはあなた次第

 

急な話に気が動転もしたが、

したたかさが足りない私は中途半端にホテルに一週間滞在をし、

カンヅメというものを体験し、そこで物語を書いた。

 

まだ幼い子供がいる。

伴侶に預けて、次のステップへの道として挑んだ。

とても師匠の声かけには及ばない小ちゃな意気込みだったが

一週間のホテル予約さえ無駄にして、子供会いたさに

3日2晩で書いた物語はほぼあらすじみたいなものだった。

 

そこでいったん文筆業への夢は諦めた。

二の足を踏んだ私に、

師匠の申し出に乗り切れなかった私に、

チャンスの神様には確かに後ろ髪はなかった。

 

本気で出奔や出家をさせたいわけではなく

一度は死ぬ気で頑張れ、本気でそのものだけを取りに行け

鬼になれ、と当時は誰もがわかっていたと思うが・・・

 

師匠も寂聴さんも天国へ帰っていかれた。

私はまだこの時に及んでも

あれもこれも器用にこなそうといる。

 

一流の人は

チャンスの神様の前髪をしっかりとらえる人なのだろうと思う。

その時、鬼と呼ばれようと

失った何かで、のちに苦しもうとも、一流の何かを残している。

 

カンヅメしなくても

誰も書くことを止めることもないコロナ禍でのスティ・ホーム中

あの時のように夕鶴のような羽を抜き取り織るような刹那はなく

 

やはり試験前の部屋掃除のようなわがままだったなら

あの選択で良かったのだと思っている。

 

子供、子供とどうも私は子供離れが下手らしい。

自由に今度こそ何もかも忘れて書けばよいものを

今も子供のことにばかり気がいってしまう。 

 

想像の世界へ飛び立つのも訓練が必要

師匠は、あの時、その訓練期間、修業期間を企画して下さったのだと

今なら十分わかるのだが、

いかにせん、チャンスの神様には前髪しかない。

 

 

臆病者は臆病者のやり方でいくしかないか、と

まずは末っ子のところへ行くかな、それを果たしながら

書いていたものを少しづつ出して悔いをひとつづつなだめていく。

 

これが終活というものか。

いくらなんでも気が早い。

スティ・ホームが長すぎたせいで、慎重さと前倒しの癖とが

ますます強くなってしまった。

 

誰か背中をぽんと押してください、と

今日も神様、夢で教えてください、と

地団太を踏む日の長いこと・・・ 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedly
  • LINEで送る
カテゴリー
タグ

頑張れ、自分

頑張れ、自分

 

寒さには弱い。

本当に弱いんだと、だんだん実感してきた12月・師走

 

誰に走れ、と言われるわけでもないが、気持ちはもう走っている。

お風呂が使えなくなってシャワーだけになり

子供がゼイゼイと呼吸したので、積極的なウオーキングが減り

 

気が付けば、電化製品があれもこれも壊れていく。

家の中を風水や断捨離で整え、YouTubeで初めて知ることも増え

今まで自分は何をしてきたのだろう、とふと思うことも多くなった。

 

モノが減り

人との交流も減り

自由に使える時間が増えると、知らないことからきた痛手の数々に

気が付いては打ちのめされている。

今頃ですか・・・という自分の内なる声も

頑張れ、自分、と励ますしかない。

 

中古住宅は若いうちならいいが、管理が大変だと痛感

次は終の棲家だと思うので、新しいか築浅にしなければと今頃学習した。

 

リノベーションした家を玄関やトイレの床に好きな板をまた置いたりしていたが

今回、全部剥がして玄関もトイレも元に戻した。

 

鏡もほぼ毎日磨き、ベッドの位置も頭の上には何もない、を忠実に実行

そんな時、大きな地震が来た。

 

頭の上に絵画などの飾りモノがない。

玄関はすっきりしている。

玄関までの通路も水回りもすっきりと頑張った。

 

地震の揺れの中、

ああ、ありがとうございます。YouTubeの先生、と思った。

災害の時、頭の上のモノは怖い。通路が狭いのも怖い。

 

地震もそうだが、子供の体調不良の時にも理に適うことばかりだと思った。

家の管理の仕方にも正しいマニュアルがある、と改めて思った。

その道のことはその道の人に習うが一番

YouTubeって本当にありがたい。

家に居ながら学べる、いい時代です。

 

家を買ったときにお世話になった不動産の方に来ていただいた時

玄関を褒められた。

あれからリメイクされたのか、新しくしたのかと、きれいですね、と

とても嬉しかった。

 

YouTubeで学んだとうりをして、鏡の位置や生花で香りを演出したら

不動産のプロはチェックする力がさすが、マニュアルどうりを褒めてきた。

 

友人と家の間取りや置いてはいけないモノなど初めて知ったと話していたら

今頃? と驚いていたが、思えば友人は設計図を書くのがお仕事だった人

べらべら話して電話を切ったあとで思い出して反省。

プロに少し知ったばかりの素人がしゃべり倒したのだから、よく叱られなかった

ものだと後日謝った。

 

電化製品が次々壊れたりするのは次のステージが来ているのだと

足して怪しいアドバイスももらった。

 

体が寒がりにつくられているのではなく

環境づくりが下手なのだと思う。

年中夏のような暮らしが身に沁みついてしまっていて

空間を区切ることや、カーテンを閉め切ってしまうことは本当にムリ

 

広々と開けっ放しで

外も見えて家じゅう開け放して

どうりで寒いはずよね・・・

冬が過ぎなければ学習するのだろうが、春が来るともう忘れている

 

この危ない感覚は幼馴染としか共有できない。

そう思っていたら夢に出てきた。

頑張れ! 優しい笑顔は昔のままで会いたくなった。

でも小さな島を出たら、たいていが生涯会うのが難しい。

 

夢で会えただけでもよしとしよう。 

 

マニュアルどうりの家の整え

まだまだ続く

年末の掃除の期間とかぶってきたが、掃除は楽しくて心が整う。

体を動かせ、情緒はしまえ、と自分に喝を入れる。 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedly
  • LINEで送る
カテゴリー
タグ

冬は南国ライフを想定

冬は南国ライフを想定

 

トラックで最期の断捨離をすることにした。

だいぶ片付いて、モノが定位置に落ち着く、モノにも家がある

という風水の教えになるほどと思う。

 

気持ちがいい。

 

子育てが終わり、生活スタイルが変化すると、心の整理に時間を

要したが、ある程度整うと、次のライフスタイルへのイメージも

明確になった。

 

冬場は昨年同様南国ライフになるのかと思う。

17℃以下はほとんどない。

コートも要らない所だが、それでも滞在が長くなると

北風をだんだん寒いと感じてしまうのだから、体は不思議。

東京ライフでは、いかに暖房器具に守られているかを痛感した

今年の2月の南国滞在中のこと、

 

床を温めるカーペットなどなく

ホッカイロを買い物のたびに買い足した。

箱売りなどあるはずもなく、バラで並ぶとそれを数枚、爆買い

 

不思議そうな目で見られ続けたが、

しょうがない、寒いのだから、と

私以外に購入する人を見たことがなく、

 

湯ぶねのトラブルがなければ、今年は動かない予定だったので、気は重い

でも会いたい人も多い

さっそく気配が漂ったのか、友人の一人から電話。

 

クーラーをつけていると聞き

それも嫌だな・・・となんとも軟弱体質の自分をさらさないよう会話は慎重

コロナ禍の冬場の流行を想定していたので、

あれ?

となった今でも心の切り替えは、ああそうですか、と簡単にはいかない。

 

自由に行き来できるメンタリティを持ち

南国で過ごす時間は、こちらで知り合った友人知人を招待し

観光案内と満天の星空のもと、時間を気にせず珈琲タイムを楽しみたい

 

東京に戻ったら

田舎の友人が上京した際に味わいたいという芝居に案内し

富士山までのドライブも連れて行きたい。

 

みんなコロナで心が固まったままがしばらく続くだろうが

心が軽快になり始めたら

そうしよう、と前向きにスイッチを入れておしゃべりすると、

だんだん、そうよね、そうしようね、と互いに元気が出てきた。

 

嵐の前の静けさ?

警戒しつつも、まずはお互い心をほぐすリハビリからだね、と電話を切った。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedly
  • LINEで送る
カテゴリー
タグ

湯ぶねが使えない冬

 

家の不具合の点検で最悪床を外して目視が必要な工事をまるっとするか

湯ぶねを使わない生活をとりあえず続けるか、という診断に至った。

 

冬が来て、ああ、これだった・・・とその時になっていつも骨身にしみる

寒さに気づく

夏になって、こんなに暑かったか・・・と戸惑う自分

 

加齢とともに二季で過ごしてきた本能が強くなり、今日も湯ぶねがしばらく

使えません、と言われてもあまりピンと来ていない。

お湯が循環している仕組みも今日はじめて知った。

大丈夫か、と

真冬でなくて良かった、とこれもありがたい。

 

子供の喘息症状が出て、今度は湯ぶねが不具合で・・・

人生の岐路に何度も立ったように覚えているが

そのたび、不思議なことに後ろの門が閉じられるような、そこへしか進む

ことができないようなことが起きた。

 

地団太を踏んで抵抗すると、もっとその場の状況は悪くなり

進む方向へ押し出されるように動いてきたのが今の自分だと自分が一番

知っている。

 

使わなくなったテーブルや衣装ケースなどを断捨離しようと風水も取り入れ

ダイエットも並行しながら、バタバタと何故か知らないが動いている。

 

泣けてきた。

 

なんだかわからないが、何に向かって何をしようとしているのか、

床を外す目視のレベルの話を聞いて、

薄氷の上を歩いて生きているような不安定さをとっさに感じて、よくないなあ

と、知らないことの上に生きていることが本当に嫌になった。

 

持ち家は初めてだが、賃貸暮らしが長かったからか、

思考がすぐにまとまらない。

リノベーション、見た目は本当にきれい。

だが基礎工事からきちんと自分の目で見て確かめて、生活は飲んで食べて排出

しての繰り返しだから、人の体としくみは同じ。

 

解剖生理がわかって、どこそこが不具合なら、ここをもとから治さないと不具合

は連鎖する。

症状だけを対処するだけでは、体全体に不具合が波及していくのは必然。

家だって同じだと今更ながら、目の前のことに汲々して大切な何かをきちんと

見る、という知識に欠けていたことを猛省している。

 

さっさとこの家は直して売却し、終の棲家へ移る時が来ているのかもしれない。

自分の体は不具合が起きたからといって、新しい体へうつるわけにはいかないが

家は年代によって向く家があると割り切ることにしたい。

 

何故に断捨離

何故に風水

何故にアレルゲン検査

 

後ろの門をドン、ドンと閉じられていく感じがしていたが

開腹手術のような施工の話を聞いて、ちょっと待った、

と目が覚めた感じがした。

 

知識は必要

無知は損をする。

シンプルだが他に気を取られていたぶん、ツケが大きいなあ、と

ゆとりがなかった日々を振り返り、それでもこの家でやり遂げたことを思い出し

感謝することにして、お別れの準備を念頭に入れたいと思う。

 

一番大きかったことは親をこの家で看取ったこと

息子を巣立たせたこと。

友人や身内を招待できたこと

たくさんあるじゃないか・・・やっぱり泣きたくなる。

きちんと見えないところもきれいにして売りに出したい。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedly
  • LINEで送る
タグ