雨の日はJAZZを聴く

雨の日はJAZZを聴く

 

雨です。寒いです。

コタツを昨夜出してもらいました。

 

雨と言えばJAZZ

それに温かい珈琲

十分まったりとして用事で外へ出ると

なんと向かいの奥様、半そでTシャツ姿で階段のお掃除

 

私の防寒着姿にギョッとした様子

私も半そで姿に驚いて後ずさりしたが、誰が悪いわけでもない。

 

17℃ほどの短い冬のような季節とほぼ一年中真夏のような所

で生まれ育ち、今日のような気温は私の体感ではもう冬認定。

 

さて、どうする。

秋で体重を落とし基礎免疫力を上げるためにあれこれ想定しているが、

もうコタツを出したし、では様にならない。

 

夕食のあと、歩くぞ、と向かいの奥様の半そでパワーを覚えて

今日も7000歩、確保します。

 

そしてJAZZ

 

 

高校生の頃、部活から解放されて自由な時間が持てた束の間

進学先もたいていが決まり、散っていく寂しさもあって、JAZZ喫茶に

たむろしていたことがあった。

 

5人の時もあれば2人の時もあり、

きれいに焼きあがった厚切りトーストと珈琲で250円

暗い室内でランプの明かりやものすごい数のレコードや時計のコレクション

ピアノがあって、トランペットを時折マスターが誰もいない店内で練習して

いたこともあった。

 

正直、いもねえちゃんだった私たち

よく入れてくれたなあ、と今では不思議に思うほど店内の客は大人ばかり

それもたぶんJAZZがわかる人たち?

 

マスターは日野皓正さんを呼んだり、ナベサダさんを呼べたりできる人

なんだと、とわかったふうに話していたけれど、

場違いなところでよくまあ、女子高生数人で250円でたむろしていたもんだ

と、行くことになったきっかけがどうしても思い出せないが、凄く貴重な思い出

です。

 

卒業する前

私服で一人で行ってみた。

かっこつけて行ったのか、これももう覚えていない。

初めてマスターが声をかけてきた。

進学先を聞いてきたのでこたえると、店を出る時、メモを渡してくれた。

進学先の近くにあるJAZZを生演奏で聴けるお店の名前と地図が書かれていた。

 

進学先で学業が落ち着いた7月頃、そのお店に行った。

外人さんばかりで演奏者も日本人が一人もいない。

そもそもぽおーとしたいもねえちゃんが足を踏み入れるような場所ではなく

今度こそほんものの場違いだと自分でもさすがに気が付いた。

 

学生?

とトランペットを吹いていた黒人の青年に声をかけられ

どういう勉強をしているのか、と問われ、

なんちゃって英語でほぼジェースチャーでこたえたら、

「日本語教えて、僕、英語教えるから」

と自己紹介をしてきた。

 

早口の英語にきょとん状態の私に、待っていてよ、と奥から

店のオーナーだろう日本人男性を連れてきて通訳を頼んでニコニコと

話が成立したように満面の笑顔

 

○○さん? 

Mさんからよろしくって電話もらってるよ、とオーナーは

いらっしゃい、珈琲ね、と煎れてくれた。

うちはトーストはないぞ、と、少し恥ずかしかった。

 

兵役が終わったら医学部へ進学するんだという、語学勉強のシェア

を申し込んできたJさんと、時間が合えば、オーナーの好意でお店の

隅で勉強をするようになった。

 

トランペットの音やピアノの音が響く店内で書いたり、聞こえない発音を

繰り返したり、

 

Jさんはみるみる日本語が上達していった。

私もニュアンスを伝えるジェスチャー力が上がった。

 

オーナーが主催したJAZZコンサートを手伝ったこともあり、

ポスターを貼りに出かけたり、ちょっと有頂天な日々が続いた。

楽しかったが、やがて地獄と呼ばれる実習、実習が続くと当然行けなくなり

そうこうしている間にJさんは帰国してしまった。

 

正月休み、帰省した際にマスターMさんへ珈琲カップのお土産を持って

お店をたずねた。

 

一人用の大人席に案内されて

まるでJAZZがわかるようなポーズだけは上手になっていたので、

かっこつけて座った。

マスターもすっかり誤解してハードルを上げて話し込んできたが、

 

なんだ、まだガキか・・・とものの数分で見抜いて、

まだあそこだな、と笑いながら昔の席へと仕切り直し

 

向かい合って座ると、

Jさん、帰国する前に遊びに来てくれたよ、と

きみのこと、ハーフ(黒人と日本人の間に生まれた子)

だと思っていたようだよ、と

英語が話せないのは可哀そうだと思ってきみに英語を教えたと

話していた、というのだ。

 

動機はそれ? 人の心の中は話してみないとわからないんだな、と驚いた。

住所、預かってるけどどうする? 

というので、もらって帰ったが、英語で手紙を書く能力がなかったことと

学生生活の地獄ぶりに、忙殺されてそのままになってしまった。

 

雨が降る日に聴くといいよ

 

マスターもJさんもオーナーも同じようなことを教えてくれたので、

今でも雨が降るとJAZZを聴きたくなる。

 

心だけは年を取らないのかもしれない。

そんなことをまったりしながら思った。

 

 

今日の珈琲タイムは、

コインランドリーで洗濯物が乾燥し終わるのを待っている間、

車中で、これをいただきました。

 

7カフェ ホットコーヒーR
(セブンカフェ:https://www.sej.co.jp/products/a/item/140073/より)

 

  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedly
  • LINEで送る
カテゴリー
タグ

痩せる、コーラック1T

痩せる、コーラック1T

 

ダイエットを始めて明日で一か月

便秘体質でもあったので、一昨日はコーラック1Tを使用

それで終われば良かったものを、寝る前に追加1T、服用

 

朝の5時に起こされ、7時前までかかって最後の水まで出きった。

 

久しぶりに腸を刺激したので、

ああ、神様

ああ、お母さん、助けて

などと、途中、泣きそうにもなったけれど、無事終わった。

1Tでいい、と反省。 

 

リセットした今日から、するりと快便

なんて幸せなんだ、とこの感覚を忘れまい、と心に誓った。

 

年内に15㎏落として

食事や運動量を体に覚えさせて

これがあなたよ、とつくりかえていこうと思う。

 

9月13日  67・1㎏

10月12日  64・1㎏

 

起床時、裸になって排尿を済ませた後に毎日計測・記録

初めは子供も湿布まで剥がす姑息さを冷ややかに笑っていたが

今では自分も腕時計をしっかり外し、裸ん坊で測っている。

 

子供も2・7㎏減

そして筋肉量は増えてきた。

 

それを御朱印帳の横長に記入しているので、一緒に毎日

楽しく見ている。

 

外食の記録やその日の出来事もメモられているので

手帳のほうがおろそかになりそうです。

 

そんな時でも今日の珈琲タイムは

モーニングセットで午前10時にサイフォンで淹れて下さるお店へ

 

一日、私は二食になったが、家族はそれぞれの職場で昼食があるので三食

みな同じようなゆっくり減量ですすんでいる。

 

キャベツや大根のサラダも初めはそうたくさん食べれなかったが

慣れてくるもので、結構消費している。

 

珈琲タイムの時は

制限せず、スイーツも自由に食べている。

意識したこと、何より記録を始めたこと、挑戦して一か月

効果はそこかな、と思います。

 

患者様の排便回数や排尿回数など

もう何十年も見てきたはずなのに

自分の健康管理や家族の健康管理の記録をつけることになり

コロナ禍の災い転じて福となる、につながればと思います。

 

肥満は侮れない

一病息災、

と、自分にも子供にも言い聞かせています。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedly
  • LINEで送る
カテゴリー
タグ

映画007観に行きたい

映画007観に行きたい

 

外食へはそろりそろりと行くようになった。

大の映画好き

007が観たい。

 

ダニエル・クレイグが今回で終わりだというので、

映画館で見納めしたいという気持ちは大きいが、

スティホームをきつめにしていたので、社会復帰のハードルは高い。

 

イギリス人の紳士と結婚して、イギリスの湖畔のほとりで暮らすのが夢です。

子供はつくりません。

大きなワンちゃんと夫婦二人だけで、湖畔のほとりでお茶を飲むからです。

 

そんな夢を田舎の小学生が夏休みの宿題だった、「私の夢」で書いてきたのだから、先生にも生徒にも大うけしたのを覚えている。

 

ウケを狙ったわけでもなく

体育館に展示された作文を読んだ両親に、後日、わけを話す必要が生じた。

先生が、何か悩みがあるのではないか、と家に来たというのだ。

 

翌年の夏休み、

イギリス人の姉と弟の小学生が家のまわりを探検する話を作文にして

これもまた展示された。

妄想少女に先生が、将来作家になりなさい、

と、国語の放課後指導をするようになった。

 

「これを読んで感想文を原稿用紙2枚に書いてごらん」

 

当時はえこひいきなどという批判もなかったから

先生が転勤するまで指導は続いた。

 

先生は土曜日の午後になると、

わが家に立ち寄り、父のおろす新鮮なさしみをよく食べていた。 

 

その先生に肯定されたおかげなのか、

ますます湖畔のほとりに自分は将来住むんだという夢は広がり続けた。

 

どこの家も子だくさんで隣近所入り乱れて子供の数は賑やかだった。

 

「子供なんていらない、私かっこよく椅子に座って本を読むんだから」 

と、妄想していたなんて、

今思い出すと、とても恥ずかしい。

穴があったら入りたい。

長じた今ではそんな現実直視のおばちゃんになってしまいました。

 

それが、ダニエル・グレイグの007を観た瞬間、

あっという間に田舎の少女だった頃にタイムスリップしたから

映画の力は大きい。 

 

何がかっこいいか、って

あのスーツ姿のアクション

 

スーツ姿の男性はイギリス紳士だけではなく、誰でもかっこいい。

それが走ったり、バイクに乗ったり、飛び上がったり、

このスタイルを考えた人が凄いんだと思います。

 

シリーズのDVDはもちろん購入済み

家でいつでも観れるじゃないか、と思いますが

やはり長年の功労にファンとしては映画館鑑賞が望み

 

私もペンネームをいくつか使い分けて本を出していますが、

貸して、と言われることほど辛いことはない。

 

表の職業が全然違うので、親しくなって、つい喋ってしまったことがあり、

「それ、今度持ってきてください。貸してください」

で、その人から静かに遠ざかったのは、数年前のこと

それ以来、表では、書いていることは言ってはいけない、と肝に銘じた。

 

湖畔のほとりの妄想少女は、時に繊細なのだ。

 

現実はまったくベツモノの日々に追われているからこそ

やはり映画は面白い。

007を観たら、一週間は湖畔のほとりが続くのは間違いない。

 

冬になって、寒さが迫ってくると現金にも湖畔のほとりの妄想は終わる。

湖畔のほとりは寒いんだと大人になって知った。

 

何故、コロナなの?

ああ、憂鬱だ。

 

映画観たいし、友達と妄想話でだらだらとお茶もしたい。

 

それ以外はきちんと真面目に働くから・・・

 

行く? 行かない? 優柔不断は続く。

 

 

2021年10月1日公開! 007公式サイト

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedly
  • LINEで送る
カテゴリー
タグ

「踏むなよと浜に敷かれし花香り」

 

今日の珈琲タイムは和食屋さん

 

「お久しぶりです。お元気でしたか」

と声をかけられて、覚えて下さってありがとうございます

と言うと少し涙ぐんでおられた。

 

2019年の12月、英語圏に住む姉が帰国したので案内したのが

最後だったようで、お店の人の方が覚えていた。

年明けからコロナ禍で、そうだ、あの頃まではこうして伸び伸びと

外食していたんだ、と思い出した。

 

お店も大変だっただろうな、と改めて思いました。

店内のお客さんもマスクで黙食で気配がないほどマナーが良く

おかげさまで安心して美味しい日本食を楽しんできました。

そしてここの食後の珈琲がなんとも美味しいのです。

私の口によく合うので、コロナ前は、月に4・5回は通っていました。

 

お姉さま、お元気ですか?

と一度しか来店したことのない姉の国の様子も聞いて下さり

早く行き来できるといいですね、と温かい。

 

思えば、コロナ禍前は、外食にもよく出かけていた。

美味しいスイーツも食べていたのに体重は若い頃と変わらなかった。

それが免疫力をあげるぞ、と作りに作った私の料理のみの顛末とスティホームで

15㎏増・・・って、ある? 

 

ナチュラルな暮らしがなんてありがたかったのか、今更ながら感謝

コロナが落ち着いたら

海外旅行へも行こうね、と家族で話し合っている。

家族と海外旅行へ行ったことが一度もないことに気づいたのも

正直立ち止まったからで、それも不幸中の幸いかもしれない。

 

真面目で一生懸命な店員さんの優しさに経済まわさなきゃ、ね

と市井の人ながら本気で思いました。

「踏むなよと 浜に敷かれし 花香り」

 

誰もが一生懸命生きている

気づかずに踏んでしまっている花もあるかもしれない。

花の香りに気づける感受性は大事にしていきたい、と思う。

 

一人きりでは生きていけないし

生きている意味も感じられないし、

家の中ばかりは寂しいです。

人は人の中にあって、生き生きと言葉を交わし、

 

やっぱり外の空気を普通に吸える社会が早く来たらいいな、と思います

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedly
  • LINEで送る
タグ