• 思い出
人ったらしだった父

 

ある会合で、無口な方だろうとあえて挨拶へ行かずにいたら

あちらから近づいて下さり、乾杯をして下さった。

 

「あなた、〇〇さんの娘さん?」

はい、そうです、と緊張してこたえると、

 

私はあなたのお父さんのファンでした。このたびは・・・

とお悔やみの言葉を頂戴した。

 

若い頃、著名人を案内する機会が多く、

私の父によく電話で依頼をしていた、と。

 

ある日、約束していた客人を紹介しようと声をかけに寄ったら留守で、ね。

正直、無責任なヤツだなあ、とカチン、ときましてね、

 

私一人で案内するには荷の重い有名な方で、

一緒についてきた若いお嬢さんがたがまた元気で、

 

案の定、海を見るなり

わあ~!!

 

と泳ぎだしたんですよ。

流れが速いので、絶対、ダメですよ、と説明していたんですがね、

 

次々飛び込んで、あっという間に潮に流され始めたんですよ。

驚いて、とにかく浜を走って、

 

遠くにあなたのお父さんを見つけてね、

手を振ったんですよ。

 

流木に腰かけて煙草を吸って、まったく見向きもしない。

僕はもう走り疲れてね。

 

座り込んで石でも投げて合図を送ろうとしたらね、

あなたのお父さん、

 

立ち上がって、海に入っていって、

流れてくる女の子を一人、また一人、

 

次々浜へ担ぎあげてくるじゃないの。

きれいな抜き手でね、あっという間に捕まえていくんだよね。

 

惚れた、ね。

男が男に惚れた

ものすごくかっこよかった。

 

シャワーを使い終わった客人たちのために、

新鮮な魚やイカや蛸が刺身に下ろされていて、

 

テーブルいっぱいに酒席の用意がすでにされていたらしく、

「人ったらし、だったね」 

 

流される場所もよんでいて、ね

僕は、ね。いやあ、好きだったなあ。

 

ありがとうございます。

お調子者で・・・ご迷惑もおかけしたことと思います、と

 

父が亡くなって日も浅かったこともあり、

ありがたい乾杯に感謝した。

 

脳のA10神経が、心地いい・・・と、

最初に記憶したのは、父親。

 

母のことを書こうとしていたら

人ったらしが天国から夢に現れた。

 

それで、忘れないうちに書いています。

堂々のファザコンです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedly
  • LINEで送る
カテゴリー
タグ