記事一覧

「楽園からの手紙」 Kindle版

  • 出版

Warning: getimagesize(https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/h/haiblog/20180802/20180802222030.jpg): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.0 403 Forbidden in /home/haibaras/haibarashigeru.com/public_html/wp-content/themes/kaetenwp/theme_functions.php on line 2071

Warning: getimagesize(//ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=B07FYDZ829&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format=_SL250_&tag=haibarashigeru-22): failed to open stream: No such file or directory in /home/haibaras/haibarashigeru.com/public_html/wp-content/themes/kaetenwp/theme_functions.php on line 2071

「楽園からの手紙」 電子書籍Kindleで出版しました。

ご愛読下さいますよう、どうぞよろしくお願い致します。

楽園からの手紙

 

 

内容紹介

NICU(新生児集中治療室)が全国に順次開設され始めた当時の医療現場を舞台とした短編医療小説。
小児科医師、透と、主人公の看護師、夏子が働くNICUや小児科病棟の救命のシーンが詳細に描写されていて、臨場感があり、NICUの医療ドラマとしても読むことができます。
病院から話転じて、楽園を訪ねてきた有名人の「彼」を案内することになった夏子。
接点のないテレビの世界に住む「彼」と、どん底の人たちを救済する業種へ転職した夏子。
本来なら出会うことのない二人を繋いだ
「楽園からの手紙」
何が「彼」の心をとらえたのか。
何が主人公、夏子の気持ちを突き動かしたのか。
神が苦しみの極みの人や死の際に立つ人へ、天国はこういう所だ、怖がらなくても良い、と楽園の入り口を見せる刹那が誰にもあるのだという。
死ぬ時ではない人へは、生きる力を与えてくれるという、誰も証言できないがその風景とそっくりな伝説の場所へ、夏子は「彼」を道案内する。
話に聞いたことはあっても夏子さえ見たことのない光景。
果たして「楽園の入り口」の光景は、存在するのだろうか。
二人はたどり着けたのだろうか。果たして、「彼」は、生きる力を授かったのだろうか。

著者から、「楽園からの手紙」 を紹介させていただきました。

 

Amazon Kindleストアにて全編ダウンロードはコチラ↓

楽園からの手紙 ←Amazonへ

 

Kindleはスマートフォンで読むことができます

①スマートフォンにKindleアプリをダウンロード。

 アプリはこちらから入手可能です。(無料です)

Kindle

Kindle

AMZN Mobile LLC無料posted withアプリーチ

 

②Amazonにログインして購入できます。

Amazonアカウントをお持ちでない方はコチラ↓

Amazonの登録 (新規登録画面へ移動します)

※iphoneの方はPCサイトのAmazonで購入後、アプリで読むことができます。

楽園の入り口

楽園の入り口

災害が続き、記事を書く余裕がなく、すみません。

台風12号が通過中ですが、電子書籍、初出版をしました。

***

今日は、楽園の守り人である恩人の告別式がありました。

恩返しができなかった、と嘆く私たちに、「お先に」と

軽く手を振ってゲートをくぐって本物の楽園へと帰っていかれた。

片手でさようならをするその後ろ姿へ、

個人的なお礼を書かせていただいております。

「木曜くらぶ」

不思議な空間は無償で毎週あった。

木曜日に合わせて、魚を獲り、イカを釣り、蛸をとり、

さしみにし、新鮮な手料理で客人をもてなす不思議な楽園の守り人。

ハーモニカが上手で、ギターも上手で歌もプロ並み、話も深い。

一見さんも常連も誰も拒まない、皆、招き入れる。

何故、くらぶは木曜日なんですか?

新参者が問う。

主さんの休みが金曜日だからさ

ベテランメンバーが教えてくれる。

朝まで続く南国の夜。

男の美学、試される情の濃い明けない宴。

歴史の柱がポキンと一本折れたように、一昨日、天へ逝かれた。

変わらないものを伝承することの物凄さ。

潮目をよみ、季節をとらえ、自分の分の中で極め尽くす。

楽園の入り口には、そういう郷の美学が、どん、と座っていてくれる。

その方がおらなくなったら・・・どうなるんだろうか・・・

それぞれが持ち場で極め尽くせ、そう天から言われている気がした。

楽園はここだ、と伝えきれるか。

本物の野人の放つ匂いが遠ざかっていく。

大変お世話になりました。

ありがとうございました。(合掌)

「楽園からの手紙」 電子書籍で出版しました


Warning: getimagesize(//ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=B07FYDZ829&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format=_SL250_&tag=haibarashigeru-22): failed to open stream: No such file or directory in /home/haibaras/haibarashigeru.com/public_html/wp-content/themes/kaetenwp/theme_functions.php on line 2071

「楽園からの手紙」 電子書籍で出版しました。

ご愛読下さいますよう、どうぞよろしくお願い致します。



NICU(新生児集中治療室)が全国に順次開設され始めた

当時の医療現場を舞台とした医療シーンもある物語です。


ドクター、ナース、コメディカルを主人公とした

現場の一日や数日を切り取るようなストーリーです。


時代や環境は刻一刻と違っていきますが、

働く人の悩みや疲れや喜びや、生きがい。


時を超えて、「今」 を生きる人へ、少しでも頑張れる糧になれば、と

著者から、「楽園からの手紙」 を紹介させていただきました。


詳しくはAmazon Kindleサイトにて紹介しております。


楽園からの手紙


Kindleはスマートフォンで読むことができます

①スマートフォンにKindleアプリをダウンロード。

アプリはこちらから入手可能です。(無料です)

Kindle

 

Kindle

AMZN Mobile LLC無料posted withアプリーチ

 

②Amazonにログインして購入できます。

Amazonアカウントをお持ちでない方はコチラ↓

Amazonの登録 (新規登録画面へ移動します)

※iphoneの方はPC上のAmazonで購入後、アプリで読むことができます。

カテゴリー
タグ