記事一覧
  • 免疫力を上げる

    2020/10/08

    心と体

    あっという間に10月です。11月は遠出をする予定なので、急いで体力をつけようともがいていますバランスよく食べて活動して寝て・・・この無意識でこなしていただろう生 ...

  • 寒い日も悪くない

    2020/10/07

    未分類

    https://youtu.be/4RojlDwD07Iコートにもマフラーにも雪が・・・家へ帰ったら暖炉の傍で温かい珈琲を飲みたくなる立ち止まることなどないよう ...

  • 体力づくり

    2020/10/04

    日記・コラム・つぶやき

    疲れたからといって、さて、と目を閉じて、体を置き去りに天国へそうそういけるものではない。体を脱ぐというのは簡単なことではない。ドラマのように映画のワンシーンのよ ...

免疫力を上げる

免疫力を上げる

  

あっという間に10月です。

11月は遠出をする予定なので、

急いで体力をつけようともがいています

 

バランスよく食べて活動して寝て・・・

この無意識でこなしていただろう生活リズムが

自粛・スティ・ホームで乱れてしまいました。

 

多くの方が、世界中の人が

いきものとして

ギクシャクした生活の変化に

 

疲れや変調を覚えているのではないでしょうか。

 

***

 

現代はものすごく情報にあふれていて有難い面があります。

動画でドクターをはじめ専門職の立場から

免疫力をアップする、というテーマで語っておられます。

 

TVをコロナ禍の今を知る前に購入しました。

TVのない生活をずうと送ってきたのに

何故、TVを買ったりソファを買ったり・・・

 

今でも不思議でなりません。

TVの報道を観て、医療知識をまったく畑違いで生きている方々が

学ばなければならない、という、あっという間の現象に

 

秋の今頃になって

これって厳しい時代じゃないですか、と真剣に思います。

 

***

 

神様が造ってくださった私たちの体・細胞は

誕生があって死があります。

 

摂理は美しく完全です。

 

ところが死がない、生き続けるものがあります。

緩和ケア病棟では、その細胞に栄養を与えないために

 

よほどでなければ点滴をしない。

神様が与えて下さった「死」を持つ本来の細胞へも

当然栄養は及んで行きません。

 

それで援助できる可能な限りの緩和をサポートします。

 

***

 

免疫力という言葉は医療用語ではないので、

細胞が生きていくために自分も努力する、という少し小難しい

ことばをイメージしてみました。

 

祈りは届きます。

座すれば力を得ます。

 

医療と畑違いで頑張っておられる方々へ

私は自分の得た聖書の世界を伝えたくて書いています。

 

医療知識を発信して下さっておられる方々の熱意を

急いで習得してほしい、と心から思います。

 

冬を迎えて

自身の体力で乗り切るために必要なこと

体は資本だと自分も痛感している次第

 

チームで一人を加療する

チームで子供が教育を受けていく

チームで犯罪者が一人逮捕される

 

チームがこちらへ助けの手が届けられない事態の時

自身の体力が自身を守ります。

 

免疫力という医療専門用語はありませんが、

概念はおおよそ誰もが持っている

 

その個人の概念に

医療の基礎知識を併せていく必要があると感じています。

 

カテゴリー
タグ

寒い日も悪くない

寒い日も悪くない

 

 

コートにもマフラーにも雪が・・・

家へ帰ったら暖炉の傍で温かい珈琲を飲みたくなる

立ち止まることなどないような寒い路上で

ひと時の他者との共有の奇跡

  

寒さなど、 

縁遠い世界で生まれ育ったはずの私ですら

何故、こんなにも懐かしいのだろうか、と

 

***

 

今年のスティ・ホームで

生まれてからこのかた走り続けてきた足が止まり

 

時間ができた。

 

 

自分がいかに何も知らないかをたくさん知った年でもある。

大変だが、不思議な時間だと今も思っている。

 

そして、時間はあるようでない。

ないようで、ある。

 

才能を、タラントを倍にせよ

埋めたままにするな

 

神様の命令を

静かに温かくゆるやかに

伝えてくれる歌声に癒されている

カテゴリー
タグ

寒くなったら聴きたくなる

寒くなったら聴きたくなる

 

肌寒くなったら、聴きたくなるマーティンさんの路上ライブの歌声

 

人恋しくても、今年は同居家族以外とのシェアはなく

普通の暮らしがどれだけありがたかったのか、身にしみます。

 

寒さは苦手ですが

立ち止まって聴き入っている人にそれぞれドラマがあり

 

映画のような映像も大好きで、心が温くなります。

 

カテゴリー
タグ

体力づくり

 

疲れたからといって、

さて、と目を閉じて、

体を置き去りに天国へそうそういけるものではない。

 

体を脱ぐというのは

簡単なことではない。

 

ドラマのように映画のワンシーンのように、コトッと頭を動かす

だけで、いけるようなものではない。

 

コロナ禍で、

病院が混まない時期だからこそ

これまでうやむやにしてきた体をしらべにいった。

 

何が弱点なのか

ありがたいことに専門医に今なら詳細に聞くことができる。

走っている時代にはありえないことだった。

重症でもないのに敷居が高い。

それを丁寧に説明して頂き、よくよく今頃、目が覚めた。

 

***

 

 

一気に落ちてしまった体力を取り戻すために

今日も山歩きをしてきました。

 

季節外れのあじさいが咲いていました。

 

自然のなか

山道は気持ちがいい。

 

足の裏を返してくる土の柔らかさが優しくて

人を養おうと神様が与えて下さった大地を離れて

急いて生きている自分に、はっとなる。

 

 

季節外れのあじさい、

季節が狂おうと、咲いている。

 

***

 

 

タラントを倍に増やせ

 

神様の命令はシンプルである。

神が造りたもうた唯一無二の

ただひとりの各人へ

 

個性を倍に増やせ、と命じている。

 

 

人とム(カンマは神という意味)

 

人となられた神はただおひとり

 

その仏の後ろ盾となる御父・天におられる神

そこを通れ、と呼びかけている。

 

神をそのまま見た人は死ぬ

そこを通れ、

わたしを見た者は父を見たものである。

 

***

 

聖書は不思議な神の書

 

***

 

私たちはただ一つしかない個々の体の中に

魂があり

 

ある時、

あなたが最もひとりきりな時、

そこが一度ひび割れ

 

天にも地にも満ちている聖霊なる神の霊と

神の息を吹きかけられて造られた人の中に置かれた聖なる霊が目覚め

あふれ出て、呼応し、同じいのちですから、

神様がわかってしまうという不思議があるといいます。

 

誰も他者はその時を知らない

神様とその人との聖域

 

体は、神様の霊を運ぶお宮さん

粗末にしたらばちがあたる、と

最近、そういうことを思うようになりました。

 

あまりにも忙しい人生を走りすぎて

自分の体のことを意識せず、管理せず・・・

 

改めて、

 

神様が入れ物としてつくって下さった神秘

わかったつもりでいた人の体をノートに書きだして

健康管理を真剣にしてみようと反省

 

人の体をとられ

人の体で十字架上で亡くなり

 

死んで三日目に蘇ったイエス様は

「完了した」 と語られました。

 

うち傷をみて

「満足した」と天の御父は語られました。

 

それを説き明かしてくださる聖なる霊

 

神様には死がない

永遠ですから

 

十字架を経て

地の触れたらまんま絶滅してしまう罪の子らを

わたしが道だ、わたしを通れ、と

救済の方法を示し続けておられる神様

 

新創造

 

古い自分でお宮さんの管理は大変です。

新しいぶどう酒は新しい皮袋へ、と聖書は語ります。

 

生きようと思うと体は時にあちらこちら痛い

一度死んだのだと気づけば、

保とうという執着心も死に渡されたはずで・・・

 

神の山に備えあり

お宮さんの管理維持は、聖なる方とその人の聖域

人だけのものではない、と、

 

山歩きの

気持ちよさにつられて、書いています。