コロナ太り

コロナ太り

 

スティホームで子供と二人、それぞれが10㎏太った。

焦ってジムの体験に行ったが、子供がシステムに適応できず辞めた。

 

わずか2回行っただけで、入会申し込みを記入していたため

二人合わせて請求された金額に正直心が折れた。

 

それから白色脂肪細胞はますます増殖し

もう今では恐怖の域。

 

人様へ健康のお話をするのに

それはないんじゃない?

今更ですが、ウイルスも怖いが、白色脂肪細胞も怖い。

 

断食ダイエットを考えてみたが

もうお金は使ってくれるな、と主人の厳しい言い分

 

それもとても納得

二人で、わずか二回で5万円ちかく取られた結果

体重は、それからまた3㎏づつ増えている。

 

これまで太った経験がない

と何度も言い続けてきたが

バランスを崩した脂肪細胞の恐ろしさは、止まらない、天井知らず

という、「死」 を狙ったモノだと認識したのは、つい昨日のこと

 

自分のためではなく

子供の白色脂肪細胞をつぶすため

 

真剣にコトの大きさに我に返った次第です。

 

飢餓の時代に生きてきた私たちヒトの細胞は

肥満・飽食・過食・・・

それに対する解決は、インスリンしか持っていない。

 

飢餓から守られる術は

神様から十分に備え、与えられている。

 

反省

しっかり、気づくこと

子供を守れ

子供を守るために、己れも守れ

 

それで今日から

身長・体重・腹囲などを二人それぞれに計測

記録をつけ、

朝小食、そして休日朝食断食などを計画し

確実に体重を落とすことを決めた。

 

言い訳がましいが

仕事で今のコロナ禍の前体験を海外で経験したことがあり、

500名ほどの人を一人で守らなければならなくなった。

 

若かったからできたことだと

今回の騒動で身の毛もよだつほどのPTSDに襲われ

誰よりもナーバスに早め早めの自粛で

感染予防にかける情熱は半端ない勢いだったと思う。

 

ところが、

地方に二か月滞在した際、キッチンがなく外食オンリー

だったのが災いとなって、

東京に戻り自宅のキッチンの自由さに

食材の豊富さに、

ついつい料理にはまってしまった。

 

田舎スティ中

広い庭の手入れや掃除に追われ

忙しいスケジュールに追われ

背中の筋肉は動物の背筋のようにしなやかになり

体重もそれはそれはきれいな数字だったものを

 

私は目の前のことしかできない人だと再認識

あっという間に、気づけば、今、未知との遭遇状態。

 

目の前のことしか考えられない私が

今考えていることは、

田舎へ行き野人生活に戻るか、

今すぐ断食生活を取り入れるか、だと

何にもまして最優先だ、と今は体重計しか見えない、

というスイッチが入った。

 

本当にバランスの悪い人だと自分でも思う。

 

脂肪細胞の暴れは恐ろしい。

水を飲んだだけで太るんだよ、

 

あれは嘘ではない気がする

 

証明するために

子供をリードしながら

健康管理に努めたいと思います。

 

免疫力を高めるために

いや、そもそも体を通常モードに戻すこと

危なかった・・・

いや、危ない、危ない。

子供を守れ!です。

 

本当は太ることそのもを警戒していたほうが健全

イレギュラーで肝臓を刺激すること事態を避けるべき

 

太る、という危機を体験できて

子供を守ることを必死で考えられたことを

不幸中の幸いとしたい。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedly
  • LINEで送る
カテゴリー
タグ

緩和ケア 家での看取り

  • 心と体
緩和ケア 家での看取り

 

今日は久しぶりにコロナについてまとめたものを持って

1時間弱の説明へ行ってきた。

 

コロナ禍で外出をしたのはほぼ一年半ぶりかもしれない。

かたくなった頭に詰め込めるだけのものを詰め込み

 

物忘れがひどくなった脳を揺さぶりながら

自分の老眼のために用いた大きなスケッチブックを持って

 

コロナというウイルスについて

 

自己と非自己という免疫のシステムについて

 

マスク着用やガウン着用や

清潔ゾーン、不潔ゾーンの概念など

 

今更ながらではあるが

復習すること、整理整頓することで

少なくとも身近な人を守れる知識をシェアすること

を目指して話してきた。

 

緩和ケアとは離れている内容だが

最近、多くのことを同時にこなす力がなくなっていて

こちらで書いた文章をある方へ渡したいと思い書いています。

 

自宅で大切な方と最後の時間を過ごす。

客観的に考えると、残酷な時間である。

 

共に過ごす時間は大切な人であればこそ永遠であれ

と思うものです。

人は誰しも最後はこの世を離れます。

ですが、愛する人との時間は永遠なれ、とやはり思うものです。

 

とても辛いですが

貴重な時間をどのように過ごすか

答えはありませんが、少しでもお役に立てればと思います。

 

痛みを取ること

ペインコントロールが何にもまして優先すると思います。

痛みは死から逃れようとする人の体のSOS、サイン、

 

それが患者様の意識の最優先であり続ける限り

死という恐怖と対峙し葛藤していることになります。

 

ゼロではないが和らげ、緩やかにするというのが

緩和ケアの意図になります。 

 

そして残り少ない貴重な時間の中で

クオリティーの高い時間をステロイド剤を用いて

導いていきます。

 

会いたい人に会う時間

ゆっくり家族水入らずの時間

ご本人の望まれる尊いひとときを

サポートする側が演出する、という努力も

とても大切な思い出になります。

 

がん細胞は貪欲です。

点滴も食事も健康な細胞へはいかず

がん細胞を太らせていきます。

 

過酷なようですが

緩和ケア病棟ではよほどでないかぎり点滴はしません。

 

患者様と過ごす時間の中で

スタッフが緩和ケアの手を差し伸べるのは

患者様と同様ご家族へのケアです。

 

痛みの棘にもがくご家族の心に寄り添い

ご家族が患者様に寄り添うのをあくまでも黒子として

手になり足になり知識を手助けし

最後まで伴走します。

 

誰かが必ず聞いてくれる

一人ではない

 

大切な人を看取るのにマニュアルはありませんが

看取りたい、という思いは

関わる方々の心を動かし

最上のことを提供しようとする輪になっていき、

ワンチームから、

唯一無二の時間が生まれていきます。

 

少しでもお役に立てればと思い

急ぎまとめてみました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedly
  • LINEで送る
カテゴリー
タグ

お盆、帰省なし

 

お盆は帰省できないので、リビングに両親の写真を飾り

ままごとみたいな気持ちお盆ですが、

何もしないよりはましかなと、迎えることにしました。

 

リビングのカーテンも戸締りの時間までオープンのまま

天国は一つだから、東京広いけれど

カーテン開けっ放しの家なかなかないから

見つけやすいよね、

迷わないよね、と声かけながら食事も供えていこうと思います。

 

おじいちゃんへ供えたビールは

長男が供えたあと飲んでくれる役割だったが

今年も会えず・・・

コロナ禍でもう二度目の盆休みが・・・

 

社会の最前線で戦う子供たちを応援してね、

と天国の先祖へもお願いしようと思います。

 

暑い暑い夏の夜ではありますが、

トリ鍋にしました。

そして水素風呂です。

 

クーラーで冷え切った体を芯から温めなおして

新陳代謝のための睡眠時間のクーラーつけっぱなし

との中間、体メンテナンス。

 

少し油断した昨年

マスク着用下で不整脈に襲われた真夏の恐怖体験を

教訓に予防に努めています。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedly
  • LINEで送る
タグ

真夏の大冒険が終わった

真夏の大冒険が終わった

 

オリンピックが終わりました。

真夏の大冒険が終わりました。

 

この言葉を発したアナウンサーの方

言葉の天才ですね。

しっかり脳に刻まれました。

大人の温かくも寄り添り見守る気持ちが

表現って・・・いいですね。

 

生きている間に

ビンゴな表現が一度でもできたらいいですね。

 

とても力をもらったオリンピックでした。

アスリートの皆様、関係者の皆様、ありがとうございました。

アスリートを生みはぐくみ続けた親御さん、

心からリスペクトです。

 

一日にして成らず、本当にそのとおりだと思います。

オリンピックは親子が一緒に観ると

語らずとも最強の教育になるんだろうな、と思いました。

 

マスク生活でパッとしない夏休み

子供たちにやる気が広がっていったらいいな、と観ていました。

 

元気をいただいたあと、

おばちゃん親子も真夏の大冒険をする時がきました。

 

ウイルスの暴露を浴びるのは多少覚悟しなければなりません。

免疫力を強めて生きるための選択ですから

何を優先にしてどう時間を使っていくか

個々人の選択は自由

 

それにしてもよく頑張ったと

スティ・ホームの1年半を自分で自分を褒めたいと思います。

 

感染予防のスタイルは今までと変わらず

帰宅後シャワー・飲料水をこまめに飲み・マスクは不織布

折り目はウイルスをため込みにくい使用法をきちんと守り

室内での密は避ける

 

まだまだありますが、

心を伸び伸びと過ごさせていくことが

子供を守り続ける秘訣だと信じて

真夏の大冒険、いよいよスタンバイです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedly
  • LINEで送る
カテゴリー
タグ