記事一覧

 エリ・エリ・レマ・サバクタニ          

 エリ・エリ・レマ・サバクタニ          

わが神、わが神。どうしてわたしをお見捨てになったのですか。 

        マタイ27-46

十数年前の3月14日、私は洗礼を受けた。

家族や友人に教会へ誘われたわけではなく、聖書を開いたこともなかった。

救急室のベットで脈拍が40を切り、もう無理だと感じた時、

子どもたちを置いて、どこへ行こうというのか、誰か助けて下さい

誰か助けて下さい、と無我夢中で吐ける息の隙間に声を出した。

***

「あなたが負けたら僕たちも負けるような気がする。負けるな」

体をさすってくれた人たちの有難い声を感覚を今でも覚えている。

渇いた絶望の淵で、途絶えようとした息のはざまで

いや終わった、という刹那

わたしは十字架を見た。

「あなたにはできない。わたしがした。あなたにはできない」

一滴の水が渇いてあえいだ口の隙間に落ちたかのように

死んで生き返った。

***

エリ・エリ・レマ・サバクタニ

このことばが神の子から発せられなかったら

私はキリストを信じたと思う。

知人の言葉に、その時、説明できなかったが、今は答えることができる。

誰から教わったわけでもない。

魂の殻が割れて、霊が呼吸し始めたからだということを教会で教わった。

私たちの魂の中にある霊

神が息を吹き込んだというから神の息である。

神の息は気管までしかいけない短息か?

神の息に不足があるのか。

神の息は人を土で造ったあと、

「生きよ」

と命じて、そのとおりに生きさせた全能者の息である。

***

何故、わたしをお見捨てになったのですか。

何故、見捨てられたと刹那、語られたのか。

神が死ねないということを忘れてはいけない。

***

誰かわたしを助けて下さい、と声にもならない息を吐いたことを覚えている。

「あなたにはできない。わたしがした。あなたにはできない」

魂は意志・知性・感情でできているという。

殻は硬い。とてつもなく硬い。

殻は自分では割れないが、割れたコントロールを失った時を

「幸いな者」

と聖書は語る。

何故なら、あなたはその時、神の息を知るからだとある。

***

厳しい時代を目の当たりにしていますが

「立ち返って静かにすれば、あなたがたは救われ、

落ち着いて、信頼すれば、あなたがたは力を得る。」

      イザヤ書30-15

と聖書にあります。

カテゴリー
タグ

感染症予防 家でしていること  

  • 心と体
感染症予防 家でしていること  

TVやネットで情報がたくさんあって今さら感はありますが、

自分が日ごろから気を付けているところを書いてみます。

***

家へ帰って手洗いをしてうがいをする。

ハンドタオルを左側、右上にはティッシュを置いています。

うがいのあとのくちまわりをティシュを2枚くらいで拭き

濡れていない部分をつまんだまま、蓋つきの頻回に捨てるゴミ箱へぽいっ。

***

マスクが大型店舗からすっかり姿を消してしまいました。

口から入るウイルスや菌を胃酸でやっつける、というイメージを持ち

こまめに水分を取り、敵が気管へ流れ込む余裕を与えず

すぐうしろにある食道へ流し込む。

あとは胃が処理してくれます。

頑張ってくれる消化器官をいたわっておくのも冬の大事な体調管理

***

胃液の主成分・消化酵素は、塩酸とペプシン(ペプシコーラーはこれが語源)

です。

どちらも肉にそのままかけたら肉はとけてしまいます。

うがいも大切ですが、そのあと水を少し飲む

人の体は、完璧なしくみで造られています。

バランスよく、

神が造られた体は、人が過剰にあるいは過少に扱わなければ

絶妙に、自分で自分を守れるように造られています。

カテゴリー
タグ

「緩和ケア病棟」Kindle版

「緩和ケア病棟」 電子書籍Kindleで出版しました。

ご愛読下さいますよう、どうぞよろしくお願い致します。

緩和ケア病棟

 

内容紹介

病院の大義が救命、痛みを取ることだとすると、緩和ケア病棟は、チーム医療で痛みをとることを一丸となって行う病棟。
患者の体の痛みや心の痛みを緩和することはもちろんだが、患者との別れを前提とした家族へのサポートも同時に行っていく。
アメリカで元看護師だったドクターが「ケア」の視点、全人的な痛みを取ることを目的としてつくられたという「緩和ケア病棟」。実際の病院をモデルにしていますが、創作当時と医療事情は変化しており、多少の違いもあるかと思います。
また主人公の男性看護師、指導する専門看護師は実在する優秀なナースをモデルとして描いておりますが、物語全体はフィクションです。
「看取る」 ことを職業とする彼ら、彼女らは、自身のメンタル管理もさることながら、業務中の実際において、職能域の人間性の高さに著者自身が感動し、10年前に書きあげました。
彼ら、彼女らに続く次世代へ少しでも参考になれば、と出版しました。
親子の離別の葛藤が物語の核となっていますので、医療従事者以外の方々へは、ぜひ人間ドラマとしてご愛読頂ければと紹介いたします。(著者からの紹介文)
Kindleストア『緩和ケア病棟 Kindle版』より

 

 Amazon Kindleストアにて全編ダウンロードはコチラ↓ 

緩和ケア病棟 ←Amazonへ

 

Kindleはスマートフォンで読むことができます

①スマートフォンにKindleアプリをダウンロード。

 アプリはこちらから入手可能です。(無料です)

Kindle

Kindle

AMZN Mobile LLC無料posted withアプリーチ

 

②Amazonにログインして購入できます。

Amazonアカウントをお持ちでない方はコチラ↓

Amazonの登録 (新規登録画面へ移動します)

※iphoneの方はPCサイトのAmazonで購入後、アプリで読むことができます。

「楽園からの手紙」 Kindle版

  • 出版

「楽園からの手紙」 電子書籍Kindleで出版しました。

ご愛読下さいますよう、どうぞよろしくお願い致します。

楽園からの手紙

 

 

内容紹介

NICU(新生児集中治療室)が全国に順次開設され始めた当時の医療現場を舞台とした短編医療小説。
小児科医師、透と、主人公の看護師、夏子が働くNICUや小児科病棟の救命のシーンが詳細に描写されていて、臨場感があり、NICUの医療ドラマとしても読むことができます。
病院から話転じて、楽園を訪ねてきた有名人の「彼」を案内することになった夏子。
接点のないテレビの世界に住む「彼」と、どん底の人たちを救済する業種へ転職した夏子。
本来なら出会うことのない二人を繋いだ
「楽園からの手紙」
何が「彼」の心をとらえたのか。
何が主人公、夏子の気持ちを突き動かしたのか。
神が苦しみの極みの人や死の際に立つ人へ、天国はこういう所だ、怖がらなくても良い、と楽園の入り口を見せる刹那が誰にもあるのだという。
死ぬ時ではない人へは、生きる力を与えてくれるという、誰も証言できないがその風景とそっくりな伝説の場所へ、夏子は「彼」を道案内する。
話に聞いたことはあっても夏子さえ見たことのない光景。
果たして「楽園の入り口」の光景は、存在するのだろうか。
二人はたどり着けたのだろうか。果たして、「彼」は、生きる力を授かったのだろうか。

著者から、「楽園からの手紙」 を紹介させていただきました。

 

Amazon Kindleストアにて全編ダウンロードはコチラ↓

楽園からの手紙 ←Amazonへ

 

Kindleはスマートフォンで読むことができます

①スマートフォンにKindleアプリをダウンロード。

 アプリはこちらから入手可能です。(無料です)

Kindle

Kindle

AMZN Mobile LLC無料posted withアプリーチ

 

②Amazonにログインして購入できます。

Amazonアカウントをお持ちでない方はコチラ↓

Amazonの登録 (新規登録画面へ移動します)

※iphoneの方はPCサイトのAmazonで購入後、アプリで読むことができます。