東京は案外緑が多い?

 

 

一つのことしか取り組めない私

 

最近は、散歩、散歩、と歩いて歩いて歩数を記録することに夢中

 

夕食のあと、家の周りを三周すると6000歩になるので、

昼間の空き時間はできるだけ車で出かけて景色を楽しむ散歩へ

 

せっかく免疫力があがるように、健康管理ノートの記載を始めたので

「笑うこと」

「楽しく歩くこと」

「馬肥ゆる秋の旬でも美味しく痩せること」 

 

そして感染予防を引き続き緩めないこと

 

と、目標を掲げてもうすぐ一か月

雪でも降ると今のように歩けない

ショッピングモールなどは、コロナが再流行すれば歩けない

 

今が一番体力づくりに向いている季節であり

チャンスだと思うと、人気の少ない場所を探しては毎日散歩

 

備えの二か月、と10月、11月を貴重に思い丁寧に記録する。

記録?日記?

気持ちを書き込まないのでやはり記録手帳か・・・

 

 

もう40年近く習慣が続いている記録手帳、

その手帳がある時、一人の医師を助けたことがある。

 

24歳の時、仕事を記録していただけの手帳が当直の医師を救った。

あれ以来、その日あった事実だけを記録する、をやっぱり続けている。

 

心の動きまでを足して記すと、

事実だけが欲しくて遡って読む時の邪魔になりそうな気がして、

断捨離でほとんどモノのない我が家の本棚に

もう何代もの記録だけ手帳が置かれている。

 

子供も真似てまとめノートをもう何年も続けている。

こちらはディスリ・ノートとスタッフさんたちから呼ばれている。

 

登場人物は、

フルネームで、

日常にあったことを自分の視点から細かく書いている

感情盛りだくさんである。

ハンディキャップがあるので誤字もあるが、だいたい意味が読み取れる

 

スタッフは怖くて読めない、と皆さん笑いながら話す

 

母親のことは最後の砦なので、めったにディスらないが

それでも意見が食い違ったな、という日に読んでみると、怖いし

思い切り刺さる。

 

その方法でこの子はなんともユニークな存在で多くの人に

愛されている。ぶつからない人間関係の達人なのだ。

 

言い分をしっかりその日のうちに吐ききって、

状況も詳細に記して同じ状況に陥らないようその日で学習する

 

偉いなあ

と、自分の言い分のままにならない人生

自分で選び取ったわけでもないのに、ごめんね。

 

ハンディキャップのある世界で限られた日常の中で

多くを吞み込んで生きている。

 

多くの人の助けがないと暮らしていけないから誰も怒らせないし

誰も敵にまわせられない。

ぶつかるわけにはいかないが、受け取るだけでは自分もまいる。

 

そういうことを思い始めると

ディスリノートがなんとも気高く読めてしまう親バカである。

 

この子のために

生涯健康で動ける体でいたい、と

コロナ禍で改めて気づかされた次第

 

散歩、散歩は、目的が明確になった今ではとても楽しい

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedly
  • LINEで送る
カテゴリー
タグ