記事一覧

 エリ・エリ・レマ・サバクタニ          

 エリ・エリ・レマ・サバクタニ          

わが神、わが神。どうしてわたしをお見捨てになったのですか。 

        マタイ27-46

十数年前の3月14日、私は洗礼を受けた。

家族や友人に教会へ誘われたわけではなく、聖書を開いたこともなかった。

救急室のベットで脈拍が40を切り、もう無理だと感じた時、

子どもたちを置いて、どこへ行こうというのか、誰か助けて下さい

誰か助けて下さい、と無我夢中で吐ける息の隙間に声を出した。

***

「あなたが負けたら僕たちも負けるような気がする。負けるな」

体をさすってくれた人たちの有難い声を感覚を今でも覚えている。

渇いた絶望の淵で、途絶えようとした息のはざまで

いや終わった、という刹那

わたしは十字架を見た。

「あなたにはできない。わたしがした。あなたにはできない」

一滴の水が渇いてあえいだ口の隙間に落ちたかのように

死んで生き返った。

***

エリ・エリ・レマ・サバクタニ

このことばが神の子から発せられなかったら

私はキリストを信じたと思う。

知人の言葉に、その時、説明できなかったが、今は答えることができる。

誰から教わったわけでもない。

魂の殻が割れて、霊が呼吸し始めたからだということを教会で教わった。

私たちの魂の中にある霊

神が息を吹き込んだというから神の息である。

神の息は気管までしかいけない短息か?

神の息に不足があるのか。

神の息は人を土で造ったあと、

「生きよ」

と命じて、そのとおりに生きさせた全能者の息である。

***

何故、わたしをお見捨てになったのですか。

何故、見捨てられたと刹那、語られたのか。

神が死ねないということを忘れてはいけない。

***

誰かわたしを助けて下さい、と声にもならない息を吐いたことを覚えている。

「あなたにはできない。わたしがした。あなたにはできない」

魂は意志・知性・感情でできているという。

殻は硬い。とてつもなく硬い。

殻は自分では割れないが、割れたコントロールを失った時を

「幸いな者」

と聖書は語る。

何故なら、あなたはその時、神の息を知るからだとある。

***

厳しい時代を目の当たりにしていますが

「立ち返って静かにすれば、あなたがたは救われ、

落ち着いて、信頼すれば、あなたがたは力を得る。」

      イザヤ書30-15

と聖書にあります。

カテゴリー
タグ

感染症予防 家でしていること  

  • 心と体
感染症予防 家でしていること  

TVやネットで情報がたくさんあって今さら感はありますが、

自分が日ごろから気を付けているところを書いてみます。

***

家へ帰って手洗いをしてうがいをする。

ハンドタオルを左側、右上にはティッシュを置いています。

うがいのあとのくちまわりをティシュを2枚くらいで拭き

濡れていない部分をつまんだまま、蓋つきの頻回に捨てるゴミ箱へぽいっ。

***

マスクが大型店舗からすっかり姿を消してしまいました。

口から入るウイルスや菌を胃酸でやっつける、というイメージを持ち

こまめに水分を取り、敵が気管へ流れ込む余裕を与えず

すぐうしろにある食道へ流し込む。

あとは胃が処理してくれます。

頑張ってくれる消化器官をいたわっておくのも冬の大事な体調管理

***

胃液の主成分・消化酵素は、塩酸とペプシン(ペプシコーラーはこれが語源)

です。

どちらも肉にそのままかけたら肉はとけてしまいます。

うがいも大切ですが、そのあと水を少し飲む

人の体は、完璧なしくみで造られています。

バランスよく、

神が造られた体は、人が過剰にあるいは過少に扱わなければ

絶妙に、自分で自分を守れるように造られています。

カテゴリー
タグ

楽園の入り口

楽園の入り口

災害が続き、記事を書く余裕がなく、すみません。

台風12号が通過中ですが、電子書籍、初出版をしました。

***

今日は、楽園の守り人である恩人の告別式がありました。

恩返しができなかった、と嘆く私たちに、「お先に」と

軽く手を振ってゲートをくぐって本物の楽園へと帰っていかれた。

片手でさようならをするその後ろ姿へ、

個人的なお礼を書かせていただいております。

「木曜くらぶ」

不思議な空間は無償で毎週あった。

木曜日に合わせて、魚を獲り、イカを釣り、蛸をとり、

さしみにし、新鮮な手料理で客人をもてなす不思議な楽園の守り人。

ハーモニカが上手で、ギターも上手で歌もプロ並み、話も深い。

一見さんも常連も誰も拒まない、皆、招き入れる。

何故、くらぶは木曜日なんですか?

新参者が問う。

主さんの休みが金曜日だからさ

ベテランメンバーが教えてくれる。

朝まで続く南国の夜。

男の美学、試される情の濃い明けない宴。

歴史の柱がポキンと一本折れたように、一昨日、天へ逝かれた。

変わらないものを伝承することの物凄さ。

潮目をよみ、季節をとらえ、自分の分の中で極め尽くす。

楽園の入り口には、そういう郷の美学が、どん、と座っていてくれる。

その方がおらなくなったら・・・どうなるんだろうか・・・

それぞれが持ち場で極め尽くせ、そう天から言われている気がした。

楽園はここだ、と伝えきれるか。

本物の野人の放つ匂いが遠ざかっていく。

大変お世話になりました。

ありがとうございました。(合掌)

「楽園からの手紙」 電子書籍で出版しました

「楽園からの手紙」 電子書籍で出版しました

「楽園からの手紙」 電子書籍Kindleで出版しました。

ご愛読下さいますよう、どうぞよろしくお願い致します。

 

NICU(新生児集中治療室)が全国に順次開設され始めた

当時の医療現場を舞台とした医療シーンもある物語です。

 

ドクター、ナース、コメディカルを主人公とした

現場の一日や数日を切り取るようなストーリーです。

 

時代や環境は刻一刻と違っていきますが、

働く人の悩みや疲れや喜びや、生きがい。

 

時を超えて、「今」 を生きる人へ、少しでも頑張れる糧になれば、と

著者から、「楽園からの手紙」 を紹介させていただきました。

 

詳しくはAmazon Kindleサイトにて紹介しております。

↓Amazon Kindleストアにて全編ダウンロードはコチラ 

 

 

楽園からの手紙